悪女の定義 ネタバレ144話(ピッコマ漫画)シャティ誘拐事件の真相が明らかに!エスターはレオフリドの密偵だった!?

漫画悪女の定義は原作HÆON先生Yuns先生、漫画Min(REDICE STUDIO)先生の作品でピッコマで配信されています。

今回は「悪女の定義」144話を読んだので、見どころやネタバレ込みあらすじ、考察予想や読んだ感想をご紹介します。

 

前回のラストシーンは?
アイリーンが一人目の客だと言った相手はセオフェル伯爵でした。あわやというときレオフリドが駆けつけます。薬をかがされ体を動かすこともできないシャティに、レオフリドは女神の祝福を与えると言って口づけをしました。

≫≫前話「悪女の定義」143話はこちら

 

悪女の定義144話の注目ポイント&考察予想

シャティ誘拐事件の真相が明らかになりました。

 

やはり黒幕はマルケル侯爵。

シャティを皇后にするのを阻止しようとしたのですが、すでに次のレジーナまで用意してあったようです。

 

落ち着きを取り戻したシャティは、どうしてレオフリドは監禁場所が分かったのだろうと疑問に思いました。

その真相は…。

悪女の定義144話のネタバレ込みあらすじ

レオフリドから女神の祝福を受けたシャティは、心地よい温もりに包まれ眠りに落ちていきました。

シャティ誘拐事件の真相

レオフリドが引き連れてきた騎士たちによって、別荘を見張っていた男たちは一網打尽にされ、アイリーンとセシリア、そしてセオフェルは生け捕りにされました。

 

審問を通して事件の顛末が明らかになります。

 

皇后の生家であるマルケル侯爵家は、皇后候補の交代を目論んでいました。

そのためにシャティ殺害を企て、シャティと敵対している新興貴族に依頼します。

 

それがセオフェル家とノリエル家、ロリス家。

彼らはそこでアイリーンを誘い込み、アイリーンがセシリアを引き込んだというわけです。

 

この事実は国中に知れ渡り、国民は怒り狂いました。

アイリーンとセシリア、ノリエル伯爵とその息子、ロリス伯爵とその息子、そしてマルケル侯爵までも死刑判決を受けます。

 

処刑台に立つ彼らをめがけて怒りを顕にした国民は、ありとあらゆるものを彼らに投げつけました。

石を投げつけられたアイリーンは頭から血を流しますが、彼女が自分の犯した過ちに気づいたかどうかは知る由もありません。

 

セオフェルは死刑宣告の前、尋問中に命を落としました。

尋問の途中で、セオフェルの切り落とされた手首について人々は騒ぎ立てますが、奇しくもシャティがあのときに願ったことが現実になったのです。

エスターがレオフリドの密偵!?

シャティの様子も落ち着いた頃、ひとつの疑問をレオフリドに投げかけました。

誘拐されたとき、どうして場所がわかったのかと…。

 

レオフリドはギクッとします。

怒らないと約束して欲しいと言いにくそうなレオフリド。

 

何なんですか!?と問われて、通信具に細工をしてあったのだと白状しました。

 

シャティが驚いていると、そこへエスターがお茶を持ってきますが、立て込んでいそうなので後にしますかと言います。

するとレオフリドが同席してくれと言いました。

 

チャスリンと呼ぶレオフリド。

エスターは察したように、やっと話すのですかとクスッと笑いました。

 

実はエスターはレオフリドの密偵だったのです。

シャティはレオフリドに対していきり立ちますが、初めは警戒していたからシャティが通信具を持ち込んだのと同じ理由だと聞いて矛を収めました。

 

エスターはブレスレットがただのアクセサリーとは違うと気付いて、調査をした結果通信具だと分かったと言います。

 

レオフリドに受信先を変えるように言われて細工したと言うエスター。

いつ?とシャティが訊ねると、ちょうど1年前だと!

 

通信具を受け取ったばかりの頃です。

最後の手段だと信じていたのに、そうじゃ無かったと知ってシャティは愕然としました。

 

もう誰も信じられないと漏らすシャティ。

ところが、エスターは早々にレオフリドの密偵を止めたと言います。

 

救貧祭で努力するシャティを見て、本気でシャティの役に立ちたいと思ったと笑顔を向けました。

 

レオフリドもエスターの言うことは真実だと口添えします。

密偵を辞めると言い出してからまったく教えてくれなくなったと…。

 

シャティは話を聞いて複雑な気持ちになります。

レオフリドが密偵を付けていたことも、それがエスターだということも想像もしていなかったからです。

 

そんなシャティの心境を察したのか、エスターが殿下は話すつもりでいたけれど時期を掴めずにいただけだと言い添えました。

 

シャティはレオフリドをチラッと見ると、今回は許すと言います。

通信具をこっそり持ち込んだのだし、それのおかげで助かったからと。

 

ただ、これからはお互いに嘘はなしにしましょうと言うシャティ。

レオフリドはわかっていると言ってシャティの頬にキスをします。

 

エスターの前でイチャイチャしだすレオフリド…。

そのとき、皇后の訃報が届きました。

悪女の定義144話の感想&次回145話の考察予想

真相が明らかになると、やっぱり…という感じです。

シャティが皇后になってしまうと、どちらにしろマルケル侯爵家は皇宮での権力を失うことになると考えたのでしょう。

 

アイリーンはまんまと乗せられてしまった感じですが、私利私欲にとらわれて身を滅ぼしたのだから自業自得です。

セシリアはちょっと気の毒だと感じますが、皇后誘拐の片棒を担いでしまったのだから仕方ありません。

 

それにしてもエスターが…。

シャティの姿を見て、早い段階で味方についたことが救いです。

 

皇后が亡くなったことで、何か動きがあるのでしょうか?

正式に皇太子妃となる?

まとめ

今回は漫画『悪女の定義』144話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

ざっとストーリーをまとめると・・。

悪女の定義の144話のまとめ
  • シャティ誘拐事件の真相が明らかになり、アイリーンたちは死刑判決を受ける。
  • なぜ監禁場所がわかったかというシャティの問いに、実は通信具を細工をしてあったとレオフリドが白状する。
  • エスターはレオフリドの密偵だったが、早い段階で味方についていたことを知る。
  • 皇后の訃報が届く。

≫≫次回「悪女の定義」145話はこちら

おすすめ無料漫画アプリ

おすすめ無料漫画アプリ

ピッコマと同じく、面白い漫画を多数配信している漫画アプリを厳選紹介!

マンガMee
マンガmee
公式サイト
  • マンガMeeは、集英社が運営するマンガアプリ。
  • マーガレット・りぼんなど、集英社の少女漫画の最新作や過去作品も多数配信。
  • 面倒な登録不要。
  • ダウンロードはこちら
マンガPark
マンガPark
公式サイト
  • 初回ダウンロード限定:30話分無料で読めるコインを全ての方に配布中!
  • 白泉社の全レーベルが集結!大量のマンガ作品を配信
  • マンガParkでしか読めないオリジナル作品が続々登場!
  • 日常漫画からホラー漫画まで幅広いジャンルが無料で読める!
  • ダウンロードはこちら
マンガがうがう
マンガがうがう
公式サイト
  • 双葉社双葉社発のまんがアプリ!
  • 小説家になろう発の異世界・転生マンガが大集合!
  • 「がうポイント」を使って、毎日無料で読める!
  • 30日間無料で読み返せる!
  • ダウンロードはこちら

おすすめ電子書籍サービス

まんが王国

まんが王国

公式サイト

  • 登録無料&クレカがなくてもOK!
  • 電子書籍サイトで業界最大級
  • 毎日最大50%ポイント還元!
  • 1巻無料からそれ以上も♪じっくり試し読みできる!
  • 無料トライアル31日間!
  • 初回31日間は月額2,189円(税込)が無料!おまけに登録時に600円分のポイントが貰え、さらに継続すると1200円分のポイントが毎月もらえる。
  • 無料期間中は解約してもお金はかからないので初めやすい♪

ebookjapan

ebookjapan

公式サイト

  • 登録時に6回まで使える50%OFFクーポンが貰えます!クーポンの上限金額は500円なので、1000円購入したら500円引きに!
  • 約50万冊が漫画作品を取り揃えてる♪
  • 半額キャンペーンなどセールも定期的に行われているので漫画がお得に読めるチャンスが何度も♪