沈黙の庭園 ネタバレ14話|ピッコマ漫画|早朝からランスロットに招かれたグィネヴィア

漫画沈黙の庭園文Yeomra先生、作画Yam先生の作品でピッコマで配信されています。

今回は「沈黙の庭園」14話を読んだので、見どころやネタバレ込みあらすじ、考察予想や読んだ感想をご紹介します。

 

前回のラストシーンは?
立ち去ろうとするグィネヴィアの背中に、他の話はまた今度とランスロットは声をかけました。グィネヴィアはこれを承諾します。

≫≫前話「沈黙の庭園」13話はこちら

 

沈黙の庭園14話の注目ポイント&考察予想

ランスロットのお呼び出し

朝早くから、グィネヴィアの自宅前には一台の馬車が止まりました。

ランスロットがグィネヴィアを呼んでいるようです。

グィネヴィアは彼を上手く利用してやるつもりで馬車に乗りました。

 

しかし、ランスロットは一睡もしていないような顔でグィネヴィアを迎えます。

その顔を見れば、利用しようなんてとても思えませんでした。

沈黙の庭園14話のネタバレ込みあらすじ

早朝にやってきた使者

朝の光にグィネヴィアは目を覚ましました。

もう朝なのかと伸びをします。

昨夜どうやって家に帰ってきたのかまるで覚えていません。

 

パカパカという音が聞こえたので、グィネヴィアはそっとカーテンを開けて外の様子を窺いました。

家の前に馬車が止まっています。

グィネヴィアが玄関に出ると、知らない男が丁寧に挨拶をしました。

 

アルモリク家の使者だといいます。

ランスロットがあなたをよこしてきたのかとグィネヴィアが尋ねると、男性は頷きました。

グィネヴィアを連れてくるよう命令を受けているそうです。

 

グィネヴィアは馬車に乗りました。

英雄となった彼と親しくしておいて損はありません。

仮にそれが足かせになったとしても、ゼロの翼を折るためには強力な武器になるでしょう。

 

グィネヴィアの中で、あくまで最優先事項は復讐でした。

馬車がアルモリク家に到着します。

使用人の年配の女性がグィネヴィアに挨拶し、ユジェニアと名乗りました。

 

ユジェニアの案内でグィネヴィアはランスロットの部屋へ向かいます。

グィネヴィア以外は誰も部屋に入れるなという命令らしく、自分はここで待機するとユジェニアは告げました。

グィネヴィアは一人でその部屋へと入ります。

ランスロットの話とは?

グィネヴィアの姿を見たランスロットは立ち上がり、早朝から呼んだことを侘びました。

それほど会いたかったと考えてほしいと話す彼の目にはクマができていて、眠れなかったことが見て取れます。

ランスロットはグィネヴィアをソファーへ座らせると自分も隣に座り、誤解せずに聞いてほしい話があると切り出しました。

 

アルモリク家にはランスロット以外にアルモリクの名を名乗る人間はいないそうです。

戦争の間は執事長が代わりに執務をこなしてくれていましたが、執事長ももう高齢でした。

そこであなたの力を貸してほしいのだとランスロットはグィネヴィアに訴えます。

 

アルモリク家の総管理官を引き受けてくれないかという提案でした。

思いがけない言葉にグィネヴィアは目をみはります。

総管理官ですか?と慌てて聞き返すグィネヴィアに、ランスロットは邸宅の管理や雑用は侍女長が対応してくれるが対外的な用事まで任せるわけにはいかないのだと話しました。

 

グィネヴィアは焦り、待ってくれと伝えます。

自分を困らせるつもりでそんな提案をしているのかと尋ねながら顔を背けました。

俯きながらグィネヴィアは混乱していました。

 

ここに来るまでグィネヴィアは、ランスロットのことを利用するつもりでいたのです。

しかしそうできない自分がいます。

グィネヴィアは困惑と苦しみの中にいました。

 

すでに終わった初恋じゃなかったのかとグィネヴィアは心の中で自分を戒めます。

顔を背けたままのグィネヴィアに、ランスロットは静かにゼロのフルネームを告げました。

ブライト前公爵の弟と接点が多いようだと話しかけます。

 

グィネヴィアは当惑して振り返り、ランスロットの顔を見つめました。

自分が力になるから、自分を利用してくれとランスロットは自分の胸に手を当てます。

グィネヴィアはぽかんとしてランスロットを凝視しました。

 

どうしてランスロットがゼロのことを知っているのかと思ったのです。

前世でも現世でもランスロットがとゼロには接点がなかったはずでした。

いったいどこまで知っているのだろうかと思ったグィネヴィアでしたが…?

続きはピッコマで!

沈黙の庭園14話の感想&次回15話の考察予想

グィネヴィアが罪悪感もなくランスロットのことを利用するつもりなのかと思ってしまいました!

慌てましたが、そんなことがなくてよかったです!

こっちのほうがいいということは頭では分かっているのに、気持ちが追いつかないというのは誰にでも覚えがある感情ではないでしょうか。

 

グィネヴィアの人間らしさが垣間見えてほっとしました。

アルモリク家の総管理官の話は引き受けるのでしょうか?

まとめ

今回は漫画『沈黙の庭園』14話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

ざっとストーリーをまとめると・・。

沈黙の庭園の14話のまとめ
  • ランスロットは早朝から使者をよこしてグィネヴィアを呼び寄せました。
  • 初めは彼を利用しようと考えていたグィネヴィアでしたが、いざランスロットと相対するとそんなことはできないと思ってしまいます。
  • ランスロットはアルモリク家の総管理官になってほしいとグィネヴィアに告げました。

≫≫次回「沈黙の庭園」15話はこちら

おすすめ無料漫画アプリ

ピッコマと同じく、面白い漫画を多数配信している漫画アプリを厳選紹介!

マンガMee
マンガmee
公式サイト
  • マンガMeeは、集英社が運営するマンガアプリ。
  • マーガレット・りぼんなど、集英社の少女漫画の最新作や過去作品も多数配信。
  • 面倒な登録不要。
  • ダウンロードはこちら
マンガPark
マンガPark
公式サイト
  • 初回ダウンロード限定:30話分無料で読めるコインを全ての方に配布中!
  • 白泉社の全レーベルが集結!大量のマンガ作品を配信
  • マンガParkでしか読めないオリジナル作品が続々登場!
  • 日常漫画からホラー漫画まで幅広いジャンルが無料で読める!
  • ダウンロードはこちら
マンガがうがう
マンガがうがう
公式サイト
  • 双葉社双葉社発のまんがアプリ!
  • 小説家になろう発の異世界・転生マンガが大集合!
  • 「がうポイント」を使って、毎日無料で読める!
  • 30日間無料で読み返せる!
  • ダウンロードはこちら

おすすめ電子書籍サービス

まんが王国

まんが王国

公式サイト

  • 登録無料&クレカがなくてもOK!
  • 電子書籍サイトで業界最大級
  • 毎日最大50%ポイント還元!
  • 1巻無料からそれ以上も♪じっくり試し読みできる!
  • 無料トライアル31日間!
  • 初回31日間は月額2,189円(税込)が無料!おまけに登録時に600円分のポイントが貰え、さらに継続すると1200円分のポイントが毎月もらえる。
  • 無料期間中は解約してもお金はかからないので初めやすい♪

ebookjapan

ebookjapan

公式サイト

  • 登録時に6回まで使える50%OFFクーポンが貰えます!クーポンの上限金額は500円なので、1000円購入したら500円引きに!
  • 約50万冊が漫画作品を取り揃えてる♪
  • 半額キャンペーンなどセールも定期的に行われているので漫画がお得に読めるチャンスが何度も♪