私を突き刺す棘 ネタバレ40話【漫画】明澄とカリスは再び神殿へ!?今も増え続けるメノックの原因とは一体?

漫画私を突き刺す棘は原作macherie先生、漫画piggyback先生の作品でピッコマで配信されています。

今回は「私を突き刺す棘」40話を読んだので、見どころやネタバレ込みあらすじ、考察予想や読んだ感想をご紹介します。

 

前回のラストシーンは?
クロードと森で出会った明澄。クロードは「カリスと行動をともにする方が危険かもな」と明澄を脅します。そしてクロードは「カリスではなく自分を選べ」と明澄に持ちかけ、明澄を助けてやってもいいと言うのでした。

≫≫前話「私を突き刺す棘」39話はこちら

 

▼ピッコマと同じく、こちらの漫画アプリもおすすめ♪

マンガMee

マンガmee
公式サイト

  • マンガMeeは、集英社が運営するマンガアプリ。
  • マーガレット・りぼんなど、集英社の少女漫画の最新作や過去作品も多数配信。
  • 面倒な登録不要。
  • ダウンロードはこちら

私を突き刺す棘40話の注目ポイント&考察予想

クロードの話す条件とは?

明澄にカリスと共にいるほうが危険かもと恐怖心を煽ろうとするクロード。

クロードがそもそも森にいた理由は、カルロスに指示されたせいでしたが、それが結果的に明澄を危険にさらします。

 

クロードは相変わらずの下心だらけの様子ですが、明澄を助けてやると話しました。

クロードのことですからおそらく「明澄の体」を求めてくるのでしょうが、そもそもどうやって助けるつもりなのでしょうか。

 

明澄はクロードから逃げ切ることができるのか、そしてカリスは明澄の危機に気づくのでしょうか。

怒涛の展開に注目です!

私を突き刺す棘40話のネタバレ込みあらすじ

汚れた存在

明澄は「どうせロクでもないことでしょう」と思いつつも、クロードの提案を聴いてみることにしました。

 

明澄がどうするつもりなのか尋ねると、クロードの提案はやはり「おれと寝ろ」というものでした。

クロードは「簡単なことだろ」と言いますが、明澄は「やっぱりそんなこと」と思います。

 

明澄は「私を地獄に落としたあなたに誰がついていくものか」と拒否します。

クロードは明澄に近づき、「お前に選択肢なんかない」と迫って来るのです。

 

明澄は身の危険を感じますが、クロードは「おれの提案を断るバカに優しくしてやる必要はない」と明澄の腕を掴みました。

クロードが「異邦人がみんな消えたせいでこっちは大変な思いをしてるんだ」と話していると、カリスが現れてクロードを殴りつけるのでした。

 

カリスは「あの時逃がさなければ」と怒りをぶつけますが、クロードは「どうせお前も女を抱きたかったんだろ」といやらしく笑います。

カリスは「聖騎士のくせに恥を知れ」と怒りますが、クロードは笑って「聖騎士をやめようとしたやつにそんなこと言われるとはな」と乾いた笑みを浮かべます。

 

クロードも怒りをにじませて「おれが好きでこんなところにいると思うか」とカリスに言い放ちました。

クロードはなおも言葉を続け、「おれが汚れていて、お前が汚れていないっていうなら確認してみればいい」と転移魔法を使うのでした。

 

カリスは急いで明澄だけでも転移の範囲から避難させようと押し出します。

しかしあと少しのところで間に合わないのでした。

転移先で待っていた人物

神殿ではヘイローと大主教が話をしていました。

大主教はヘイローの様子に違和感を覚え、「今日は随分の考え事が多いですね」とヘイローに声を掛けます。

 

ヘイローは慌てて取り繕いますが、大主教は「気にするな」と言います。

そして本来厳罰に処すべきカルロスのことでもヘイローが動いていたことを指摘しました。

 

大主教はさらにヘイローに尋ねていきますが、話はメノックのことに移ります。

大主教によると教皇が亡くなったことでメノックは減るはずでしたが、今もなお増えているというのです。

 

大主教は騎士団の力なしでメノックは倒せないとして、騎士団長であるカリスなくしては対抗できないと話します。

 

ヘイローは「カリスは今も行方不明です」といい、別の騎士団に働きかけることも提案します。

すると大主教はヘイローに「カリスを見つけたことを隠す必要はない」と指摘しました。

 

ヘイローは焦りますが、大主教は「ブラックキャッスルで目撃情報があった」と言い、「彼に関する必要な情報を教えませんでしたね」と語りかけます。

大主教はカリスとヘイローが親友であることはわかっているから、と責めることはありませんでした。

 

しかし「メノックの発生原因が別にあることを考えるなら、カリスの力が必ず必要」と言ってカリスが戻りやすいよう便宜を図ることをヘイローに伝えるのです。

 

2人が会話をしていると突然、目の前で転移魔法が発動します。

現れたのは明澄、カリス、クロードの3人でした。

 

大主教は「いきなり探していた人物が現れるとは何事でしょうね」と冷静につぶやくのでした。

私を突き刺す棘40話の感想&次回41話の考察予想

クロードの提案は思ったとおり、明澄の体でした。

当然断る明澄でしたが、クロードはいつものように強引な手段で迫ります。

 

そこに現れたカリス。

やはり頼りになるカリスですが、今回はクロードにも思うところがあるようです。

 

これまでのクロードの言動からしても、カリスは自分の劣等感を助長する憎悪の対象ですから、カリスから聖騎士について語られることはクロードにも許容できないのでした。

 

クロードはまたしても転移魔法を使いますが、今回はカリスと明澄も巻き込むことになりました。

明澄とカリスが転移したのは神殿で、カリスを探している大主教の目の前に転移してしまいました。

 

さすがのカリスもこれでは逃げられないでしょうが、それよりも心配なのは明澄の立場ですね。

クロードは異邦人が全員消えたと話していたので、明澄は生きている異邦人としては唯一の存在です。

 

明澄がメノックの重要な情報を持っていると同時に、メノックになる可能性のある危険人物として見られてもおかしくありません

 

他に気になるのは、ヘイローがあまりにも大主教に従順な態度を取っている点です。

大主教にはメノックを滅ぼすために、カリスを呼び戻したいという目的もありますが、なにやらそれだけではない何かがありそうです。

 

教皇が亡くなったにも関わらずメノックが増えているということは、誰かがダークホールを開いていると考えるのが自然でしょう。

 

騎士団は別としても、神殿やクロードのような一部の聖騎士には油断ならない相手もいますから、誰が敵なのかはっきりしませんね。

 

神殿に再び訪れることになった明澄とカリスですが、神殿では一体何が起きるのでしょうか。

次回の展開にも期待しましょう!

まとめ

今回は漫画『私を突き刺す棘』40話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

ざっとストーリーをまとめると・・。

私を突き刺す棘の40話のまとめ
  • クロードは明澄にまたしても無理やり迫ろうとする。
  • カリスに止められたクロードだったが、明澄も巻き込んで3人で転移する。
  • 教皇の死後もメノックは増え続けており、対抗できるのはカリスを団長とする騎士団しかいない。

≫≫次回「私を突き刺す棘」41話はこちら

おすすめ無料漫画アプリ

ピッコマと同じく、面白い漫画を多数配信している漫画アプリを厳選紹介!

マンガMee
マンガmee
公式サイト
  • マンガMeeは、集英社が運営するマンガアプリ。
  • マーガレット・りぼんなど、集英社の少女漫画の最新作や過去作品も多数配信。
  • 面倒な登録不要。
  • ダウンロードはこちら
FODプレミアム
FODプレミアム
公式サイト
  • FODプレミアム会員限定!対象のマンガが読み放題!
  • 青年マンガから少女マンガまで幅広いラインナップ
  • アニメ化作品もあるよ♪
  • ダウンロードはこちら
マンガPark
マンガPark
公式サイト
  • 初回ダウンロード限定:30話分無料で読めるコインを全ての方に配布中!
  • 白泉社の全レーベルが集結!大量のマンガ作品を配信
  • マンガParkでしか読めないオリジナル作品が続々登場!
  • 日常漫画からホラー漫画まで幅広いジャンルが無料で読める!
  • ダウンロードはこちら
マンガがうがう
マンガがうがう
公式サイト
  • 双葉社双葉社発のまんがアプリ!
  • 小説家になろう発の異世界・転生マンガが大集合!
  • 「がうポイント」を使って、毎日無料で読める!
  • 30日間無料で読み返せる!
  • ダウンロードはこちら
Pixco | ピクコ
Pixco | ピクコ
公式サイト
  • オリジナル漫画を誰でも作れる完全無料の漫画アプリ
  • 人気のある漫画を一瞬で探せます。
  • スキマ時間に漫画が読める
  • ダウンロードはこちら