ある日、私は冷血公爵の娘になった ネタバレ124話【ピッコマ漫画】エメルとアーサーの願い

漫画ある日、私は冷血公爵の娘になったは原作Cotton先生、漫画Siya先生の作品でピッコマで配信されています。

今回は「ある日、私は冷血公爵の娘になった」124話を読んだので、見どころやネタバレ込みあらすじ、考察予想や読んだ感想をご紹介します。

前回のラストシーンは?
川で転んだエステルを、お姫様抱っこで助けるエメル。エステルは抱きかかえられたままエメルにキスをして…

≫≫前話「ある日、私は冷血公爵の娘になった」123話はこちら

ある日、私は冷血公爵の娘になった124話の注目ポイント&考察予想

今回は、前回のラストシーンでエステルがした突然のキスに対して、二人がどんな反応をするかがわかります。

エステルはエメルのことは好きじゃないと宣言しているのに、突然キスをしたわけですから、それなりの説明をしないと、告白したも同然だと思います。

そして、いくら年がだいぶ上とはいえ、突然好きな相手にキスをされたエメルも、平常心ではいられないでしょう。

一体二人の関係はどうなってしまうのでしょうか?

ある日、私は冷血公爵の娘になった124話のネタバレ込みあらすじ

キスの駆け引き

突然のキスに驚くエメル。

エステルはそんなエメルに対しても、婚約者にキスをしただけですよ!と何食わぬ顔でふざけています。

エメルはエステルが全く動揺していないので、ほかの男ともキスをするのですか?と不安を口にしました。

 

しかしエステルはのらりくらりと交わして、はっきりと答えてくれません。

エステルがごまかすので、エメルは今度は自分からキスをします!と揺さぶりをかけました。

そんなエメルにエステルは、エメルからのキスは禁止だと、厳しいことを告げるのです。

 

そして、エステルはこの婚約はただの契約なんだから当然だ、とさらに冷たく突き放し、エメルは辛そうな顔になりました。

落ち込んだまま、抱き上げてたエステルを下ろすエメル。

しかしエステルは、3歩歩いて笑顔で振り返ると、はにかみながら、さっきのキスが自分のファーストキスだと告白するのでした。

アーサーとエメル

エメルが帰宅すると、部屋にはカスティージョ家の情報機関のリーダー、アーサーがまっていました。

アーサーはエメルに忠告しに来たのです。

この地で安寧に暮らしたいのであれば、エステルに対する態度にはくれぐれも注意が必要だと…。

 

エステルと婚約してから、エメルの行動はすべて監視されているのです。

そんなことはよくわかっているエメルは、動揺もしません。

そして自分の机の引き出しを開けると、封筒を取り出しアーサーへ手渡します。

 

封筒の中身は、エメルがカスティージョ家を離れたからこそえられた、独自のルートから入手した情報だといいます。

アーサーとエメルは嫌味は言い合うものの、ともにエステルの安全を祈りあいました。

アーサーが帰ると一人ベッドに座りエステルのことを考えるエメルなのでした。

備えるエステル

翌日の朝、アーサーがエステルの部屋を訪ねてきました。

アーサーの報告によれば、エステルが精霊士であると疑っている皇室が、確認のために魔導士を連れて屋敷にやってくるという話があるそうです。

このことを父親が知れば、すぐにでも魔塔に押し入ってしまうだろうと警戒するアーサー。

 

そしてその父親を抑えるために皇室は誓約の石を使うだろうと考えるエステル。

アーサーはそんな事態を予見して、エステルを信頼して、誰より先にエステルに情報を話したのでした。

アーサーからの信頼を喜ぶエステルでしたが、魔導士についてはいい考えが浮かびません。

そこで一緒に作戦を考えようと、アンの部屋に相談に向かうのでした。

対策をアンに相談する

しかしアンは、開口一番、エメルとの仲がどうなっているのかエステルに質問します。

エステルは隠さずに、自分はやっぱりエメルのことが好きだという気持ちをアンに話しました。

がっかりするアン。

 

もっと他にいい男はいるのに…。

エステルがほかって誰?とアンに尋ねると、アンはカルルの名前をあげます。

エステルはその発言を聞いて、アンはカルルが好きなんだと思い、からかうと、アンは顔を真っ赤にして否定しました。

 

話題を戻し、魔導士の対策について考える二人。

アンは精霊士かどうか確認する方法があるらしいことは知っていますが、それがどんなものなのかは知らないようです。

二人が悩んでいると、精霊のエンドが現れて、精霊との契約を破棄するしかない!というとんでもない方法を提案するのでした。

ある日、私は冷血公爵の娘になった124話の感想&次回125話の考察予想

キスしたことをエステルがはぐらかすのは想定の範囲内ですが、結局ファーストキスだとばらしてしまうのは意外でした。

それじゃあ、エメルのやきもちを引き出すどころか、喜ばせてしまうような…?

傷つけて復讐したいという割には、結局エメルへの気持ちに正直になってしまうエステルはかわいいですね。

 

エメルも、嫉妬に苦しんでいるのと同時に、両想いのエステルに踏み込みすぎないように気を付けることに苦しんでいるように見えます。

そして、同時にエステルの安全にも陰りが見えます。

エステルが精霊士になってから、力を使いすぎて反動で傷つくことはありましたが、敵にやられて傷つくことはありませんでした。

果たして皇室の視察を無事にかわせるのでしょうか?

まとめ

今回は漫画『ある日、私は冷血公爵の娘になった』124話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

ざっとストーリーをまとめると・・。

ある日、私は冷血公爵の娘になったの124話のまとめ
  • キスのことでエメルを傷つけるエステルだったが、ファーストキスだったことも告げる。
  • エメルは、入手した情報を、カスティージョ家情報機関のアーサーに手渡す。
  • エステルは、精霊士であることを調査しに来る皇室と魔導士の対策を考えるため、アンに相談する。

≫≫次回「ある日、私は冷血公爵の娘になった」125話はこちら

おすすめ無料漫画アプリ

ピッコマと同じく、面白い漫画を多数配信している漫画アプリを厳選紹介!

マンガMee
マンガmee
公式サイト
  • マンガMeeは、集英社が運営するマンガアプリ。
  • マーガレット・りぼんなど、集英社の少女漫画の最新作や過去作品も多数配信。
  • 面倒な登録不要。
  • ダウンロードはこちら
マンガPark
マンガPark
公式サイト
  • 初回ダウンロード限定:30話分無料で読めるコインを全ての方に配布中!
  • 白泉社の全レーベルが集結!大量のマンガ作品を配信
  • マンガParkでしか読めないオリジナル作品が続々登場!
  • 日常漫画からホラー漫画まで幅広いジャンルが無料で読める!
  • ダウンロードはこちら
マンガがうがう
マンガがうがう
公式サイト
  • 双葉社双葉社発のまんがアプリ!
  • 小説家になろう発の異世界・転生マンガが大集合!
  • 「がうポイント」を使って、毎日無料で読める!
  • 30日間無料で読み返せる!
  • ダウンロードはこちら

おすすめ電子書籍サービス

まんが王国

まんが王国

公式サイト

  • 登録無料&クレカがなくてもOK!
  • 電子書籍サイトで業界最大級
  • 毎日最大50%ポイント還元!
  • 1巻無料からそれ以上も♪じっくり試し読みできる!
  • 無料トライアル31日間!
  • 初回31日間は月額2,189円(税込)が無料!おまけに登録時に600円分のポイントが貰え、さらに継続すると1200円分のポイントが毎月もらえる。
  • 無料期間中は解約してもお金はかからないので初めやすい♪

ebookjapan

ebookjapan

公式サイト

  • 登録時に6回まで使える50%OFFクーポンが貰えます!クーポンの上限金額は500円なので、1000円購入したら500円引きに!
  • 約50万冊が漫画作品を取り揃えてる♪
  • 半額キャンペーンなどセールも定期的に行われているので漫画がお得に読めるチャンスが何度も♪