実は私が本物だった ネタバレ28話|ピッコマ漫画|キイラは唯一の精霊士、ジョアンナ・パルビスに会うことを決める!

漫画実は私が本物だったは原作March先生、漫画yuun先生の作品でピッコマで配信されています。

今回は「実は私が本物だった」28話を読んだので、見どころやネタバレ込みあらすじ、考察予想や読んだ感想をご紹介します。

 

前回のラストシーンは?
キイラがサロンに来ることに反発を見せるアラベラ皇女でした。パルビス大公はキイラが皇女のサロンに出席すると報告を受け、「私が直接キイラと話そう」とどうしたらよいのか頭を悩ませていました。

≫≫前話「実は私が本物だった」27話はこちら

 

実は私が本物だった28話の注目ポイント&考察予想

パルビス大公の本心は?

キイラがエディンバラ侯爵会ったことやエイデンと決別したことには安心を見せたパルビス大公。

しかし皇女のサロンに出席すると聴き、「まだ続けるのか」とキイラの本心が見えずに悩みます。

 

執事のロバートは「素直に自分の気持ちを話せばいいのに」と思いますが、口出しはしませんでしたね。

キイラがこれからどうしたいのか、大公はどうしたいのか、お互いに本音で語らない親子の会話はどうなっていくのでしょうか。

きっかけがない限りずっとこのままな気がする親子ですが、今回が本音で話す機会になるのでしょうか。

実は私が本物だった28話のネタバレ込みあらすじ

大伯母も精霊士

キイラは屋敷のテラスで精霊について考え事をしていました。

過去に戻ってから既に2週間が経過し、死ぬ前にみた精霊が一体なんなのか調べ続けていましたが、有力な手がかりはありません。

 

一般人が精霊をみたケースも報告がなく、現状でとれる手段は1つしかないとキイラは考えました。

帝国に現存する唯一の精霊士であり、大伯母であるジョアンナ・パルビスに会うことです。

 

ジョアンナはキイラが子どもの頃から、精霊士について教え、精霊士だけが入れる場所へも連れて行ってくれました。

そしてキイラにとって大事な手がかりとなるであろうベアトリーチェの精霊石、それをもう一度見せてもらおうと考えるのでした。

 

しかし会いに行こうにもジョアンナの居場所は秘密で、連絡をとれるのは皇帝とパルビス大公のみ。

キイラは「大公にお願いするのは嫌だな」と悩んでいました。

 

するとキイラにロバートが声をかけてきます。

ロバートは「大公が心配している」と話し、キイラは「あの人が?」と怪しいと感じました。

ロバートによると「先日のパーティーや、皇女のサロンに出席すると聞いて」といい、キイラは「中立性のことが心配なのね」と納得します。

噛み合わない2人

ロバートの案内で大公のもとへ向かうと、部屋から侍女が数人出てきました。

キイラを迎える大公の部屋にはケーキが並べられており、キイラが「閣下がケーキを用意したの」と疑問に感じます。

 

キイラから見てても大公はどこか緊張した様子でした。

大公はおもむろに「結婚相手を探すのはどうなった」と尋ねますが、キイラの返答を聞いて「うまくいかなかったのだな」と言います。

 

キイラは「次は必ずうまくやります」と勢いよく言うので、大公は「まさか本当に結婚したいのか?」と勘ぐります。

しかし「パルビス家の当主である以上、他の父親のようには振舞ってはいけない」と詮索しないことにしました

 

あくまで「パルビス家にマイナスにならないように対処させよう」と考えた大公。

結局キイラには「好きにしなさい」とだけ言うのでした。

 

今度はキイラが「大伯母様はどうしていますか」と大公に尋ねます。

大公は「最近体調が良くない」と答えると、キイラは「連絡をしたいのですが」と大公に頼みました。

 

大公は「キイラが行けば喜ぶだろう」といい、キイラは翌週に訪問することを決めます

日時が決まったらロバートを通して連絡してほしいことだけ言い残し、キイラは部屋を去ります。

 

去り際、キイラは大公の様子を一瞬だけみやりました。

大公の表情はどこか不満げで、キイラは「中立性を疑われるのが嫌なのだろう」と考えていました。

 

昔から中立性を重んじていた大公は、権力欲が強いエディンバラ侯爵と会うことも嫌がっていたからです。

そしてキイラは祖父が何か隠していることを確信し、それが重要な鍵になるであろうと考えるのでした。

実は私が本物だった28話の感想&次回29話の考察予想

帝国にはほかにも精霊士がいたようですね。

キイラの大伯母にあたるジョアンナ・パルビス。

 

国内でも特別な扱いを受けているようで、連絡を取れる人物も限られるほどの重要人物でした。

ジョアンナが精霊士だとすれば、キイラの抱く疑問にも答えることができるかもしれません。

 

精霊士であるジョアンナなら、コゼットの召喚した何かについても精霊か否か知っているはずです。

そしてジョアンナと連絡を取るためにも大公と話す必要がありました。

 

大公と話すキイラですが、相変わらず仲良くなるつもりは無いようです。

一方の大公は、これまでキイラに対して興味を示さなかった理由が少し明らかになってきました。

 

パルビス家の当主として子どもに対しても中立な立場を維持しようとしていたようです。

しかしそのせいで前世のキイラは大公に殺されることになっていました。

 

今の大公の考え方が変わらない限り、キイラも大公に心を開くことはないでしょう。

大公が父親としてキイラと笑い合える日は来るのでしょうか。

 

ジョアンナと会うことが、キイラの態度を軟化させるきっかけになることを期待したいですね。

ジョアンナとの面会の前にアラベラ皇女のサロンもあるはずですから、そちらも非常に気になります。

キイラはアラベラの誤解を解いて、仲良くなることができるのか期待しましょう!

まとめ

今回は漫画『実は私が本物だった』28話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

ざっとストーリーをまとめると・・。

実は私が本物だったの28話のまとめ
  • キイラが転生してから2週間、精霊に関する情報は全く進展がなかった。
  • 大公はキイラをもてなす準備をしていたが、キイラも大公もお互い歩み寄る姿勢は見せなかった。
  • キイラはジョアンナに会う予定を作る。

≫≫次回「実は私が本物だった」29話はこちら

おすすめ無料漫画アプリ

おすすめ無料漫画アプリ

ピッコマと同じく、面白い漫画を多数配信している漫画アプリを厳選紹介!

マンガMee
マンガmee
公式サイト
  • マンガMeeは、集英社が運営するマンガアプリ。
  • マーガレット・りぼんなど、集英社の少女漫画の最新作や過去作品も多数配信。
  • 面倒な登録不要。
  • ダウンロードはこちら
マンガPark
マンガPark
公式サイト
  • 初回ダウンロード限定:30話分無料で読めるコインを全ての方に配布中!
  • 白泉社の全レーベルが集結!大量のマンガ作品を配信
  • マンガParkでしか読めないオリジナル作品が続々登場!
  • 日常漫画からホラー漫画まで幅広いジャンルが無料で読める!
  • ダウンロードはこちら
マンガがうがう
マンガがうがう
公式サイト
  • 双葉社双葉社発のまんがアプリ!
  • 小説家になろう発の異世界・転生マンガが大集合!
  • 「がうポイント」を使って、毎日無料で読める!
  • 30日間無料で読み返せる!
  • ダウンロードはこちら

おすすめ電子書籍サービス

まんが王国

まんが王国

公式サイト

  • 登録無料&クレカがなくてもOK!
  • 電子書籍サイトで業界最大級
  • 毎日最大50%ポイント還元!
  • 1巻無料からそれ以上も♪じっくり試し読みできる!
  • 無料トライアル31日間!
  • 初回31日間は月額2,189円(税込)が無料!おまけに登録時に600円分のポイントが貰え、さらに継続すると1200円分のポイントが毎月もらえる。
  • 無料期間中は解約してもお金はかからないので初めやすい♪

ebookjapan

ebookjapan

公式サイト

  • 登録時に6回まで使える50%OFFクーポンが貰えます!クーポンの上限金額は500円なので、1000円購入したら500円引きに!
  • 約50万冊が漫画作品を取り揃えてる♪
  • 半額キャンペーンなどセールも定期的に行われているので漫画がお得に読めるチャンスが何度も♪