太陽の主 ネタバレ6話【ピッコマ漫画】明らかになる芭楊の母親の悲しい過去とは!?

漫画太陽の主は原作solddam先生、文KONN,One先生、絵Song Yiの作品でピッコマで配信されています。

今回は「太陽の主」6話を読んだので、見どころやネタバレ込みあらすじ、考察予想や読んだ感想をご紹介します。

 

前回のラストシーンは?
他の恵水族とは違い他人を治癒することができない黒恵水であるがために、ガナク村の人々から虐げられてきた芭楊でしたが、いつか母親を連れてガナク村から出るという希望を胸に耐えていました。力の暴走を抑えるために定期的に抽血をし、血を出さなければならない芭楊でしたが、ある日偶然にも、抽血した血を村の人々が飲んで治癒力を高めていることを知ってしまうのでした。

≫≫前話「太陽の主」1話〜5話はこちら

 

▼ピッコマと同じく、こちらの漫画アプリもおすすめ♪

マンガMee

マンガmee
公式サイト

  • マンガMeeは、集英社が運営するマンガアプリ。
  • マーガレット・りぼんなど、集英社の少女漫画の最新作や過去作品も多数配信。
  • 面倒な登録不要。
  • ダウンロードはこちら

太陽の主6話の注目ポイント&考察予想

今まで散々、自分を差別し酷い扱いをしてきたガナク村の人たちが、自分の血を飲んで力を高めていたという事実を知ってしまった芭楊。

この後いったいどのような行動に出るのか注目です。

また、芭楊から問い詰められた母親は、とある事実を芭楊へと告げます。

それはとても衝撃的な告白なのですが、いったいどのようなことを告げるのでしょうか。

太陽の主6話のネタバレ込みあらすじ

村の人たちが血を飲ませていたのは母親!?

ガナク村の人々が自分の血を飲んでいたと知り、自分の血のおかげで治癒力を高めていたくせに、あのような酷い扱いをしていたのかと憤る芭楊。

しかし、今まで村を出ることに反対してきた母親に対して、ある疑念を抱いてしまいます。

母親が自分の血を村の人々に売っていたのではないか、だから今まで村から出ることに反対していたのではないか、そのために抽血もしていたのではないか、と考えた芭楊は、その疑問を母親にぶつけます。

 

母親は、とにかくまずは座るように芭楊に告げたかと思うと、座った芭楊の頭をいきなり叩きました。

自分の子供の血を売る親などいるわけがない、どんなに貴重なものをもらえるとしても絶対にそんなことはしないと、激しい剣幕で起こる母親。

その様子を見た芭楊は、母親が血を売っていたわけではないと安心します。

 

抽血をしていたのは、芭楊が成人するまでの間、血の気をしずめる必要があり、他に方法がなかったから。

それならばいっそのこと、芭楊の血の力を盾に、芭楊と母親に手出ししないよう、村の権力者たちと約束したと言う母親。

村の権力者たちは、芭楊の父親が誰なのか知られてしまうことを恐れており、母親を脅迫していたのです。

芭楊の父親とは?母親の衝撃の告白

自分の父親はこの村の長のようになっている谷矛さんではないかと言う芭楊に対して、母親はひどく怒り、芭楊には父親などいない、母親しかいないのだと、ものすごい剣幕で言い聞かせます。

実は、巫女であった母親を、谷矛、由琉の父、香瑠実の父、莎蘭の父の4人が強姦し、その末に生まれたのが芭楊だったのです。

その事実を知った芭楊は、自分が生まれてきたことを責めて泣いてしまいます。

 

そんな芭楊に、産んだことを後悔したことなどない、芭楊がいてくれてどれだけ幸せだったかと話しをする母親。

そして、巫女の掟をやぶり、芭楊の未来を見たのだと語ります。

そのせいで神力も視力も失ったという母親でしたが、母親になったことでしか味わえなかった幸せを与えてもらったと。

 

かつて母親が見た芭楊の未来とは、赤い糸を持った他の地の人に青い糸を差し出すように、というものでした。

まったく意味が分からないという芭楊でしたが、その時がくれば分かるのだと母親は言います。

この予言にいったいどのような意味があるのでしょうか。

 

そして、母親の過去を聞いた芭楊は、この村を出ることを決意し、まずは腹ごしらえのためにご飯の用意を始めるのでした。

芭楊が出て行ったあと、何か思いつめた様子の母親がとても気になります。

いったいこの先二人にどのような運命が待ち受けているのでしょうか。

太陽の主6話の感想&次回7話の考察予想

母親が血を売っていたわけではないと分かり、ひとまず安心しましたが、その後衝撃的な事実が明らかになります。

芭楊の父親について、初めて母親の口から真実を聞かせれた芭楊。

そんな酷い仕打ちの末に生まれてきてしまった自分を責める気持ちもわかりますよね。

 

しかし、父親はどうあれ、産まれてきてくれたこと、母親としての幸せを与えてくれたことに感謝している、という母親の言葉も、本物の気持ちなのだと思います。

巫女だった母親が自分の神力と視力を犠牲にして見たという芭楊の未来。

今はまだ意味がまったく分かりませんが、いつか大きな意味を持ってきそうですね。

まとめ

今回は漫画『太陽の主』6話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

ざっとストーリーをまとめると・・。

太陽の主の6話のまとめ
  • 母親は村人から芭楊を守るため、芭楊の血を村人に与えていた
  • 母親は昔、村の権力者たち4人に強姦されており、その時にできた子供が芭楊
  • かつて芭楊の未来を見たという母親は、その未来を芭楊へと告げる

≫≫次回「太陽の主」7話はこちら

おすすめ無料漫画アプリ

ピッコマと同じく、面白い漫画を多数配信している漫画アプリを厳選紹介!

マンガMee
マンガmee
公式サイト
  • マンガMeeは、集英社が運営するマンガアプリ。
  • マーガレット・りぼんなど、集英社の少女漫画の最新作や過去作品も多数配信。
  • 面倒な登録不要。
  • ダウンロードはこちら
FODプレミアム
FODプレミアム
公式サイト
  • FODプレミアム会員限定!対象のマンガが読み放題!
  • 青年マンガから少女マンガまで幅広いラインナップ
  • アニメ化作品もあるよ♪
  • ダウンロードはこちら
マンガPark
マンガPark
公式サイト
  • 初回ダウンロード限定:30話分無料で読めるコインを全ての方に配布中!
  • 白泉社の全レーベルが集結!大量のマンガ作品を配信
  • マンガParkでしか読めないオリジナル作品が続々登場!
  • 日常漫画からホラー漫画まで幅広いジャンルが無料で読める!
  • ダウンロードはこちら
マンガがうがう
マンガがうがう
公式サイト
  • 双葉社双葉社発のまんがアプリ!
  • 小説家になろう発の異世界・転生マンガが大集合!
  • 「がうポイント」を使って、毎日無料で読める!
  • 30日間無料で読み返せる!
  • ダウンロードはこちら