韓国語略訳|悪女のペット94話先読みネタバレ!ヨハネスの元へ向かうペイン、権力闘争での勝利を促すアース

漫画悪女のペット」94話の原作/韓国版の小説を先読みして読んだので、あらすじ&ネタバレをご紹介します。

 

≫≫前話をご覧になっていない方はこちら

≫≫日本語版のネタバレはこちら

悪女のペット94話【原作】韓国版のあらすじ込みネタバレ

アトランタを愛し、命を懸けて守ってきたペインに対して、ひどい仕打ちをする皇室。

ペインがついに動きます。

ペインの決意、投獄と権力闘争

ペインを連行しようとする騎士たちを止めに入るリリス。

騎士は、リリスには関係ないと制止します。

覚悟を決めたペインは、ここで剣を抜きます

 

ペインにはヨハネス行動が不可解です。

皇帝毒殺の捜査を指揮していたペインが、いきなり犯人なることは、今までの捜査が無駄になるということ。

そもそも、疑っていたのであれば、捜査の指揮を任せないはずです。

 

捜査の結果、証拠が出なかったので、罪を擦り付けているようにも見えます。

そしてペインは、その場に自分を信じている者は誰一人いないと感じているのでした。

そこで、アースが動き出します。

 

アンジェラを騎士に任せたアースは、ペインにアンジェラと侍女たちに対する処罰を任せてほしいと提案します。

処罰が下ると思っていない侍女たちは、ペインの顔色を窺いますが、ペインはアースに全てを任せるのでした。

そして、アンジェラと侍女たちは牢屋へと連れていかれ、ヨハネスの元にはアースがついていくことになりました。

 

アースを心配する騎士たちですが、アースはペインへの失言を指摘します。

みんな、ペインをナメすぎですね。

アンジェラはリリスを罵り、侍女たちは許しを請いながら牢屋へと連行されていきました。

 

リリスは、アンジェラがいなくなったことにホッとしながらも、あっけなく終わって虚しさも感じていました。

ヨハネスの元に向かう前に、アースはペインに忠告をします。

皇宮では身分と権力がすべてなので、アースの提案を再考して権力闘争に参加するべきだと。

 

いざ、ヨハネスの元へと歩き出したところに、シャシャとカリーナ、アベスタが到着しました。

シャシャからのお願いで駆け付けたカリーナとアベスタは自体が収束しているようで、拍子抜けです。

アースは、そんな二人をヨハネスの元へ誘うのでした。

フェリラの復讐と信じ込む皇后

皇后は、今回の事件のショックが大きすぎる様子です。

皇帝が助からないかもしれないという状況で、皇后は、フェリラの子であるペインが毒を盛ったのだと信じ込んでいました。

フェリラが自分を毒殺しようとして死んだ復讐のためだと。

 

皇后が不安定な状態な中、ヨハネスはアースやレベッカがこういう時に皇后をフォローすべきだと考えていました。

やはり指導者としてはダメですね。

そして、ペインたちが到着しました。

悪女のペット94話の読んだ感想

ついにペインとヨハネスが対峙します。

しかし、フェリラの復讐と言っていますが、フェリラをその気にさせた皇帝も悪いし、復讐される理由充分にありますよね。

そして、戦争ばかりさせたくせに、良くしてやった恩を忘れたなんでよく言えたもんですね。

 

覚悟を決めたペインは、権力闘争に参加するのでしょうか?

そして、権力を勝ち取るのでしょうか?

まとめ

今回は漫画『悪女のペット』94話の原作/韓国版の小説を先読みお届けしました。

当サイトではピッコマ漫画の通常/日本語版のネタバレもご紹介していますので、そちらもぜひ読んでみてください。

 

≫≫次回「悪女のペット」95話はこちら