韓国語略訳|悪女のペット104話先読みネタバレ!新しいスタート、シャシャの幸せ

漫画悪女のペット104話の原作/韓国版の小説を先読みして読んだので、あらすじ&ネタバレをご紹介します。

 

≫≫前話をご覧になっていない方はこちら

≫≫日本語版のネタバレはこちら

悪女のペット104話【原作】韓国版のあらすじ込みネタバレ

アースの皇帝暗殺計画が終わり、アトランタ、そしてシャシャに関わるみんなの新しいスタートです。

シャシャとアースの結婚式当日、シャシャはレベッカからの手紙を読んでいました。

レベッカの手紙

レベッカの手紙には、シャシャと初めて出会った日からのレベッカの想いがつづられています。

初印象は、たくさんの人に愛されているという感覚でしたが、親しくなるにつれて社交界で生き残るために愛想を振りまいているということに気付くのでした。

それと同時に、自分がしんどいときに唯一手を伸ばしてくれたシャシャを、今度は自分が守ろうという決心もします。

 

そうして、アルチェン邸にシャシャを住まわし、安全で幸せに暮らしたいというシャシャの願いを叶えたいと思っていました。

シャシャが笑うと嬉しくて、シャシャを守ってあげたいのですが、周囲の人はシャシャに対してレベッカが結婚すればどうせ捨てられると冷たい視線を浴びせます。

お互いの状況は変わらず、幸せになれないかもしれないと思うこともありました。

 

しかし、レベッカは自分のために生きる道を選び、剣術の鍛錬に励むようになります。

最初はシャシャに褒められることが嬉しかった気持ちもありますが、真剣に取り組むにつれてどんどんのめり込んでいったのでした。

そして、ヨハネスとの結婚を破談にして、アルチェン家の当主になりたいという夢を持ち、行動するようになっていきます。

 

レベッカは、初めて自分で夢を描いて、自分の力で叶えるための努力をしたのです。

レベッカは、シャシャが変われる人間はきっかけがあればすぐに変われるとかけた言葉を持って、シャシャ自身もたくさん変わったことを伝えます。

人の目ばかり気にしていたシャシャが、自分がしたいことをできるようになっていったのです。

 

シャシャを愛してくれる人はたくさんいるので、しんどくなったときはいつでも頼ることを伝えて、手紙は終わります。

手紙を読んだシャシャは、式直前に号泣です。

ナスカの気持ち、そして、シャシャは幸せになる

レベッカは、逃げ出そうとしたヨハネスを捕まえた功績をもって、アルチェン家の当主として認められていました

レベッカが式場に入ると、たくさんの人たちで埋め尽くされています。

しかし、そこにナスカの姿はありません。

 

レベッカは今朝の様子を見て、どこかに旅立ったのではないかと思います。

式の直前ですが、シャシャは待機時間にがまんできず、式場に現れます。

ただ待っているより、来場者と話をしたいとシャシャらしく振る舞い、楽しそうに時間を過ごすのでした。

 

みんなと話している中で、シャシャはナスカの姿が見当たらないことに気付きます。

レベッカが自分の考えを伝えようとしたその時、ナスカが式場に現れるのでした。

そして、ナスカは花で作った冠を差し出し、シャシャを祝います

 

これには、シャシャも満面の笑みがこぼれます。

いよいよ、結婚式が始まりますが、レベッカは気になってナスカの心情を聞いてみるのでした。

ナスカは、力も財力もあって、その気になれば何でも手に入るのナスカにとって、シャシャという存在は唯一無二で、今まで通りの関係を続けたいと思っていました。

 

レベッカは、ナスカの正直な気持ちに驚きながら、同時に嬉しく思います。

二人の間には、いつの間にか壁もなくなっていました。

そして、シャシャに呼ばれて席へ移動し、いよいよ結婚式が始まります。

 

シャシャは、とても幸せそうな表情です。

心の底から、幸せを感じているのでした。

悪女のペット104話の読んだ感想

悪女のペット、遂に完結です!

なによりも、シャシャが幸せそうで嬉しいですね!

社会に色んなしがらみがある中で、自分の人生を自分が選んで生きる大切さを学べるストーリーでした。

まとめ

今回は漫画『悪女のペット』104話の原作/韓国版の小説を先読みお届けしました。

当サイトではピッコマ漫画の通常/日本語版のネタバレもご紹介していますので、そちらもぜひ読んでみてください。