廃妃に転生した私は小説を書く ネタバレ97話【ピッコマ漫画】影の大物 月妃罰される!

漫画廃妃に転生した私は小説を書くは原作GUWO先生、漫画BEIBEI先生の作品でピッコクで配信されています。

今回は「廃妃に転生した私は小説を書く」97話を読んだので、見どころやネタバレ込みあらすじ、考察予想や読んだ感想をご紹介します。

 

前回のラストシーンは?
前回96話では・・。翠翹事件の謎が解明されます。佩晴が詫びに来た際に、触って読める本を贈られて翠翹の情報を話して。事件の裏で月妃と小公王が、関与して。街中では噺家が、翠翹事件を明らかにして・・?!

≫≫前話「廃妃に転生した私は小説を書く」96話はこちら

 

▼ピッコマと同じく、こちらの漫画アプリもおすすめ♪

マンガMee

マンガmee
公式サイト

  • マンガMeeは、集英社が運営するマンガアプリ。
  • マーガレット・りぼんなど、集英社の少女漫画の最新作や過去作品も多数配信。
  • 面倒な登録不要。
  • ダウンロードはこちら

廃妃に転生した私は小説を書く97話の注目ポイント&考察予想

月妃の敵は、衛皇貴妃ただ1人。

陛下の寵愛を皇貴妃から奪い取りたいと思っていました。

月曼金と結託して、翠翹事件を計画して軽貴人を騙して妹の翠翹まで始末したのです。

 

何も知らずに軽貴人は、月妃の計画に乗って衛皇貴妃を騙しました。

しかし、妹が月妃によって始末されたと分かり、妃に恨みを晴らして自決したのです。

衛皇貴妃は、月妃がこの世を去ったと蕊沁に伝えて安堵と共に涙しました。

 

その様子を四全が、陛下に伝えて妃の元に急きます。

陛下が1番大事に想いを寄せているのは、衛皇貴妃だけで・・。

蕊沁のような武闘派の雲壌を身辺警護に当たらせることにしました。

それは、決して蕊沁の役割を果たせる者ではありません。

廃妃に転生した私は小説を書く97話のネタバレ込みあらすじ

報いの刃・・

真夜中の花顔宮では、月妃が最後の時を迎えようと・・。

血まみれで逃げ惑う月妃の側には、短刀をかざした軽貴人が迫ります。

軽貴人は、月妃に騙されて皇貴妃を罠に掛けました。

 

しかし、その月妃に妹を始末されたと知り仇討を図る軽貴人。

逃げる月妃を助ける者は、誰もいません。

月妃にとどめを刺して、軽貴人も自ら果てることに・・。

 

数日後、月妃が亡くなったと知らせが入ります。

月妃の姿は見る影もないほど変わり果てていたようで・・。

軽貴人も命を落としたと報告する花涼は、その事件の恐ろしさで震えが止まりません。

花涼の様子を心配して、自分たちには雪豹も居るので恐れることはないと慰める皇貴妃。

蕊沁への報告・・

皇貴妃は、焼け落ちた停翠院にやって来ました。

ここは蕊沁が始末された場所で、焼け落ちてから修復せずにそのままの姿を留めていたのです。

皇貴妃は蕊沁に、月妃があの世に行ったと知らせて少しは無念が晴れたのかと思いを巡らせて・・。

 

自分もあの世に行ったことがあるけれど、今はこうしてここにいる・・。

蕊沁も何処かに居ると思うだけで、心が落ち着くと涙を流す皇貴妃。

そして、四全に屋敷の後片付けを依頼するように命じました。

大事を告げる四全家令・・

宮中では四全家令が、事件を知らせるために駆けつけました。

それは、皇帝にとって大事中の大事件だったのです。

皇帝は四全の知らせを聞いて、動じることはありません。

 

しかし、皇貴妃が涙を流したと聞いて、政務を投げ出して僅心院に駆けつけます。

皇帝にとって、1番大事なことは皇貴妃が辛い思いをすることでした。

2人で点心を楽しんでいると皇帝が、皇貴妃の分まで食べて怒らしてしまいます。

 

その代わりに、ある者を差し出しました。

現れたのは、皇帝の精鋭集団の一員である雲嬢だったのです。

皇帝は、蕊沁を忍んで泣いていたと聞いて雲壌が適任と思ったのでしょう。

 

しかし、蕊沁の代役にはなれません。

どうやら、月曼金に雲壌の素性がバレて今まで通りに働くことができなくなったようです。

皇貴妃は、雲壌を預かることを決めました。

 

月曼金が、何時襲って来るかも知れません。

雲壌とテンテンが、居れば安心ですね。

廃妃に転生した私は小説を書く97話の感想&次回98話の考察予想

今回のお話しは、どれだけ蕊沁を大切に思っていたのかが分かるお話しだったと思います。

月妃の陰謀の犠牲となって命を落とした蕊沁への気持ちが、良く伝わってきました。

皇貴妃は、蕊沁の死が誰の手によって奪われたのかずっと考えていたのでしょう。

 

妃を貶める為の犠牲になったことが、どれだけ悔しく思っていたのか痛いほど伝わってきて胸が苦しくて涙がこぼれてしまいました。

月妃の死を知らせて、どこかで生きていると信じて空を見上げて泣いている場面は・・。

蕊沁も喜んでいると感じながらも寂しい気持ちになっていたのではないでしょう。

 

皇貴妃の中では、蕊沁は生きているのだと感じました。

そんな皇貴妃の心を察して、蕊沁に代わる雲壌を使わせたのでしょう。

それも、陛下の愛情の現れですね。

 

さて次回は、月妃も居なくなり翠翹事件も解決して何も問題ないと考えられていますが、陛下がこれから未来に繋ぐことを計画しているような気配が?!

その計画は、皇貴妃の未来に大きく影響しそうな感じがしています。

まとめ

今回は漫画『廃妃に転生した私は小説を書く』97話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

ざっとストーリーをまとめると・・。

廃妃に転生した私は小説を書くの97話のまとめ
  • 軽貴人は月妃に騙されて、妹までも始末されたと復讐の刃を突き立てます。その恨みは、怒りに代わって月妃を焼き裂きにして軽貴人自身も果てました。
  • 焼け落ちた停翆院に、月妃の末路を在りし日の蕊沁に告げます。皇貴妃は、自分も転生しているし蕊沁もこの空の下で違った道を歩んでいるので想像して涙を・・。
  • 宮廷内では四全が、皇貴妃が泣いていると陛下に報告します。その知らせを聞いて、皇貴妃の元に急いで妃を慰めて女性で武芸達者な雲壌を使えさせます。

≫≫次回「廃妃に転生した私は小説を書く」98話はこちら

おすすめ無料漫画アプリ

ピッコマと同じく、面白い漫画を多数配信している漫画アプリを厳選紹介!

マンガMee
マンガmee
公式サイト
  • マンガMeeは、集英社が運営するマンガアプリ。
  • マーガレット・りぼんなど、集英社の少女漫画の最新作や過去作品も多数配信。
  • 面倒な登録不要。
  • ダウンロードはこちら
FODプレミアム
FODプレミアム
公式サイト
  • FODプレミアム会員限定!対象のマンガが読み放題!
  • 青年マンガから少女マンガまで幅広いラインナップ
  • アニメ化作品もあるよ♪
  • ダウンロードはこちら
マンガPark
マンガPark
公式サイト
  • 初回ダウンロード限定:30話分無料で読めるコインを全ての方に配布中!
  • 白泉社の全レーベルが集結!大量のマンガ作品を配信
  • マンガParkでしか読めないオリジナル作品が続々登場!
  • 日常漫画からホラー漫画まで幅広いジャンルが無料で読める!
  • ダウンロードはこちら
マンガがうがう
マンガがうがう
公式サイト
  • 双葉社双葉社発のまんがアプリ!
  • 小説家になろう発の異世界・転生マンガが大集合!
  • 「がうポイント」を使って、毎日無料で読める!
  • 30日間無料で読み返せる!
  • ダウンロードはこちら