韓国語略訳|公爵夫人の50のお茶レシピ127話先読みネタバレ!クロエの想いはみんなに伝わり、CTC紅茶がメガヒット!

漫画公爵夫人の50のお茶レシピ127話の原作/韓国版の小説を先読みして読んだので、あらすじ&ネタバレをご紹介します。

 

≫≫前話をご覧になっていない方はこちら

≫≫日本語版のネタバレはこちら

公爵夫人の50のお茶レシピ127話【原作】韓国版のあらすじ込みネタバレ

アルフォンスとクロエのジン中毒対策が明るみとなり、アーサーは流刑へ。

帝国中で大きな噂となっています。

新聞に取り上げられたクロエ

巷では、安価な紅茶を開発したもの、紅茶店の社長も、実はクロエだったという噂が、まことしやかに広まっていました。

すぐに、新聞にも取り上げられるそうです。

その噂は、クロエが優しい人間だという噂になり、クロエとかかわる人たちからのクロエの評判が広がります。

 

侍女に対する待遇が素晴らしい、壊血病の治療法を発見したなど、良いうわさでもちきりです。

クロエのやさしさが積み重なった結果ですね!

ついには、人気週刊誌での特集にもなります。

 

そこには、庶民の健康のためにCTC工法を使って安い茶葉を開発したことや正体を隠して全てを行っていたことなどが掲載されていました。

新聞にまで載ってしまい、おおごとになったことに、不安を隠せないクロエ。

しかも、新聞には今回のことだけではなく、アルフォンスがパーティーの席でクロエに対する愛を語ったことなど、かなりの情報量がります。

 

フォートナムは、記事を読んで、内容がいいので心配ないとクロエを励まします。

しかし、クロエは、自分が関わっていることで紅茶を買いにくくなるのではないかと心配でなりません。

こういう時に、励ましてくれる友がフォートナムです。

 

CTC工法を開発した想いは、必ず伝わるとクロエの手を取ります。

紅茶の売り上げに新聞記事が影響しないと賭けを提案するフォートナム。

賭けるなど言わなかった貴族が、こんな提案をするなんて、クロエがたまに使った言葉が、伝染しているようです。

そんなフォートナムの姿にクロエは元気付けられました。

CTC紅茶のメガヒット

クロエとフォートナムが話していると、突然ヨジンがやってきました。

ヨジンは、焦っている様子です。

そして、CTC紅茶が供給が間に合わないほど爆発的に売れていることを伝えるのでした。

 

思わぬ報告に驚きを隠せないクロエ。

新聞記事が販売量に大きく影響しているようです。

クロエの心配をよそに、思わぬ反響があり、クロエは涙を流します。

 

これも全て、クロエが積み重ねてきた活動の結果です。

庶民的で思いやりのある公爵夫人だと庶民が認めてくれたのでしょう。

これには、フォートナムも大喜びです!

 

2人は本当に仲良しですね!

自分の意図が庶民に伝わり、その嬉しさを分かち合える親友がいる幸せを改めて噛み締めるクロエ。

CTC紅茶はその後もどんどん売り上げを伸ばし、その影響で安く買えるボーンチャイナも売り上げを伸ばしていくのでした。

クロエはCTC生産設備を拡大、発展させて行くのでした。

アーサーの旅立ち

その頃、温の国へと出発するアーサーを皇帝が見送りにきていました。

アーサーは、体が悪い中でも見送りに来てくれたことに、複雑な心境です。

皇帝は、しっかりと反省をして学び、立派な人間となることを伝え、アーサーを強く抱きしめます。

 

皇帝も一人の父親ですね。

アーサーは、色んな思いを胸に、温の国へ旅立つのでした。

公爵夫人の50のお茶レシピ127話の読んだ感想

クロエが庶民たちのためにしてきたことが、一気に実を結んで目に見える形で表現された感じですね!

庶民の反応に幸せを感じるクロエが素敵です。

そして、アーサーが立派な人間となって戻ってくることを願います!

まとめ

今回は漫画『公爵夫人の50のお茶レシピ』127話の原作/韓国版の小説を先読みお届けしました。

当サイトではピッコマ漫画の通常/日本語版のネタバレもご紹介していますので、そちらもぜひ読んでみてください。

 

≫≫次回「公爵夫人の50のお茶レシピ」128話はこちら