韓国語略訳|公爵夫人の50のお茶レシピ128話先読みネタバレ!アーサーへの手紙、そして、幸せなバーデンベルク夫妻

漫画公爵夫人の50のお茶レシピ128話の原作/韓国版の小説を先読みして読んだので、あらすじ&ネタバレをご紹介します。

 

≫≫前話をご覧になっていない方はこちら

≫≫日本語版のネタバレはこちら

公爵夫人の50のお茶レシピ128話【原作】韓国版のあらすじ込みネタバレ

クロエの努力が実り、CTC紅茶が爆発的に売れ出した頃、アーサーは流刑として温国に旅立ったのでした。

アーサーとクロエの手紙

帝国を出発したアーサーは、船の上でクロエに宛てた手紙のことを考えます。

本来会って謝罪すべきですが、色んな感情が入り交じり、謝罪の手紙を送っていたのです。

今朝呼んでもらえればと思っていたアーサーに、昨夜届いたはずの手紙に対する返信が届いたのでした。

 

手紙を受け取ったアーサーは、読んでいいものか迷います。

しかし、クロエの気持ちを受け取るべきだと封を開けるのでした。

アーサーの健康を気遣う挨拶から始まった手紙には、アーサーの心のこもった手紙に対する感謝の言葉、そして、また笑顔で会えることを願うクロエの優しすぎる気持ちが込められていました。

バーデンベルク公爵夫妻

長かった冬も終わり、春が訪れました。

二人でティータイムを楽しむクロエとアルフォンス。

クロエは、新しいお茶の研究、本店と分店の経営に大忙しの様子です。

 

人を雇用して仕事を任せることを薦めるアルフォンスですが、ヨジンくらい仕事ができる人間を雇用できるか心配で、クロエは踏み出せない様子です。

仕事の話をごまかすように、クロエは今年のダージリンファーストフラッシュの話をします。

今年の味を楽しみにする様子を見ながら、アルフォンスはプランドール女王からの手紙の話を切り出します。

 

プランドール女王は、引き続きクロエを引き抜こうと手紙を送っていたのですね!

クロエは、女王の気持ちに感謝しながらも、まだまだ自分がやれること、飲んでみたいお茶、皆に勧めたい紅茶があるので、帝国でやれることをやりたい様子です。

アルフォンスはそんなクロエが愛おしくて、クロエがどんな決断をしてもついていく決心なのでした。

 

同時に、クロエが無理をしすぎないように心配するアルフォンス。

ダンスを続けていることもあり、最近クロエは体力がついてきたそうです。

それは、アルフォンスも十分実感してました。

 

クロエは、実は休む方法がわからないと悩んでいました。

そこで、アルフォンスはCTC事業の成功を祝う意味も込めて旅行に行くことを提案します。

そう、バラド王国のダージリンへの旅行です。

 

クロエが行きたい場所を覚えていたアルフォンス、素晴らしいですね!

茶畑に言ったことがないクロエは、ダージリンの茶畑に行くことが嬉しくてたまらない様子です。

そして、この感謝の気持ちをキスで表すクロエ。

二人は、何度も唇を重ねて、舌を絡め合いながら、幸せをかみしめるのでした。

公爵夫人の50のお茶レシピ128話の読んだ感想

公爵夫人の50のお茶レシピ、遂に完結です!

転生したクロエが、人を想う気持ちとお茶の知識で少しずつ幸せを掴んでいくストーリーが面白かったですね!

クロエとアルフォンスが幸せな生涯を送ること、そして、アーサーが立派な皇帝になることを願います。

まとめ

今回は漫画『公爵夫人の50のお茶レシピ』128話の原作/韓国版の小説を先読みお届けしました。

当サイトではピッコマ漫画の通常/日本語版のネタバレもご紹介していますので、そちらもぜひ読んでみてください。