【ネタバレ23話】皇女、反逆者に刻印する|漫画|イヴィエンヌは「最重要人物」への接触を試みる!

漫画皇女、反逆者に刻印するは原作IRINBI先生、漫画SAGONG先生の作品でピッコマで配信されています。

今回は「皇女、反逆者に刻印する」23話を読んだので、見どころやネタバレ込みあらすじ、考察予想や読んだ感想をご紹介します。

 

前回のラストシーンは?
デズモンドにこれまでの扱いを認識させたイヴィエンヌ。これまで娘のことを見ていなかった自分を恥じたデズモンドは、イヴィエンヌの要望に応えます。そしてイヴィエンヌに与えられたのは「新緑の間」呼ばれる特別な部屋なのでした。

≫≫前話「皇女、反逆者に刻印する」22話はこちら

 

皇女、反逆者に刻印する23話の注目ポイント&考察予想

皇太女候補に名乗りをあげる!?

デズモンドはイヴィエンヌを気にかけていなかったことを恥じ、ロゼニットと同様に褒美を与えます。

イヴィエンヌが望んだものは今の部屋よりも、見晴らしがよく、衣装部屋もついた広い部屋でした。

 

そして与えられた「新緑の間」という名前付きの部屋。

名前付きの部屋は第3皇女のブリジッテと並ぶ扱いになり、会場の人々は騒然とします。

 

ここからイヴィエンヌは一気に皇太女候補として頭角を現すのでしょうか。

イヴィエンヌの快進撃はどこまで続くのか、楽しみにしましょう。

皇女、反逆者に刻印する23話のネタバレ込みあらすじ

最重要人物

パーティー会場ではブリジッテ、ロゼニット、そしてイヴィエンヌがそれぞれ貴族に囲まれて談笑していました。

 

イヴィエンヌの特別扱いが面白くないロゼニットと、何かを考えるブリジッテ。

イヴィエンヌは「新緑の間」をデズモンドから与えられたことで、貴族達から擦り寄られていました。

 

貴族の相手をする中、イヴィエンヌは会場にとある女性の姿を発見します。

その女性はアナイス・ルチアード小伯爵。

 

イヴィエンヌにとって今日のパーティーで最も重要な人物です。

アナイスの姿を発見したイヴィエンヌは近づこうとしますが、イヴィエンヌには次々と貴族から声がかかり、思い通りに抜け出すことができませんでした。

 

やがて一通りの会話を終えてその場を去るイヴィエンヌ。

ブリジッテは後ろ盾の貴族達とともに、バルコニーからイヴィエンヌの様子を伺っていました。

 

ブリジッテは、イヴィエンヌを警戒するよう進言されますが、重要な会議の場である「枢密院」への出席資格もないイヴィエンヌを警戒する必要はないと話します。

 

貴族が安心する中、プリッツ子爵だけはイヴィエンヌへの警戒心が残っていました

ブリジッテはプリッツの様子を見て、「そんなに心配なら私がどうにかします」と安心できるよう声を掛けます。

 

プリッツも仕方なく納得すると、その場にアナイスが現れました。

プリッツは「ルチアード伯爵の令嬢です」とブリジッテに紹介し、「浴場事業」の件でブリジッテを訪ねてきたようだと説明します。

 

これまでにもブリジッテに手紙を送っていたようですが、返事がないため直接話をしに来たのでした。

ブリジッテはアナイスを一瞥すると、すぐに背を向けて「何の関係もない」と興味なさげに去って行きました。

 

そして愕然とするアナイスに対し、「これがルチアード伯爵家の仕事だったのよ」と意味深な言葉を残すのでした。

公認の密会場所

貴族達に揉まれたイヴィエンヌはぐったりしていました。

心配するミカエリスに、「休める場所に行きましょう」というイヴィエンヌ。

 

ミカエリスが「まさか・・・」と思うと、イヴィエンヌは「真珠の間」へ行こうと言うのでした。

「真珠の間」は皇宮が作ったパーティーに疲れた時の休息の部屋ですが、実際には貴族の密会場所としても有名で、よくゴシップのネタになる場所です。

 

つまり「皇室公認の密会場所」として扱われていました

ミカエリスはそんな場所に足を踏み入れるということで、イヴィエンヌを意識してしまいガチガチになります。

 

イヴィエンヌはミカエリスの反応に思わず笑ってしまい、「休むだけだから気にしないで」と話します。

イヴィエンヌと隣り合って座るミカエリスですが、相変わらず緊張したままでした。

支え合う関係

ミカエリスは部屋全体があまりに静かなため、「他に人がいないのか」と気にします。

イヴィエンヌによると人が入っている小部屋には金色の紐が掛けられており、防音結界で内外の音が遮断されると説明しました。

 

イヴィエンヌは、「ミカエリスは攻撃魔法は得意でも結界魔法にはあまり詳しくないのね」と話します。

ミカエリスは「イヴィエンヌの得意分野は生活魔法だったか?」と尋ねます。

 

イヴィエンヌは頷き、「広く色々な魔法を組み合わせて使うのが得意だけど、攻撃魔法だけは苦手」と話しました。

 

ミカエリスは「それはよかったと思う自分がいる」と話し、「おれがイヴィエンヌの剣だ」と微笑むのでした。

イヴィエンヌは「専属騎士だから出た言葉」だと思いつつも、内心嬉しくなります。

 

イヴィエンヌは「ちゃんと守ってね」と言い、ミカエリスも「当然だ」と言って笑い合うのでした。

すると遠くからパーティーのフィナーレが近づいているという合図が聞こえました。

 

そしてイヴィエンヌは最後のミッションを果たすため、ミカエリスに「アナイスをここへ連れてきて」と命じるのでした。

皇女、反逆者に刻印する23話の感想&次回24話の考察予想

ブリジッテはまだまだ扱いがイヴィエンヌよりも上であるおかげか、イヴィエンヌにそれほど警戒心を抱いているようには見えませんでした。

 

プリッツの警戒心がなければ、もう少しイヴィエンヌを放置してくれたでしょうが、ブリジッテが本格的に動き出したら厄介になりそうです。

 

そしてアナイスがブリジッテに会いに行きましたが、あっさりと振られてしまいました。

後ろ盾の貴族達が話していた「例の浴場事業」という言葉。そしてブリジッテの放った「これがルチアード伯爵家の仕事」という言葉が気になります。

 

ルチアード伯爵は何かをブリジッテから頼まれていて、裏切られたのでしょうか?

失意の中にいるアナイスですが、イヴィエンヌが「最重要人物」とまで言う彼女には何か秘密があるのでしょう

 

それがブリジッテ陣営に影響を与える可能性はありますね。

その場合は完全にブリジッテと対立するでしょうから、現状では危険すぎると思いますが・・・。

 

次回は密会場所を利用してアナイスとの密談をするのでしょう。

イヴィエンヌが「最重要人物」と考えるアナイス・ルチアード小伯爵とは、一体何者なのでしょうか?

 

イヴィエンヌとアナイスの対談に注目しましょう!

まとめ

今回は漫画『皇女、反逆者に刻印する』23話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

ざっとストーリーをまとめると・・。

皇女、反逆者に刻印するの23話のまとめ
  • イヴィエンヌはパーティー会場で、最重要人物のアナイス・ルチアード小伯爵を発見する。
  • アナイスはブリジッテから「何の関係もない」と言われ、絶望していた。
  • イヴィエンヌは最後のミッションである、「アナイスとの接触」のためにミカエリスに誘導を命じる。

≫≫次回「皇女、反逆者に刻印する」24話はこちら

おすすめ無料漫画アプリ

おすすめ無料漫画アプリ

ピッコマと同じく、面白い漫画を多数配信している漫画アプリを厳選紹介!

マンガMee
マンガmee
公式サイト
  • マンガMeeは、集英社が運営するマンガアプリ。
  • マーガレット・りぼんなど、集英社の少女漫画の最新作や過去作品も多数配信。
  • 面倒な登録不要。
  • ダウンロードはこちら
マンガPark
マンガPark
公式サイト
  • 初回ダウンロード限定:30話分無料で読めるコインを全ての方に配布中!
  • 白泉社の全レーベルが集結!大量のマンガ作品を配信
  • マンガParkでしか読めないオリジナル作品が続々登場!
  • 日常漫画からホラー漫画まで幅広いジャンルが無料で読める!
  • ダウンロードはこちら
マンガがうがう
マンガがうがう
公式サイト
  • 双葉社双葉社発のまんがアプリ!
  • 小説家になろう発の異世界・転生マンガが大集合!
  • 「がうポイント」を使って、毎日無料で読める!
  • 30日間無料で読み返せる!
  • ダウンロードはこちら

おすすめ電子書籍サービス

まんが王国

まんが王国

公式サイト

  • 登録無料&クレカがなくてもOK!
  • 電子書籍サイトで業界最大級
  • 毎日最大50%ポイント還元!
  • 1巻無料からそれ以上も♪じっくり試し読みできる!
  • 無料トライアル31日間!
  • 初回31日間は月額2,189円(税込)が無料!おまけに登録時に600円分のポイントが貰え、さらに継続すると1200円分のポイントが毎月もらえる。
  • 無料期間中は解約してもお金はかからないので初めやすい♪

ebookjapan

ebookjapan

公式サイト

  • 登録時に6回まで使える50%OFFクーポンが貰えます!クーポンの上限金額は500円なので、1000円購入したら500円引きに!
  • 約50万冊が漫画作品を取り揃えてる♪
  • 半額キャンペーンなどセールも定期的に行われているので漫画がお得に読めるチャンスが何度も♪