異世界剣王生存記 ネタバレ103話/ピッコマ|エルフ王 謎の死?!レオンハート逮捕?!

漫画異世界剣王生存記は原作SOON-G先生、漫画YKB先生の作品でピッコマで配信されています。

今回は「異世界剣王生存記」103話を読んだので、見どころやネタバレ込みあらすじ、考察予想や読んだ感想をご紹介します。

 

前回のラストシーンは?
前回102話では・・。エピルはリチャードと再会しますが、彼は覚えていません。彼の興味は彼女の首輪だけ。宮廷では、手掛かりのバオトルトの手紙を解読してキャラバンに合流します。城ではエルフ王の背後に・・?!

≫≫前話「異世界剣王生存記」102話はこちら

 

▼ピッコマと同じく、こちらの漫画アプリもおすすめ♪

マンガMee

マンガmee
公式サイト

  • マンガMeeは、集英社が運営するマンガアプリ。
  • マーガレット・りぼんなど、集英社の少女漫画の最新作や過去作品も多数配信。
  • 面倒な登録不要。
  • ダウンロードはこちら

異世界剣王生存記103話の注目ポイント&考察予想

神の啓示を信じないレオンハート卿は、単独でゲートを封じ込めます。

誰かが神の名の元、ラトナの世界を動かしている確信していました。

しかし、その考えも不確かなもので彼自身迷っていたのです。

 

そんな中、職務違反で逮捕されました。

エルフ王国では、王が450才で病死したと民衆に知らされます。

それは表向きの発表で、その陰では捜索が行われていました。

 

リチャードは、王の始末をガルハンとゼノビアに報告します。

ゼノビアは、自分が罠を掛けた実験室から抜け出した事実を受け止めることができません。

たかが低スキルの者に、自分の魔法が破られたことが許せなかったのです。

 

ガルハンは、リチャードの報告を受けて並みの人物ではないと感じていました。

しかし、ガルハンが注意していたのはバオトルトだけで、それ以外の者は気に留めてはいません。

一方、レオンハート卿は取り調べを受けますが、誰1人として歯が立ちません。

 

女神の剣と言われているのに、あまりに情けないと皆をひれ伏せます。

レオンハート卿は、怒りを抱えていました。

女神の正体が気になって仕方なかったのです。

 

そこへ、聖人が現れてレオンハート卿の怒りの正体を聞き出そうと手を差し出しました。

口ごもるレオンハート卿が、話し出します。

彼は、何を話し始めるのでしょう・・。

異世界剣王生存記103話のネタバレ込みあらすじ

レオンハート捕まる・・

レオンハートを筆頭に、ラウドと張朗信が謎のスキマを閉じ込めていました。

その裏では、教団自体も動き出していたのです。

レオンハートは、神自体を疑っていました。

 

お告げと謎のスキマの発生が、同時期に重なっていたからです。

光輝たちと張朗信だけが、謎のスキマの世界に突入したことがありました。

張朗信はダンジョンの可能性があるとラウドに話しますが、笑って相手にされません。

 

ラウド自身は、神の領域なので神まかせだと取り合う素振りはなかったのです。

全ての謎のスキマを閉じ込めて、レオンハートにアーティファクトを要求しますが・・。

レオンハートの顔は険しく、神のことで頭はいっぱいでした。

 

レオンハートは、誰かが神を名乗りこの地を操っていると・・。

次の瞬間、教団の大群に取り囲まれて神のお告げを軽んじた罪で裁判にかけられることになりました。

エルフ王の急死・・

エルフ王450才は、突然の死でこの世を去ることになりました。

民衆には長患いの末の死だと告げられていましたが、その一方では大捜索が始まっていたのです。

どうやら、リチャードの手で始末されたようで・・。

 

エルフ王の首尾を報告するリチャードに、違う手段がなかったのかと文句をつけるゼノビア。

しかし、単純な手段でなければホーリーエン王妃に感づかれてしまいます。

ガルハンは自分たちが陰で操っていることを、ホーリーエン王妃に知られることを恐れていました。

愕然とするゼノビア・・

禁制魔法に苦しみながら、リチャードの報告は続きます。

以前、ゼノビアの研究施設に光輝たちを誘き寄せて、異空間の魔法に閉じ込めたが・・。

アーティスが、魔法を解説して抜け出していたのです。

 

愕然として光輝たちの正体を気にして・・。

レベル38の女に、何が出来るのかと吐き捨てます。

しかし、ガルハンはリチャードの話しを聞いて神の使いと理解していました。

 

リチャードも、光輝たちの顔を知りません。

盗み聞きによると、神の使えはキビエだと分かったようです。

ガルハンとゼノビアの関心事は、バオトルトだけで主だった捜索は要らないと余裕の笑みを浮かべました。

囚われのレオンハート・・

教団の門前では、なぜか肉を焼いている張朗信の姿がありました。

レオンハートの面会を願ってのことだったのです。

面会の条件に、ラウドのアーティファクトを差し出しますが・・。

 

無理やりラウドに捕まえられて、自分の無力さを嘆く張朗信。

その頃、レオンハートは厳しい取り調べを受けていました。

しかし、どんな拷問道具を使っても身動きができないレオンハートにかすり傷すら付けることができません。

 

その様子を見て、審問官を膝魔付かせます。

その不甲斐なさに、神の面目を失うと怒りが止まらないレオンハート。

そこへ、巫女が現れて遠い昔のレオンハートを思い出します。

 

なぜ、お告げに逆らったのか訳を聞き出そうと・・。

巫女が、レオンハートを4大英雄の1人に選んだようです。

命の引き換えに、何を望んでいるのか尋ねると・・。

 

重い口を開き始めて、何かを話し出すレオンハート。

彼は、何を語ろうとしているのでしょう。

異世界剣王生存記103話の感想&次回104話の考察予想

今回のお話しは、光輝たちが一切登場しないお話しとなりました。

4大禁域は、果てしなく遠いエリヤなのでしょう。

レオンハート卿とラウド・張朗信は、ずっと世界で起きている謎のゲートの調査と封じ込めを行っていたようです。

 

レオンハート卿は、謎のゲートの調査を進める内に女神の考えに不自然さを感じていたのでしょう。

それは、仮説ではなく確信に繋がってそれを信じたくない思いで、どう対処していいのか分からなくなって来たのではないでしょうか?

囚われの身になっても、自分の思っていることに近づいていない仲間に憤りを感じているように感じました。

 

巫女が登場した時に、レオンハート卿が思っている不信感を話して審判を仰ぎたいと思っているのではないでしょうか?

より確信に近づいて行き、どの様に暴かれて行くのか興味津々です。

さて次回は、留置されているレオンハートからどんなことが、話されるのでしょうか?!

新たな展開が、広がり光輝たちもその正体に近づくのではと考えます。

まとめ

今回は漫画『異世界剣王生存記』103話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

ざっとストーリーをまとめると・・。

異世界剣王生存記の103話のまとめ
  • レオンハート卿は、独断で全てのゲートを塞ぎ終えていました。それと同時に、闇の教団に捕まってしまいます。
  • エルフ王宮では、王様の死去が知らされます。突然の死に、影で捜索が始まっていました。
  • その王を手に掛けたのは、リチャードでした。その報告をガルハン雷帝とゼノビアにしているとホーリーエンに察知されずに事が運んで安堵するガルハン雷帝。
  • ゼノビアは光輝たちを亜空間の魔法を掛けて葬ったと思っていたが、実際はその魔法は破られていたと知らされて驚きを隠せません。光輝たちの正体を気に掛けます。だが、ガルハン雷帝が1番気にしていたのはバオトルトその存在でした。
  • 捕まったレオンハート卿は、取り調べを受けるがどんな道具を使っても全てを壊してしまいます。そこに、聖人が登場してレオンハート卿の気持ちを確かめます。

≫≫次回「異世界剣王生存記」104話はこちら

おすすめ無料漫画アプリ

ピッコマと同じく、面白い漫画を多数配信している漫画アプリを厳選紹介!

マンガMee
マンガmee
公式サイト
  • マンガMeeは、集英社が運営するマンガアプリ。
  • マーガレット・りぼんなど、集英社の少女漫画の最新作や過去作品も多数配信。
  • 面倒な登録不要。
  • ダウンロードはこちら
FODプレミアム
FODプレミアム
公式サイト
  • FODプレミアム会員限定!対象のマンガが読み放題!
  • 青年マンガから少女マンガまで幅広いラインナップ
  • アニメ化作品もあるよ♪
  • ダウンロードはこちら
マンガPark
マンガPark
公式サイト
  • 初回ダウンロード限定:30話分無料で読めるコインを全ての方に配布中!
  • 白泉社の全レーベルが集結!大量のマンガ作品を配信
  • マンガParkでしか読めないオリジナル作品が続々登場!
  • 日常漫画からホラー漫画まで幅広いジャンルが無料で読める!
  • ダウンロードはこちら
マンガがうがう
マンガがうがう
公式サイト
  • 双葉社双葉社発のまんがアプリ!
  • 小説家になろう発の異世界・転生マンガが大集合!
  • 「がうポイント」を使って、毎日無料で読める!
  • 30日間無料で読み返せる!
  • ダウンロードはこちら