ある日、私は冷血公爵の娘になった ネタバレ42話【ピッコマ漫画】一緒に入れて喜ぶアニー達

漫画ある日、私は冷血公爵の娘になったは原作Cotton先生、漫画Siya先生の作品でピッコマで配信されています。

今回は「ある日、私は冷血公爵の娘になった」42話を読んだので、見どころやネタバレ込みあらすじ、考察予想や読んだ感想をご紹介します。

 

前回のラストシーンは?
星座祭のために自宅へ帰るリドルとゼオン。
カルルはエステルへの誕生日プレゼントを思いついたようですが、それは誕生日の当日まで秘密!
エステルは、今から誕生日と星座祭に期待が膨らむのでした。

ある日、私は冷血公爵の娘になった42話の注目ポイント&考察予想

だいぶ星座祭が近づいてきたので、今回は星座祭の準備が始まります。

父親と兄カルルは、「当たり前」という顔で、常識はずれの豪華なものを扱う人たちなので、今回の星座祭でもカスティージョのすごさがわかる準備になります。

エステルもだいぶカスティージョの豪華さに慣れてきたんだな、という対応なので、その変化も楽しんでみてください。

ある日、私は冷血公爵の娘になった42話のネタバレ込みあらすじ

ロイの生い立ち

ゼオンとリドルを見送った後に、護衛のロイと廊下で話すエステル。

ロイがどうやって、カスティージョ家の騎士団に入団したのかを、聞きました。

 

もともとロイは、地方の男爵家の私生児だったのだとか。

父親はちゃんと可愛がってくれたものの、不自由のない生活を退屈に思い、ロイは家出を繰り返していました

 

家出の中でたどりついたのがカスティージョ家で、適当な感じで騎士団に入団させてくれてラッキーだったと、軽い調子のロイ。

エステルがロイの軽い調子をからかって、じゃあ騎士団長にロイが言ったことを伝えていい?と聞くと、冷や汗をかいてロイは急に口止めをしました。

エステルと青鹿の間の鍵

そんな二人のところに、執事長がやってきて、父親の公爵がエステルを呼んでいると言いました。

エステルが父親の部屋に行くと、父親は素敵な鍵をくれました。

それは青鹿の間の鍵。

 

そこには星座祭の準備に必要なものがあるといい、エステルはその部屋に侍女とともに行き、星座祭の準備を進めるよう父親に言われるのでした。。

青鹿の間にあるものとは?

エステルは青鹿の間がどんな部屋なのかわからないので、さっそくロイに聞いてみます。

するとロイは青鹿が出てくるおとぎ話を教えてくれました。

青鹿を助けた少年が、お礼に宝石がたくさん眠っている洞窟に案内してくれるお話です。

 

つまり青鹿の間にはカスティージョ家の宝石がしまってあるということか!と楽しみになるエステル。

 

さっそく侍女のステファニー、ジェーン、アニーを誘っていってみることに。

誘われた三人はとてもうれしそうです。

財宝のしまってある部屋に連れていってくれるということは、エステルが三人を信頼しているということだから。

 

エステルは、そういうメッセージを込めるつもりはなかったものの、三人を信頼しているからこそ自然に出た言葉だから、喜んでもらえてよかったと思うのでした。

青鹿の間につくエステル

青鹿の間に入ると、思っていた以上の宝石に驚く四人。

宝石だけではなく、貴重な織物やアクセサリーもたくさんあります。

 

あまりに数が多いので、四人はまずは内容を把握するために帳簿を探すことに。

 

エステルが一生懸命探していると、雰囲気の違う鍵付きの家具を見つけました。

父親からもらった鍵を、鍵穴にさすと、手のひらをのせるような手形のついた輝く台が現れました。

 

エステルが思うままにその台の上にそっと手のひらをのせると…!!

ある日、私は冷血公爵の娘になった42話の感想&次回43話の考察予想

今回はエステルと屋敷の使用人たちとの仲良しさが伝わるお話しでしたね。

いくらエステルが使用人たちを家族のように思っていても、やはりそこは主人と従者。

エステルが何気なく言った言葉の中に、信頼の気持ちが見えると喜ぶというのは、そんな関係ならではの反応だったのではないでしょうか?

 

次回は青鹿の間にあった、謎の家具から何かが出てくるはずです。

 

家具についていた手形よりずいぶん小さなエステルの手でも、反応して開いた謎の家具!

カスティージョ家の一番貴重な宝が入っていそうで、今から中身が楽しみですね。

まとめ

今回は漫画『ある日、私は冷血公爵の娘になった』42話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

ざっとストーリーをまとめると・・。

ある日、私は冷血公爵の娘になったの42話のまとめ
  • エステルは父親から、星座祭りの準備のために「青鹿の間」の鍵を受け取った。
  • ロイが話してくれた青鹿の出てくる童話から、青鹿の間は宝石がしまってある部屋と予想するエステル。
  • エステルが二人の侍女とアニーの四人で青鹿の間に入ると、予想通り宝石がたくさん保管されていた。
  • 探し物の途中、エステルが不思議な家具に手をかざすと…。

≫≫次回「ある日、私は冷血公爵の娘になった」43話はこちら

おすすめ無料漫画アプリ

おすすめ無料漫画アプリ

ピッコマと同じく、面白い漫画を多数配信している漫画アプリを厳選紹介!

マンガMee
マンガmee
公式サイト
  • マンガMeeは、集英社が運営するマンガアプリ。
  • マーガレット・りぼんなど、集英社の少女漫画の最新作や過去作品も多数配信。
  • 面倒な登録不要。
  • ダウンロードはこちら
マンガPark
マンガPark
公式サイト
  • 初回ダウンロード限定:30話分無料で読めるコインを全ての方に配布中!
  • 白泉社の全レーベルが集結!大量のマンガ作品を配信
  • マンガParkでしか読めないオリジナル作品が続々登場!
  • 日常漫画からホラー漫画まで幅広いジャンルが無料で読める!
  • ダウンロードはこちら
マンガがうがう
マンガがうがう
公式サイト
  • 双葉社双葉社発のまんがアプリ!
  • 小説家になろう発の異世界・転生マンガが大集合!
  • 「がうポイント」を使って、毎日無料で読める!
  • 30日間無料で読み返せる!
  • ダウンロードはこちら

おすすめ電子書籍サービス

まんが王国

まんが王国

公式サイト

  • 登録無料&クレカがなくてもOK!
  • 電子書籍サイトで業界最大級
  • 毎日最大50%ポイント還元!
  • 1巻無料からそれ以上も♪じっくり試し読みできる!
  • 無料トライアル31日間!
  • 初回31日間は月額2,189円(税込)が無料!おまけに登録時に600円分のポイントが貰え、さらに継続すると1200円分のポイントが毎月もらえる。
  • 無料期間中は解約してもお金はかからないので初めやすい♪

ebookjapan

ebookjapan

公式サイト

  • 登録時に6回まで使える50%OFFクーポンが貰えます!クーポンの上限金額は500円なので、1000円購入したら500円引きに!
  • 約50万冊が漫画作品を取り揃えてる♪
  • 半額キャンペーンなどセールも定期的に行われているので漫画がお得に読めるチャンスが何度も♪