悪女は2度生きる ネタバレ79話【ピッコマ漫画】司祭が恐れる悪魔と内通した作物とは

漫画「悪女は2度生きる」原作Mint先生、漫画PEACHBERRY先生の作品で毎週水曜日ピッコマで配信されています

今回は「悪女は2度生きる」79話を読んだので、見どころやネタバレ込みあらすじ、考察予想や読んだ感想をご紹介します。

 

前回のラストシーンは?
オーブリーの亡骸にお詫びに会いに行ったアルティゼアは、姉のメルに会いました。謝罪後、教会を出ようとした時ひとりの司祭に引き留められたのです。

≫≫前話「悪女は2度生きる」78話はこちら

 

▼ピッコマと同じく、こちらの漫画アプリもおすすめ♪

マンガMee

マンガmee
公式サイト

  • マンガMeeは、集英社が運営するマンガアプリ。
  • マーガレット・りぼんなど、集英社の少女漫画の最新作や過去作品も多数配信。
  • 面倒な登録不要。
  • ダウンロードはこちら

悪女は2度生きる79話の注目ポイント&考察予想

多くの犠牲を出している戦争はどのようにして始まったのでしょうか。

オーブリーに会いに行った際に引き留めた司祭は、アルティゼアに何を伝えようとしているのか気になります。

また、カラムの襲撃はどういった意味があるのでしょうか。

 

エブロン大公領だけの秘密でもあるトルド北部での生活についても、少しずつ情報が洩れて来てしまうようです。

アルティゼアが知らない戦争の秘密は、誰が口止めをしているのでしょうか。

注目です。

悪女は2度生きる79話のネタバレ込みあらすじ

司祭の悩み

司祭は無礼を承知だとアルティゼアに申し出ます。

しかし、エブロンの土地の者じゃないのがアルティゼアしかいなく話せる相手がいないというのです。

ここの者は司祭であっても固い絆で結ばれており、重大な問題でもなかった事にされてしまう可能性を危惧しているようでした。

 

曖昧に話す司祭に、アルティゼアはちゃんと話して欲しい旨を伝えます。

司祭は頭を抱えながらある農夫から今回の戦争の理由が、悪魔の作物を栽培しようとしたせいだと密告を受けた事を告げました。

悪魔の作物とはカラムの作物の事です。

 

アルティゼアは大きな問題なのかと疑問を呈します。

司祭は、貧しい農民たちがたまに果実をとったり草を食べている事は知っていた事を伝えました。

さらにはカラムと交易する事も、目を瞑れる事でした。

 

それが、トルド関門の北部で村を作り栽培方法を研究しているのは違うというのです。

司祭は大公家の家臣の誰かが関与していると睨んでいるようでした。

アルティゼアはこの事が外部の人間へと伝わった事は予想外ではないと思っていました。

 

カラムの作物の栽培方法を研究するために作られたのは20世帯以上であり、すでに人口も80人を超えて情報が漏れない方がおかしいのです。

皇室からのスパイも大公領内にいる事は承知しています。

しかし、北部の村に行かない限り作物について知られる事は無いとアルティゼアは考えていました。

 

アルティゼアは話した相手が司祭である事に注目します。

ハンナは関係者たちを統制する事に自信を持っていましたが、信仰心までは誰も抑える事は出来ません。

その事を踏まえても、司祭に話した人はカラムの作物についての情報が機密であるとも思わず話したのだろうと考えたのです。

 

司祭は純粋にカラムの作物は悪魔の作物であり、それを大公家の家臣が作ると言う事は悪魔と内通したと同然だと嘆きました。

そして、戦争もそのせいであり悪魔と内通した事による天罰だと頭を抱えます。

突然カラムがトルドの内部に現れたのもそのせいだと信じている様子でした。

 

アルティゼアは司教に伝えたのか問います。

司祭は、司教もまたこの地域の団結を大切にする方だからとアルティゼアを選んだと伝えました。

どうやって助けて欲しいのかと願いを引き出すアルティゼア。

 

司祭の望みは、本土の大教会にこの事を知らせて欲しいというものでした。

大教会に知られれば、司教も保身のため悪魔と内通した者を許したりはしないだろうと考えているようです。

内通した者も、自分のせいでセドリックが神から見捨てられる事があってはならないと思うだろうと悔い改めるだろうと思っています。

 

アルティゼアは、心から大公領を心配して自分に話して来たのだと感じました。

しかし、この事が本土に知られたらセドリックが責任を取らされ追放されてしまうかもしれないのです。

司祭が話したのが自分で良かったと思いました。

 

アルティゼアは、今すぐには何も答えられない事を伝えます。

万が一セドリックを陥れようとしての作戦だとしたら下手に手を出すべきじゃないと助言しました。

自分も調べてみるからそれまでは秘密にするよう願い出たのです。

戦争の理由

司祭の部屋から出たアルティゼアは、ため息をつきます。

アルフォンス卿の先導で、教会をあとにしました。

アルティゼアは、今回大教会に伝わるのは未遂に終わったが時間の問題だと考えます。

 

うやむやにすれば司祭が別の方法で、大教会に知らせるだろうと思うのでした。

並べられた多くの棺を見ながらまずは戦争の理由を探ろうと決意したのです。

教会から出て来たアルティゼアを、アリスとリシアが迎えました。

 

アリスはアルティゼアの顔色が悪い事を気にします。

アルティゼアは、そんなアリスに告別式が終わったらどんなに遅くなっても構わないからハンナとアガテ子爵を呼ぶよう命じました。

そして、真夜中の3時をまわったのです。

 

アルティゼアの元に、ハンナとアガテ子爵とリシアが集まりました。

トルド関門の状況をアルティゼアが聞き出します。

アガテ子爵が、最後の伝令について報告しました。

 

まだ衝突は怒っていないものの、要塞前に集合している戦士階級のカラムの数が2万を超えているのです。

リシアは戦争が起きる時はさらに多くの数が集まるが、2万も少なくはない数だと助言しました。

アルティゼアは静かに、トルド北部の村が原因で戦争が起きたと聞いた事を伝えます。

 

セドリックがこの事をアルティゼアには隠せといったのか、それともここに居る者が任意で隠しているのかと問うのです。

顔を見合わせているアガテ子爵とハンナ。

それを見たリシアが割って入り擁護します。

 

この状況は分からないけど、セドリックがアルティゼアに本城を任せた事は事実であると伝えました。

その時、謝罪をしながら土下座をした人物がいたのです。

その人物は、村を解体する過程である問題が起きていたと報告したのでした。

悪女は2度生きる79話の感想&次回80話の考察予想

司祭から告げられたのは、以前セドリックから聞いていた北部の村で作られているカラムの作物についてでした。

大公家の中でも知っている者が少ない話題でしたので、司祭にまで伝わってしまうように情報が洩れてきている事に驚きましたね。

リシアがアルティゼアの近くに来た事には関係ないのでしょうか。

 

また、ハンナとアガテ子爵に話を聞いたところある問題が浮上したようです。

その問題はセドリックは知っているのでしょうか。

知っていてアルティゼアには秘密にされていたら、二人の距離感がまた変わってしまいそうです。

問題の真実が明かされる、次回の展開からも目が離せません。

まとめ

今回は漫画『悪女は2度生きる』79話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

ざっとストーリーをまとめると・・。

悪女は2度生きるの79話のまとめ
  • 司祭の元へ機密情報とは知らず、カラムの作物についての密告があった
  • 司祭は自分以外がエブロンの土地の人だから誰にも相談できなかった
  • 純粋にセドリックを心配している司祭だが、望み通りにするとセドリックが追放される可能性があった
  • アルティゼアは戦争の理由となったというカラムの作物について問う事にした
  • 告別式後集められたのは、ハンナとアガテ子爵だった

≫≫次回「悪女は2度生きる」80話はこちら

おすすめ無料漫画アプリ

ピッコマと同じく、面白い漫画を多数配信している漫画アプリを厳選紹介!

マンガMee
マンガmee
公式サイト
  • マンガMeeは、集英社が運営するマンガアプリ。
  • マーガレット・りぼんなど、集英社の少女漫画の最新作や過去作品も多数配信。
  • 面倒な登録不要。
  • ダウンロードはこちら
FODプレミアム
FODプレミアム
公式サイト
  • FODプレミアム会員限定!対象のマンガが読み放題!
  • 青年マンガから少女マンガまで幅広いラインナップ
  • アニメ化作品もあるよ♪
  • ダウンロードはこちら
マンガPark
マンガPark
公式サイト
  • 初回ダウンロード限定:30話分無料で読めるコインを全ての方に配布中!
  • 白泉社の全レーベルが集結!大量のマンガ作品を配信
  • マンガParkでしか読めないオリジナル作品が続々登場!
  • 日常漫画からホラー漫画まで幅広いジャンルが無料で読める!
  • ダウンロードはこちら
マンガがうがう
マンガがうがう
公式サイト
  • 双葉社双葉社発のまんがアプリ!
  • 小説家になろう発の異世界・転生マンガが大集合!
  • 「がうポイント」を使って、毎日無料で読める!
  • 30日間無料で読み返せる!
  • ダウンロードはこちら