ある継母のメルヘン ネタバレ70話【ピッコマ漫画】シュリーの2度目の人生の意味とは?

漫画ある継母のメルヘンは原作ORKA先生、漫画Spice&Kitty先生の作品でピッコマで配信されています。

今回は「ある継母のメルヘン」70話を読んだので、見どころやネタバレ込みあらすじ、考察予想や読んだ感想をご紹介します。

 

前回のラストシーンは?
ノラとジェレミーは狩猟大会の演習場にいました。そこへテオバルトが近づいてきて声をかけますがノラはそっけない態度をとります。するとテオバルトは今でも子供の頃のことを根に持っているのかと煽るような言動を!

≫≫前話「ある継母のメルヘン」69話はこちら

 

▼ピッコマと同じく、こちらの漫画アプリもおすすめ♪

マンガMee

マンガmee
公式サイト

  • マンガMeeは、集英社が運営するマンガアプリ。
  • マーガレット・りぼんなど、集英社の少女漫画の最新作や過去作品も多数配信。
  • 面倒な登録不要。
  • ダウンロードはこちら

ある継母のメルヘン70話の注目ポイント&考察予想

テオバルトは裁判以来リシュリューとは距離を置いています。

自分なりの基準で人選を行っていました。

自分だけの勢力を手に入れようと思っているのです。

 

シュリーのことも諦めていません。

シュリーはリシュリューが回帰したことを知っているような口ぶりだったので動揺します。

ひとまずやり過ごしたものの、過去の記憶が蘇ってきました。

ある継母のメルヘン70話のネタバレ込みあらすじ

ノラの皮肉な返答

一瞬不穏な空気が2人の間に流れますが、ノラは殿下からその話をされるとは意外だと返しました。

さらに、恨んでもいないし嫌ってもいない、そもそも殿下に興味もないと言い放ちます。

目の前をうろちょろされて目障りだとまで!

 

テオバルトは弟のレトゥランがいなくてよかったとノラの不敬に対して余裕を見せる風に嘯きました。

ノラも負けていません。

自分を有利な立場に置いて相手を蹴落とすのはテオバルトの十八番だとわかっています。

 

テオバルトはため息をつくと、どう思うかは自由だけど、いつでも和解の用意はできていると言い残して去っていきました。

皇太子テオバルト

テオバルトはノラに接触することを予め手の内の者に伝えてありました。

ノラの拒絶に対して寛容な皇太子を演じます。

ニュルンベル家とノイヴァンシュタイン家は帝国の2つの柱と目されていました。

 

しかしテオバルトとその2つの家門が不和であることから、若い貴族たちがざわめき始めているのです。

皇太子としてはこの騒動を鎮めなければならないのですが、テオバルトは実のところ煩わしいと思っていました。

 

どうせ自分が皇帝になったら自分が選んだ者たちをそばに置くのだからと…。

ジェレミーと亀裂が入ってしまったことに関しては、少し残念な気もしていました。

役に立つ人物だと思っているから…。

 

テオバルトは今もシェリーに執着しています。

離れたところから見守っていたと自負していて、そろそろ動いてもいいだろうと思い始めていました。

問いかけをかわすシュリー

一方、リシュリューから時を遡ったのではと問われたシュリーは混乱していました。

どうしてリシュリューがそんなことを思ったのか探るシュリー。

以前は議会での言動が気に入らないだけかと思っていました。

 

しかしこうして直接関わってきたということは、シュリーが変わったことに何かしらの疑問を持ったということではないかと感じます。

黙っていると余計に疑われると思ったシュリーは、リシュリューに逆に質問を投げかけました。

その質問の意図は何かと問うとリシュリューはだんまりを決め込みます。

 

やはり手の内は見せないリシュリューに、自分だけが正直になる必要もないとシュリーは考えました。

もし答えを知っているとしても猊下のやり方では得ることはできないでしょうと告げるシュリー。

独善は他人の心には届かないと言い捨てて立ち去りました。

 

帰りの馬車の中でシュリーは震えが止まりません。

回帰前の最期のときが蘇ってきます。

そして蘇ったのが神の意志だとしたら、自分に何ができるのだろう、何をすべきなのだろうと考えるのでした。

ある継母のメルヘン70話の感想&次回71話の考察予想

ノラとジェレミー、どっちが大人かわかりません。

結論としてどっちもどっち?

対人関係としてはジェレミーの方がそつがない風に見えますけど。

 

ニュルンベル家の親子の確執って、公爵がテオバルトに親身でノラに対して異常に厳しかったからでしょうか。

夫人はノラに対して罪悪感を感じているから、子供の頃テオバルトがノラの受けるべき両親からの愛情を奪ったことが原因…?

それとも決定的な何かがあった?

まとめ

今回は漫画『ある継母のメルヘン』70話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

ざっとストーリーをまとめると・・。

ある継母のメルヘンの70話のまとめ
  • ノラは終始テオバルトに対してそっけない態度をとる。テオバルトは寛容な皇太子を演じノラの不敬とも採れる発言にも飄々と対応する。
  • テオバルトはリシュリューと距離を置き自らの勢力を手に入れようとしていた。また、シュリーに対する執着は捨てていない。
  • シュリーはリシュリューに回帰したことを疑われ動揺するが、その場はうまくかわす。
  • シュリーは回帰したことの意味を改めて考える。

≫≫次回「ある継母のメルヘン」71話はこちら

おすすめ無料漫画アプリ

ピッコマと同じく、面白い漫画を多数配信している漫画アプリを厳選紹介!

マンガMee
マンガmee
公式サイト
  • マンガMeeは、集英社が運営するマンガアプリ。
  • マーガレット・りぼんなど、集英社の少女漫画の最新作や過去作品も多数配信。
  • 面倒な登録不要。
  • ダウンロードはこちら
FODプレミアム
FODプレミアム
公式サイト
  • FODプレミアム会員限定!対象のマンガが読み放題!
  • 青年マンガから少女マンガまで幅広いラインナップ
  • アニメ化作品もあるよ♪
  • ダウンロードはこちら
マンガPark
マンガPark
公式サイト
  • 初回ダウンロード限定:30話分無料で読めるコインを全ての方に配布中!
  • 白泉社の全レーベルが集結!大量のマンガ作品を配信
  • マンガParkでしか読めないオリジナル作品が続々登場!
  • 日常漫画からホラー漫画まで幅広いジャンルが無料で読める!
  • ダウンロードはこちら
マンガがうがう
マンガがうがう
公式サイト
  • 双葉社双葉社発のまんがアプリ!
  • 小説家になろう発の異世界・転生マンガが大集合!
  • 「がうポイント」を使って、毎日無料で読める!
  • 30日間無料で読み返せる!
  • ダウンロードはこちら