廃妃に転生した私は小説を書く ネタバレ98話【ピッコマ漫画】秒読み 陛下と衛妃の挙式

漫画転生した私は小説を書くは原作GUWO先生、漫画BEIBEI先生の作品でピッコマで配信されています。

今回は「転生した私は小説を書く」98話を読んだので、見どころやネタバレ込みあらすじ、考察予想や読んだ感想をご紹介します。

 

前回のラストシーンは?

前回97話では・・。月妃の野望の犠牲者は、軽貴人と妹の翠翹。妹の恨みを晴らす為に、月妃の息の根を断ち自らも・・。この事件を四全家令が、皇帝に報告して衛妃の宮に駆け付けて衛妃に・・?! 

≫≫前話「転生した私は小説を書く」97話はこちら

 

▼ピッコマと同じく、こちらの漫画アプリもおすすめ♪

マンガMee

マンガmee
公式サイト

  • マンガMeeは、集英社が運営するマンガアプリ。
  • マーガレット・りぼんなど、集英社の少女漫画の最新作や過去作品も多数配信。
  • 面倒な登録不要。
  • ダウンロードはこちら

転生した私は小説を書く98話の注目ポイント&考察予想

陛下の近未来計画は、着々と進みます。

いろんな障害が発生しますが、衛妃を慕ったいる者たちの働きで問題なく進んで行きますが・・。

兀丹城の公王だけは、それを憎々しく思っていました。

 

公王からの妨害も、発生する予感が・・?!

後宮を後にする妃たちからは、衛妃と暮らした楽しい時間を振り返りながらも新しい生活を夢見て・・。

涙を浮かべて、またの再会を願って別れを告げる衛妃・・。

転生した私は小説を書く98話のネタバレ込みあらすじ

2人の未来予想図・・

皇帝は皇貴妃との未来にある計画を準備していました。

それは皇貴妃と2人の未来を考えていたからです。

この5年内に、完成させたい未来予想図・・。

 

その内容を四全家令と相談して、2つ目までほぼ完成していました。

3つ目を思い付いた皇帝は、早速行動に移します。

翌朝、御前会議の席で2つの事柄を発表する皇帝。

 

第1番目は、後宮の解体と2番目には、後宮制度の廃止を発表します。

その事柄を聞いた側近たちは、驚いて立ち尽くしました。

この事柄は、前例のないことで側近たちは猛反対します。

 

皇貴妃が、皇妃の位に相応しいとは思っていないようで・・。

しかし、皇帝のお心は皇貴妃だけで、他の妃たちに興味が全くありません。

兄の衛沛林は、大欺腊国での偉業を讃えます。

 

側近たちが、言い争っていると・・。

皇帝から後宮に関して、発表します。

はじめに話した事柄は、既にやると決めたことでそれを覆すことは不可能だと話す皇帝でした。

納得のいかない側近・・

皇帝の下した事柄に納得のいかない朱大人は、皇貴妃の無学さを非難して・・。

どうやら無名乃友が、皇貴妃だとは知らないようです。

朱大人は、ある人物なら公平な判断をしてくれるとその方の屋敷に向かいました。

 

その人物とは、皇后陛下だったのです。

延福宮の門前で皇后陛下に取り次いでもらいますが、現れたのは佩晴でした。

佩晴の手には毒を持った蛇が、朱大人を狙って噛みついたのです。

 

延福宮には、佩晴がいて彼女は皇貴妃が大好きで見方でした。

皇貴妃を悪く言う人間を許しません。

一方、後宮では皇帝から後宮制度の廃止を聞いて、新しい敵が現れたのかと驚く皇貴妃。

 

皇貴妃は思わず皇后陛下が、怪しいと口を滑らせてしまいます。

皇帝は皇后陛下には、佩晴がいるのでその心配はいらないと・・。

しかし、側近たちは自分を嫌っていると心配します。

 

佩晴の働きもあって、どの側近たちも反対することはできません。

もし、反対する者がいれば余美人が片づけてくれると微笑みながら話す皇帝。

皇帝は皇貴妃を妻として迎えるだけでなく、歴史的にも類のない皇妃にしたいと思っていました。

 

そして、婚儀は宮廷式ではなくて民たちの行っている挙式を考えいいるようです。

沸き立つ民衆たちとそれを憎らしく思っている大欺腊国の月曼金は、どの様な嫌がらせを考えているのでしょう・・。

お別れ・・

一方、後宮の妃たちの旅立ちの日がやって来ました。

皇貴妃と出会ってからの日々は、楽しいことばかりで後宮の生活も楽しかったと懐かしく話す妃たち。

それでも、後宮外の世界に出る嬉しさを隠しきれません。

 

その中の1人だけが、新しくできた部署に配属されて喜びます。

彼女は、女性だけの護衛団に入るようでした。

それは、皇貴妃を守る女性だけの部署だったのです。

 

みんな皇貴妃との別れを惜しみながら、それぞれの選んだ方向に去って行きました。

寂しいけれど、また会う日までの言葉と共に笑顔で見送る皇貴妃・・。

転生した私は小説を書く98話の感想&次回99話の考察予想

今回のお話しは、皇貴妃が皇妃の座に近づく未来が現実のものとなる序章が始まったことを知らせる内容でした。

しかし、それを妨害しようと魂胆丹と狙う月曼金の気配も感じてしまいます。

陛下が考えている挙式とは、どんなものを想像しているのでしょうか・・。

 

勝手ない挙式を想像しますが、その中には想像を絶する事件も起きるのでしょう。

無事に済むとは、なかなか考え深いです。

廃妃から皇妃のサクセスストーリーの終盤に、差し迫って来ました。

 

更なる難事件が、待っているのかも知れません。

さて次回は、あの王卿と衛卿にも新しい進展が?!陛下からあるプレゼントを渡されまが、その中身の凄さに驚かされます。

まとめ

今回は漫画『転生した私は小説を書く』98話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

ざっとストーリーをまとめると・・。

転生した私は小説を書くの98話のまとめ
  • 陛下は衛妃との将来を考えて、ある計画を発表します。それは、後宮の在り方を問うもので解体を考えていたのです。
  • 家臣たちは後宮廃止を阻止するために皇后に掛け合いますが、そこには佩晴姫が壁となって受け付けません。
  • 陛下は衛妃との結婚を、今までの宮廷の慣習で挙げようとは考えていません。名を残すような皇妃にしようと考えていました。しかし、影で面白く思っていない小公王の存在もあります。
  • 宮を離れる当日となり、妃たちは各々の選んだ道に進みます。衛妃と過ごした日々を惜しみつつ別れて行きます。

≫≫次回「転生した私は小説を書く」99話はこちら

おすすめ無料漫画アプリ

ピッコマと同じく、面白い漫画を多数配信している漫画アプリを厳選紹介!

マンガMee
マンガmee
公式サイト
  • マンガMeeは、集英社が運営するマンガアプリ。
  • マーガレット・りぼんなど、集英社の少女漫画の最新作や過去作品も多数配信。
  • 面倒な登録不要。
  • ダウンロードはこちら
FODプレミアム
FODプレミアム
公式サイト
  • FODプレミアム会員限定!対象のマンガが読み放題!
  • 青年マンガから少女マンガまで幅広いラインナップ
  • アニメ化作品もあるよ♪
  • ダウンロードはこちら
マンガPark
マンガPark
公式サイト
  • 初回ダウンロード限定:30話分無料で読めるコインを全ての方に配布中!
  • 白泉社の全レーベルが集結!大量のマンガ作品を配信
  • マンガParkでしか読めないオリジナル作品が続々登場!
  • 日常漫画からホラー漫画まで幅広いジャンルが無料で読める!
  • ダウンロードはこちら
マンガがうがう
マンガがうがう
公式サイト
  • 双葉社双葉社発のまんがアプリ!
  • 小説家になろう発の異世界・転生マンガが大集合!
  • 「がうポイント」を使って、毎日無料で読める!
  • 30日間無料で読み返せる!
  • ダウンロードはこちら