レディベイビー ネタバレ53話【漫画】カリオペイアを心配するルシウスが帰って来て…

漫画レディベイビーは原作HAON先生、漫画pinkmint先生の作品でピッコマで配信されています。

今回は「レディベイビー」53話を読んだので、見どころやネタバレ込みあらすじ、考察予想や読んだ感想をご紹介します。

前回のラストシーンは?
カリオペイアは、ルースティッツェル家に起きた悲劇を繰り返さないため、ホセとの会話の中で黒幕のヒントを得ようとします。ホセは、カリオペオアの中で気になることがあって…。

≫≫前話「レディベイビー」52話はこちら

▼ピッコマと同じく、こちらの漫画アプリもおすすめ♪

マンガMee

マンガmee
公式サイト

  • マンガMeeは、集英社が運営するマンガアプリ。
  • マーガレット・りぼんなど、集英社の少女漫画の最新作や過去作品も多数配信。
  • 面倒な登録不要。
  • ダウンロードはこちら

レディベイビー53話の注目ポイント&考察予想

ルースティッツェル家は、皇室に忠誠を誓う騎士団一家。

しかし、カリオペイアの回帰前には、何者かの手によって陥れられてしまいました。

その際、ホセは親友のルシウスと一家の名誉回復のために命を懸けてくれています。

 

カリオペイアとしてはホセを信頼する十分すぎる理由があるのですが、ホセからしてみれば、自分が誰かに告げ口したらカリオペイアが不利になるような内容を平気で話されることに少々戸惑っているようです。

そして、大人びていながらも随所であどけなさが残るカリオペイアのことが放っておけない様子。

カリオペイアの知りたいことについて有力情報は得られるのでしょうか?

レディベイビー53話の一部ネタバレ込みあらすじ

ホセの弱さ

切羽詰まっている様子のカリオペイアの鼻をつまんで、したり顔のホセ。

カリオペオアは、回帰前のことを考えるあまり、自分の今の気持ちまで暗くなっていたと感じます。

そして、もっと物事を前向きにとらえていこうと思うのでした。

 

そして、ホセに対して、まだ質問したいことがあると切り出します。

それはルースティッツェル家が率いる騎士団のことです。

ところが、その質問を言い終える前に、ホセによって遮られてしまいました。

 

不満気にするカリオペイアに、嫌な予感がするからと答えるホセ。

貴族間の力関係に興味があるカリオペイアがこの話の流れで「騎士団」に関する質問といえば、一つしかないと既に思い至っていたのです。

実際、ルースティッツェル侯爵は他の騎士団長にはある特権を持っていませんでした。

 

カリオペイアは、聞く前から自分の良いことを察しているホセを流石だと褒めます。

カリオペイアに目を輝かされても嬉しくないホセ。

騎士団長はカリオペイアの父親であり、ホセにとっては上司にあたります。

いかなる質問にも答えにくいのが本音です。

 

しかし、カリオペイアは、ホセが自分たち一家を貶めるはずがないと分かっているから尋ねているのだと、またもホセを信頼するような発言をします。

カリオペイアに揺るぎない瞳で見つめられ、ドキッとしてしまうホセ。

信頼されているのは嬉しいことのはずですが、いつかはそんな気持ちがなくなってしまうのではないかと考えてしまい、素直に喜べない自分の弱さに気付かされるのでした。

心配するよ?

ホセは、騎士団のことならルシウスに聞いてみたらいいのではと提案します。

カリオペイアは、ルシウスお兄様ではダメだとすぐさま否定。

大罪を隠ぺいできる貴族のことなど話そうものなら、ルシウスはカリオペイアがどうしてそんなことを考えているのかと理由が気になって心配で眠れなくなってしまうとの仮説を話します。

 

ルシウスの憔悴しきった顔がありありと目に浮かび、ホセは大笑い。

そして、そんな風に心配するのはルシウスだけではないと言って、カリオペイアに優しく諭して…。

大事な一人娘?

ルシウスと父親は、訓練が終わって帰路につきます。

父親は、ルシウスが午後の訓練に身が入っていなかったことについて追及しました。

ルシウスは、自分の留守の間にホセがカリオペイアに接近していると思うと気が気でないと話します。

 

父親は、ホセが妹のエピニーも連れて行くということをあらかじめ知らされていたので、ルシウスの心配していることにはならないだろうと思っていました。

口には出しませんが、もしもホセが一人でルースティッツェル家に遊びに来ると計画していたら、そもそも自分がカリオペイアの父親として許可しないとの姿勢です。

 

そんな二人の目に飛び込んできたのは、庭でじゃれ合うローベルトとエピニーの姿でした。

しかも、肝心のカリオペイアとホセが見当たらず、ルシウスはローベルトを問い質します。

ローベルトはすっかり失念していたことに気付いて…。

エピニーが怒る前に

リぺについて話しているローベルトとルシウスに、背後から忍び寄るエピニー。

剣を手に取ろうとしますが、危ないと注意され、木刀を渡されました。

どうやら、漫画に出て来る技を再現したいようですが、思い通りに行かず、本物の剣でないとダメだと駄々をこねはじめます。

 

エピニーが利かん坊だと知っているルシウスは、泣き始めたら大変だと頭を抱えます。

そうこうしているうちに、一行のもとへホセとカリオペイアが一緒にやって来て…。

レディベイビー53話の感想&次回54話の考察予想

ホセは、自分がなぜここまでカリオペイアに信頼されているのかというのが腑に落ちないでいるようです。

また、同じ年頃の少年だったら素直に喜びそうなところを、ホセが不安に感じているのは思慮深いがゆえだと思います。

 

カリオペイアがホセと2人っきりで過ごしていたことが、ルシウスお兄様とお父様にバレてしまった!?

カリオペイアが大好きすぎる二人は、ホセを許さないかもしれませんね。

ルースティッツェル家の男性陣が公私混同して、今後は騎士団の訓練でホセへの仕打ちが待っていると予測します。

 

わんぱくなエピニーが剣を振り回す姿が勇ましかったです。

優雅にお茶を楽しむことよりも、騎士の訓練の方が性に合っている感じがします。

今回はそんなエピニーに対してカリオペイアが何か言いたげなところで終わったので、続きが楽しみです。

まとめ

今回は漫画『レディベイビー』53話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

ざっとストーリーをまとめると・・。

レディベイビーの53話のまとめ
  • 父親が団長を務める騎士団についても気になることがあるカリオペイア。
  • ホセに詳しい話を聞こうとするも、失敗に終わる。
  • ルシウスと父親が騎士団の訓練を終えて帰って来た。
  • カリオペイアとホセが2人でいるところを見たルシウスと父親は…。

≫≫次回「レディベイビー」54話はこちら