殺人鬼の子を産んだネタバレ24話【ピッコマ漫画】ティリアンは、もう少し生かしておく

漫画殺人鬼の子を産んだ原作Harasyo先生、漫画Boaz&Deerchaser,先生、studioaire先生の作品でピッコマで配信されています。

今回は「殺人鬼の子を産んだ」24話を読んだので、見どころやネタバレ込みあらすじ、考察予想や読んだ感想をご紹介します。

 

前回のラストシーンは?
バルテスのカリンヌへの想いは募るばかりです。カリンヌを抱いて妊娠させたニテンスの父親に、始末したいと思うほど嫉妬しながら、熱いキスをしました…。

≫≫前話「殺人鬼の子を産んだ」23話はこちら

 

▼ピッコマと同じく、こちらの漫画アプリもおすすめ♪

マンガMee

マンガmee
公式サイト

  • マンガMeeは、集英社が運営するマンガアプリ。
  • マーガレット・りぼんなど、集英社の少女漫画の最新作や過去作品も多数配信。
  • 面倒な登録不要。
  • ダウンロードはこちら

殺人鬼の子を産んだ24話の注目ポイント&考察予想

ついに、計画が動き出す…!

首都に到着したバルテス一家。

そこでバルテスは、カリンヌの過去や3年前に出会った女について調べさせていた件の報告を受けます。

その報告では、ティリアンや3年前の女についての不可解な事実が知らされました。

 

ついに、3年前の女について嘘の報告をしてしまうシュリーは、もう後戻りができません。

また、バルテスがティリアンの始末について語る場面もあり、誰がどうなるのか?ドキドキハラハラする展開が見どころです!

ティリアンはやはり、殺されてしまうのでしょうか…。

 

カリンヌへの愛情が募るとともに、彼女を苦しめる者へのバルテスの怒りと憎しみも加速していくのでしょう!

それでは、さっそく読んでいきましょう!

殺人鬼の子を産んだ24話のネタバレ込みあらすじ

別荘に到着したバルテスとカリンヌ

バルテスのキスからはあたたかさが感じられ、カリンヌはからっぽだった心が満たされていくのを感じます。

こんな体験は初めてでした。

カリンヌはうっとりとバルテスを見つめ、ふたりは何度もキスを交わしました。

 

首都の別荘に到着すると、大勢のメイドや使いの者が出迎えてくれたのです。

カリンヌは知らない人の多さに緊張してしまいますが、バルテスがすぐに手を握り、大丈夫となだめてくれます。

バルテスに大丈夫といわれると、本当に大丈夫な気持ちになるので、カリンヌは不思議だと感じました。

 

執事のテンが、屋敷を案内します。

カリンヌは広い屋敷に驚きながら、寝室へと向かいました。

寝室に着くと、バルテスは自分は報告を受けてくるので、カリンヌとニテンスは先に休んでおくように話しました。

 

カリンヌは、バルテスは疲れていないのかと心配します。

ふたりの何気ないやり取りを見つめながら、テンは何かの見間違いかと驚いていました。

いつも不機嫌でトゲトゲしているバルテスが、ニコニコと優しく微笑んでいるのです!

 

それはまるで別人のようでした。

ですが、カリンヌとの会話を終えてテンの方を向くと、いつもの無愛想なバルテスに戻ったのでした。

テンは、移動しながらバルテスに報告事項を話します。

 

皇帝から連絡があり、早くもバルテスがこちらに到着したのを知っていて、会いたがっているようです。

それを聞いたバルテスは、すぐに却下しました。

皇帝はバルテスと仲良くしたいようですが、バルテスは様々な要求を冷たくあしらいます。

 

どうやらふたりは、仲が深いようです。

皇帝からの要求すべてにおいて、拒否と返信するように指示をされたテンは、たじろいでしまいました。

そして、影からの報告についても話します。

 

それは、ついに「あの方」を見つけたというものでした…。

バルテスは顔色を変え、執務室で詳しく聞くことにしました。

もう後戻りはできない…シュリーの報告

執務室では、影たちがバルテスに様々な報告をしました。

まずは、カリンヌについてです。

シュリーは、月日が立っているので当時のことを覚えている人間がいなかったと報告します。

 

そして、ティリアンの屋敷には辞めたメイドが3人おり、そのうち2人は〇殺したと伝えました。

バルテスは、それはおかしいのでは?と、疑いの目を向けます。

そして、残りの1人を連れてくるように指示しました。

 

しかし、シュリーはそれは不可能だと答えます。

そして、その残る1人のメイドも、シュリーが接触した次の日に事故で亡くなったと、冷や汗をかきながら伝えました。

バルテスはその様子を見て、ディポールにもう一度調べなおすよう命令します。

 

そして、シュリーにはもっとキッチリと仕事をしてほしいと苦言を呈したのでした。

続いて、3年前の女について尋ねます。

シュリーは、ここで踏み出せばもう後には戻れないと、一瞬迷いました。

 

しかし、頭の中に人間らしく生きてみたいという、イベットの姿が浮かんできます…。

そして、意を決してパースン一家の名前を出しました。

もう、戻れません!!

 

バルテスはその女がイベットだという報告を聞き、パースン家にイベットという娘がいただろうかと疑いました。

シュリーは青ざめた表情で、イベットは婚外子だと説明します。

婚外子ということなら、きっと一族内でかなり冷遇されて生きてきたはず、さらにあの夜に町をさまよっていたことにも納得ができます。

 

こうしてバルテスは、シュリーのことを信じました。

そして、伯爵も一緒に一度会ってみようと提案したのでした。

ティリアンを葬り去る準備

次に、ディポールがティリアンについて報告をしました。

バルテスは、ティリアンの屋敷に穴はあるかと尋ねます。

するとディポールは、かなりあると答えました。

 

そして、ティリアンを葬り去る程度なら、まったく問題ないと報告したのです。

バルテスはそれを聞いて、いつでも実行できるような準備をしておくように指示します。

そして最後に、カリンヌのために、もうしばらくは生かしておく必要があると呟いたのでした…。

殺人鬼の子を産んだ24話の感想&次回25話の考察予想

今回は、かなりストーリーが進展したと思います。

ついに、ティリアンへの復讐が動き出しました…!!

カリンヌのためにもう少し生かしておかなければならない理由とは、いったい何なのでしょうか??

 

そして、生かしておくということは、やはり殺すつもりなんですね!!

冷酷といわれるバルテスが、どんな計画を立てているのかがすごく気になります!

そして、シュリーも二度と戻れない道を歩み始めました…。

 

次回、これらの計画はさらに進むのでしょうか?

カリンヌも、何かに気付く、もしくは何らかの計画をするのでは?と予想します。

水面下では、それぞれが秘密の計画を進めている…という状況はかなりドキドキして見ごたえがありそうでね!

次回も楽しみです♪

まとめ

今回は漫画『殺人鬼の子を産んだ』24話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

ざっとストーリーをまとめると・・。

殺人鬼の子を産んだの24話のまとめ
  • 3人は無事に別荘に到着した。
  • シュリーは、3年前の女はイベットだと報告した。
  • ティリアンの屋敷には穴が多く、葬り去るのは簡単だと報告を聞いたバルテスは、カリンヌのためにティリアンはもう少し生かしておくと呟いた。

≫≫次回「殺人鬼の子を産んだ」25話はこちら

おすすめ無料漫画アプリ

ピッコマと同じく、面白い漫画を多数配信している漫画アプリを厳選紹介!

マンガMee
マンガmee
公式サイト
  • マンガMeeは、集英社が運営するマンガアプリ。
  • マーガレット・りぼんなど、集英社の少女漫画の最新作や過去作品も多数配信。
  • 面倒な登録不要。
  • ダウンロードはこちら
FODプレミアム
FODプレミアム
公式サイト
  • FODプレミアム会員限定!対象のマンガが読み放題!
  • 青年マンガから少女マンガまで幅広いラインナップ
  • アニメ化作品もあるよ♪
  • ダウンロードはこちら
マンガPark
マンガPark
公式サイト
  • 初回ダウンロード限定:30話分無料で読めるコインを全ての方に配布中!
  • 白泉社の全レーベルが集結!大量のマンガ作品を配信
  • マンガParkでしか読めないオリジナル作品が続々登場!
  • 日常漫画からホラー漫画まで幅広いジャンルが無料で読める!
  • ダウンロードはこちら
マンガがうがう
マンガがうがう
公式サイト
  • 双葉社双葉社発のまんがアプリ!
  • 小説家になろう発の異世界・転生マンガが大集合!
  • 「がうポイント」を使って、毎日無料で読める!
  • 30日間無料で読み返せる!
  • ダウンロードはこちら