殺人鬼の子を産んだネタバレ25話【ピッコマ漫画】シュリーとイベット、それぞれの計画

漫画殺人鬼の子を産んだ原作Harasyo先生、漫画Boaz&Deerchaser,先生、studioaire先生の作品でピッコマで配信されています。

今回は「殺人鬼の子を産んだ」25話を読んだので、見どころやネタバレ込みあらすじ、考察予想や読んだ感想をご紹介します。

 

前回のラストシーンは?
ティリアンの屋敷を調べさせ、彼を葬ることは簡単だと知ったバルテスですが、カリンヌのためにもう少し生かしておくと宣言しました…。

≫≫前話「殺人鬼の子を産んだ」24話はこちら

 

▼ピッコマと同じく、こちらの漫画アプリもおすすめ♪

マンガMee

マンガmee
公式サイト

  • マンガMeeは、集英社が運営するマンガアプリ。
  • マーガレット・りぼんなど、集英社の少女漫画の最新作や過去作品も多数配信。
  • 面倒な登録不要。
  • ダウンロードはこちら

殺人鬼の子を産んだ25話の注目ポイント&考察予想

イベットとシュリーの作戦

少しずつ仲を深めていくバルテスとカリンヌですが、裏ではふたりに対する恐ろしい作戦が進んでいました。

イベットとシュリーは、バルテスが探している3年前に出会った女にシュリーがなりすますという作戦のため、話し合いを繰り広げます。

イベットの目的は、バルテスの妻になることなのですが、シュリーは心配で仕方ありません。

 

シュリーにとってイベットは、何よりも大切な女性です。

そのため、なぜこんなにも危険な道を進むのか、と疑問に思います。

そして、彼の中には、イベットを守るためのある思惑が浮かぶのでした…。

 

シュリーは、イベットが本当に大切なのだと思います。

それぞれの想いが、それぞれにとって邪魔な人間を排除しようと交錯していくのでしょう。

たとえ、それが他の人にとって大切な人だとしても…。

複雑に絡まる人間関係に注目して読んでみてください♪

殺人鬼の子を産んだ25話のネタバレ込みあらすじ

愛おしい、カリンヌとニテンス

帰宅したバルテスは、テンに留守中の様子を伺いながら部屋に向かっていました。

テンは、皇帝が毎週伝令を派遣してくること、些細な侵入事件があったがすぐに解決したことなどを報告します。

バルテスは報告を聞き終わると、カリンヌについて気をつけて世話をするようにと、様々なことについて細かく指示しました。

 

テンは、カリンヌを過剰に大切に扱うよう命令するバルテスの姿に苦笑いしていましたが、こんなに楽しそうなバルテスの姿はもう何年も見ていません。

バルテスは、その後すぐに寝室へと向かいました。

部屋に入ると、カリンヌとニテンスはベッドで寄り添うように眠っていました。

 

その姿に、バルテスは優しく微笑みます。

そして自分もベッドに入り、愛おしそうにふたりを抱きしめて眠ったのでした。

シュリーの恐ろしい計画

シュリーとイベットは、ある作戦について話し合っていました。

シュリーは心配そうな顔で、バレたら自分だけではなくイベットも危険な目に遭ってしまうと話します。

するとイベットは、彼がすべてを知るころには、自分に夢中になっているはずだから大丈夫だと答えました。

 

シュリーは、バルテスは冷酷な人なのだと念を押しますが、イベットはふたりが黙っていれば誰にもバレないと聞く耳を持ちません。

そんなイベットの様子に、シュリーは、もう後には戻れないのだと実感します。

イベットの願いは、バルテスの妻となり、一族の裏の顔を暴いてみなをひざまずかせることでした。

 

シュリーは、すでにカリンヌという妻がいるのにどうやって妻になるのかと、心配そうに聞きます。

するとイベットは、自分に妾になれとでもいうのか、私が幸せになることをシュリーも望んでいるのだろう、と怒鳴りました。

シュリーは、その通りだとうなずきます。

 

シュリーは、他の誰よりもイベットが幸せになることを、心から望んでいました。

イベットは、カリンヌも所詮婚外子で、他の男の子どもを連れてきているので、そんな女よりも自分の方が絶対に良い!と自信満々に話します。

そして、バルテスについて知っている情報をすべて教えてと、シュリーに詰め寄るのでした。

 

シュリーは、不安そうに承諾します。

そんなシュリーの姿を見たイベットは、彼を抱きしめてお礼を言いました。

シュリーはドキドキして、顔を赤くするのでした。

 

帰り道、シュリーはなぜイベットはこんな危険な道を歩みたがるのだろうと悩みながら歩きました。

自分だったら、イベットのために何でもしてあげるのに…。

それが、バルテスという地獄に案内することだなんて、あんまりです。

 

そして、シュリーはイベットのためにできることを考え、ある結論に至ります。

バルテスが3年前に出会った本物の女を誰よりも早く見つけて、先に殺してしまおうと考えたのです!

必ず、人知れず葬り去ろう…シュリーはそう呟きながら、闇夜へ消えていきました。

いよいよ、出発の時

ある日、カリンヌは美しいドレスで着飾り、緊張で震えていました。

緊張しているのがバレているかと心配しています。

バルテスは、緊張していることが一目で分かると微笑みながら、美しいカリンヌを見つめました。

 

そして、優しくカリンヌの手を握り、これで少し落ち着くかと尋ねます。

カリンヌは驚きながらも、不思議と心が落ち着いていくのを感じました。

カリンヌは愛おしそうにバルテスを見つめ、お礼を言います。

 

バルテスも優しい表情で見つめ返しました。

そして、カリンヌはそっと目を閉じ、深呼吸をします。

目を開けると、心は覚悟を決めていました。

 

さあ、出発です!

ふたりは、ある場所へ行くため、足を踏み出しました。

殺人鬼の子を産んだ25話の感想&次回26話の考察予想

イベットの計画もなかなか危険で恐ろしいですが、シュリーの方が上回ってきましたね!!

イベットがバルテスと結婚するまでに、カリンヌを殺してしまおう…愛する人のためではあるのですが、かなりヤバい考えです(笑)

シュリーはその女がカリンヌと知った時、それでも手を下すことができるのでしょうか?

 

根が優しそうなので、なかなかうまくいきそうにない感じがします。

次回、カリンヌとバルテスが向かう先はいったいどこなのでしょうか??

カリンヌは美しくドレスアップして、さらに震えるほど緊張していたので、いよいよ生誕祭かな??

 

お祭りの時のように、精神的にしんどくならなければいいのですが…。

また、出席者にも曲者がいそうなので、一波乱…いや様々な波乱の予感が止まりません(笑)

次回も早く読みたいです♪

まとめ

今回は漫画『殺人鬼の子を産んだ』25話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

ざっとストーリーをまとめると・・。

殺人鬼の子を産んだの25話のまとめ
  • バルテスは帰宅してすぐ、寝室で眠るカリンヌとニテンスを見つめ、ふたりを抱きしめながら眠った。
  • イベットは3年前の女になりすまし、バルテスと結婚する計画を立てている。
  • シュリーは、そんなイベットを救うため、3年前の女を誰よりも早く見つけ出して殺してしまおうと考える。
  • カリンヌは美しくドレスアップし、バルテスとともにある場所へ向かった。

≫≫次回「殺人鬼の子を産んだ」26話はこちら

おすすめ無料漫画アプリ

ピッコマと同じく、面白い漫画を多数配信している漫画アプリを厳選紹介!

マンガMee
マンガmee
公式サイト
  • マンガMeeは、集英社が運営するマンガアプリ。
  • マーガレット・りぼんなど、集英社の少女漫画の最新作や過去作品も多数配信。
  • 面倒な登録不要。
  • ダウンロードはこちら
FODプレミアム
FODプレミアム
公式サイト
  • FODプレミアム会員限定!対象のマンガが読み放題!
  • 青年マンガから少女マンガまで幅広いラインナップ
  • アニメ化作品もあるよ♪
  • ダウンロードはこちら
マンガPark
マンガPark
公式サイト
  • 初回ダウンロード限定:30話分無料で読めるコインを全ての方に配布中!
  • 白泉社の全レーベルが集結!大量のマンガ作品を配信
  • マンガParkでしか読めないオリジナル作品が続々登場!
  • 日常漫画からホラー漫画まで幅広いジャンルが無料で読める!
  • ダウンロードはこちら
マンガがうがう
マンガがうがう
公式サイト
  • 双葉社双葉社発のまんがアプリ!
  • 小説家になろう発の異世界・転生マンガが大集合!
  • 「がうポイント」を使って、毎日無料で読める!
  • 30日間無料で読み返せる!
  • ダウンロードはこちら