陛下、今度は殺さないでください ネタバレ6話【ピッコマ漫画】トリーはルペルトの侍女

漫画陛下、今度は殺さないでくださいは原作eclair先生、漫画Ha yeon先生の作品でピッコマで配信されています。

今回は「陛下、今度は殺さないでください」6話を読んだので、見どころやネタバレ込みあらすじ、考察予想や読んだ感想をご紹介します。

 

前回のラストシーンは?
過去のルペルトはたった一日で、皇后となったトリーを猟銃で射殺したのです。それを知ったベルーア伯爵は皇帝への不信感に苦しみました。

≫≫前話「陛下、今度は殺さないでください」5話はこちら

 

陛下、今度は殺さないでください6話の注目ポイント&考察予想

ベルーア没落のきっかけ

一日皇后、トリーとの思わぬ出会いに、ラリエットは過去の記憶を思い起こしました。

皇帝がたった一日で皇后を射殺したことを機に貴族たちが集まり、これまで中立を保ってきたベルーア伯爵がついに声をあげることなります。

結果それが皇帝の怒りを買う原因となり、筆頭にいたベルーアは没落への一途を辿ることになってしまいました。

陛下、今度は殺さないでください6話のネタバレ込みあらすじ

ベルーアが皇帝の怒りを買った経緯

過去、ベルーア伯爵邸ではベルーア伯爵をはじめ、貴族たちが集まっていました。

トリーの死がきっかけです。

周囲の反対を押し切って迎えた皇后を一日で射殺し、兄であるアルノルフも謀反剤の濡れ衣を着せて○した皇帝に、貴族たちは憤っていました。

 

このまま放っておくわけにはいかないと貴族たちが話し合っているのを、偶然廊下を通りかかったラリエットは聞いていました。

どうにかしなければ、ベルーアが一声あげれば…と男たちが頭を寄せ合って話し込んでいる様子を見たラリエットは、ついに父が立ち上がるのかと考えます。

父が皇室に意見するのを見るのは初めてでした。

 

結局、帝国民に支持される父を盾に貴族院は皇帝の狂気を咎め、皇帝に嫌われることとなります。

当然ながら、皇帝が目をつけたのは先頭に立ったベルーアでした。

その結果、ベルーアの首都邸宅と領地はすべて奪われ、屈辱的に左遷させられます。

 

しかしそれでも父が負けじと最後まで正義を貫く姿をラリエットは見ていました。

そして伯爵邸は燃やされ、父は亡くなったのです。

もちろん父の処刑がトリーのせいではないことはラリエットにも分かっていました。

 

トリーだってたった一日で○されている上、もしかしたら利用されただけかもしれません。

ラリエットの知っている皇帝は愛など知らない怪物だからです。

しかし、それを分かっていてもラリエットは憎しみを覚えました。

 

現況は婚姻だったから、皇帝と出会わないようにしようとラリエットは考えます。

ファスベンダー商会はまだ小さいはずだから、どうか二人がまだ出会っていませんようにと祈りました。

しかしそこではたと気が付きます。

ラリエットが抱いた疑問

平民のトリーがいったいどうやってこの場にやってきたのでしょうか?

ラリエットはトリーにそれを尋ねてみることにしました。

名前を呼ばれたトリーは慌てた様子で顔を上げます。

 

ラリエットが質問すると、トリーはアワアワしながら答えました。

トリーはラペルト皇女の侍女だそうで、皇女が自分の代わりに私を…とトリーは焦った様子でラリエットに伝えます。

皇后は皇帝の侍女だったのかとラリエットは目をみはりました。

 

皇女殿下がパーティーに参加させた…と呟き、ラリエットは眉を顰めて頭を整理します。

その様子を見たトリーは真っ青になって勢いよく立ち上がりました。

オロオロしながら、どうかお許しくださいとラリエットに謝罪します。

 

侍女が厚かましく座っていたから伯爵令嬢の気分を損ねたと誤解してしまったようです。

ラリエットは追い出すつもりはないと伝え、ラペルト皇女と聞いて少し驚いただけだと話しました。

だから一緒に食事をしようと笑いかけます。

 

トリーは赤面してお礼を伝えながらそっと座り直しました。

ラリエットもニコニコしながら雑談に興じます。

心の底ではまったく別のことを考えていました。

 

ベルーア没落前に縁があったのは皇后ではなく皇妃でした。

皇帝とはまったく縁がなく、死ぬ直前の悪縁だけだったのです。

ルペルトが誕生日パーティーに侍女を送ったなんて知りませんでした。

 

皇女のふりをするルペルトに会ったことは一度もなかったのです。

顔を初めて見たのは、ルペルトが皇太子になってからでした。

ラリエットが16歳の頃、初めて招待された皇室の舞踏会で出会ったのです。

 

ラリエットとルペルトの出会いとは…!?

続きはピッコマで!

陛下、今度は殺さないでください6話の感想&次回7話の考察予想

ベルーアがどうして没落に至ったのかがよく分かりました。

こうして見るとルペルトはとんでもない暴君だなと改めて思います。

今のところ出てきている情報ではトリーは悪くないと思いますが、父の死を招いたきっかけとしては嫌な記憶の中の一人ですね。

 

すでにトリーがルペルトの侍女だったとは驚きです。

ルペルトとトリーは現在どんな関係なのでしょうか…?

まとめ

今回は漫画『陛下、今度は殺さないでください』6話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

ざっとストーリーをまとめると・・。

陛下、今度は殺さないでくださいの6話のまとめ
  • トリーの死を機にベルーアが没落したことを思い出し、ラリエットの表情が曇りました。
  • 皇帝に関わらないようにしようとラリエットは考えます。
  • しかしトリーがすでにルペルトの侍女であることを知り、ラリエットは驚愕しました。

≫≫次回「陛下、今度は殺さないでください」7話はこちら

おすすめ無料漫画アプリ

ピッコマと同じく、面白い漫画を多数配信している漫画アプリを厳選紹介!

マンガMee
マンガmee
公式サイト
  • マンガMeeは、集英社が運営するマンガアプリ。
  • マーガレット・りぼんなど、集英社の少女漫画の最新作や過去作品も多数配信。
  • 面倒な登録不要。
  • ダウンロードはこちら
マンガPark
マンガPark
公式サイト
  • 初回ダウンロード限定:30話分無料で読めるコインを全ての方に配布中!
  • 白泉社の全レーベルが集結!大量のマンガ作品を配信
  • マンガParkでしか読めないオリジナル作品が続々登場!
  • 日常漫画からホラー漫画まで幅広いジャンルが無料で読める!
  • ダウンロードはこちら
マンガがうがう
マンガがうがう
公式サイト
  • 双葉社双葉社発のまんがアプリ!
  • 小説家になろう発の異世界・転生マンガが大集合!
  • 「がうポイント」を使って、毎日無料で読める!
  • 30日間無料で読み返せる!
  • ダウンロードはこちら

おすすめ電子書籍サービス

まんが王国

まんが王国

公式サイト

  • 登録無料&クレカがなくてもOK!
  • 電子書籍サイトで業界最大級
  • 毎日最大50%ポイント還元!
  • 1巻無料からそれ以上も♪じっくり試し読みできる!
  • 無料トライアル31日間!
  • 初回31日間は月額2,189円(税込)が無料!おまけに登録時に600円分のポイントが貰え、さらに継続すると1200円分のポイントが毎月もらえる。
  • 無料期間中は解約してもお金はかからないので初めやすい♪

ebookjapan

ebookjapan

公式サイト

  • 登録時に6回まで使える50%OFFクーポンが貰えます!クーポンの上限金額は500円なので、1000円購入したら500円引きに!
  • 約50万冊が漫画作品を取り揃えてる♪
  • 半額キャンペーンなどセールも定期的に行われているので漫画がお得に読めるチャンスが何度も♪