ある継母のメルヘン ネタバレ63話【ピッコマ漫画】シュリー亡き後、歪んだ執着を見せるテオバルト/ノラの切実な想い

漫画ある継母のメルヘンは原作ORKA先生、漫画Spice&Kitty先生の作品でピッコマで配信されています。

今回は「ある継母のメルヘン」63話を読んだので、見どころやネタバレ込みあらすじ、考察予想や読んだ感想をご紹介します。

 

前回のラストシーンは?
シュリーを失ったノイヴァンシュタイン家の子供たちは悲しみに打ちひしがれていました。ジェレミーは、シュリーを守ると誓ったのに守りきれなかった自責の念で理性を失います。事件は捏造され…。

≫≫前話「ある継母のメルヘン」62話はこちら

 

ある継母のメルヘン63話の注目ポイント&考察予想

シュリー亡き後、皇后とテオバルト、ノラの心情が描かれています。

それぞれがシュリーとは直接的にほとんど親交はなかった人たちですが、シュリーの死は大きな悔恨を残していました。

 

テオバルトはシュリーの肖像画を見て、亡き母の面影を重ねています。

ノラは事件究明が捗らず、その無念は益々真相を明らかにするという執念へと…。

ある継母のメルヘン63話のネタバレ込みあらすじ

シュリーの死は、サファヴィー人の盗賊によって帝国の上位貴族であるノイヴァンシュタイン侯爵夫人殺害という捏造された事件として帝国中を支配しました。

 

今まさに戦争が始まろうとしています。

テオバルトの歪んだ亡者への想い

出征式の騎士たちに歓喜の声をあげる民衆。

それを眼下に見下ろしながら、皇后は結局こうなるのねと呟きます。

 

あなたの判断は誤りだったと、今は亡きヨハネスに語りかけるエリザベート。

そこへ皇太子テオバルトが声をかけてきました。

 

テオバルトは、騎士たちの隊列を見ながらなかなか感慨深い気持ちになると思いませんかと口にします。

ジェレミーとオハラの祝福に溢れるはずだった世紀の結婚式が、一瞬で亀裂の種に変わったと言うテオバルト。

 

当然2人の結婚式は白紙になり、オハラは遠くの公爵領へと去っていきました。

テオバルトは、それをこの事件に対する問責から逃れようとするハインリッヒ公爵の悪あがきだと言い募ります。

 

エリザベートはそれらに言及すること無く、皇宮図書館に入り浸っていうテオバルトを心配していたけれど、いつの間に外のことを知るまでになったのかと問いました。

 

温室の中ばかりにいて後悔したと飄々と答えるテオバルト。

世の中にはまだ手にしたことのないものがあったのに、手に入れる前に取り逃がしてしまった事実には耐え難いものがあるとエリザベートを見据えました。

 

何のことを言っているのかと表情を変えずエリザベートが応えます。

よくわからないけどと前置きしながらも、軽はずみな行動は慎むことだと嗜めるエリザベート。

 

慣れていないものを無理に飲み込もうとするのは体に毒だと示唆するエリザベートに、お気遣いありがとうございますとテオバルトは答えます。

 

さらに、母上はいつでもレトゥランより僕を優先してくれていたけれど、皇太子という席はそれほど軟弱なもんではないとわざとらしい笑顔で言いました。

ノラの悲しい覚悟

その頃ノラは捜査に行き詰まっていました。

教皇庁との怪しげなつながりをいくつか捕らえることはできたものの、心証を物証に変えるほどの力を持つものではありませんでした。

 

ノラは、絶対に起こり得ないと分かっていながら、虚しい妄想にとらわれます。

偽りで覆われたこの地を生贄にしてシュリーのためだけに祈るとしたら、もう一度戻ってきてくれるのだろうかと…。

 

騎士を目指していた自分がこんなことを考えるなんて、地に落ちたものだと自虐するノラ。

それでも、シュリーに再び会えるならばすべてを捧げても構わないと思うのです。

 

ノラは、真実を明らかにしなければならないと誓いました。

それをジェレミーに突きつければその剣先は教皇庁に向かうだろうと…。

 

例え命を落とすことになっても、それがシュリーに捧げられる唯一の餞だと思いました。

シュリーに捧げるエヴァレットの懺悔

一方、自責の念に苛まれているエヴァレットは、ただひたすらシュリーに懺悔していました。

 

これから起こるだろう聖戦で、あなたの生前愛した人たちが悲劇的な終局を免れないことを予見しているからでした。

ある継母のメルヘン63話の感想&次回64話の考察予想

シュリーは自分の死がこんな結末を向かえるとは想像もしていなかったでしょう。

これが仕組まれたことだと知っている人物も一握りです。

 

ノラは、ジェレミーに対して個人的な感情はほぼなかったと思いますが、今は?

教皇庁の策略に乗せられて、反戦派のノイヴァンシュタイン家の獅子が理性を失い進軍しようとしています。

 

とことで、この外伝はどこまで描かれるのか気になります。

聖戦と銘打った戦争が始まり、帝国は戦火に飲み込まれていくのでしょうか?

まとめ

今回は漫画『ある継母のメルヘン』63話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

ざっとストーリーをまとめると・・。

ある継母のメルヘンの63話のまとめ
  • 出征式の隊列を眼下に見ながら、テオバルトとエリザベートは探るような会話を交わす。
  • 捜査に行き詰まっていたノラは、シュリーが生き返るならばと虚しい妄想さえ頭をよぎる。
  • 自分の情報ひとつであらゆる人を不幸にしてしまうと自覚したエヴァレットは自責の念に苛まれていた。

≫≫次回「ある継母のメルヘン」64話はこちら

おすすめ無料漫画アプリ

おすすめ無料漫画アプリ

ピッコマと同じく、面白い漫画を多数配信している漫画アプリを厳選紹介!

マンガMee
マンガmee
公式サイト
  • マンガMeeは、集英社が運営するマンガアプリ。
  • マーガレット・りぼんなど、集英社の少女漫画の最新作や過去作品も多数配信。
  • 面倒な登録不要。
  • ダウンロードはこちら
マンガPark
マンガPark
公式サイト
  • 初回ダウンロード限定:30話分無料で読めるコインを全ての方に配布中!
  • 白泉社の全レーベルが集結!大量のマンガ作品を配信
  • マンガParkでしか読めないオリジナル作品が続々登場!
  • 日常漫画からホラー漫画まで幅広いジャンルが無料で読める!
  • ダウンロードはこちら
マンガがうがう
マンガがうがう
公式サイト
  • 双葉社双葉社発のまんがアプリ!
  • 小説家になろう発の異世界・転生マンガが大集合!
  • 「がうポイント」を使って、毎日無料で読める!
  • 30日間無料で読み返せる!
  • ダウンロードはこちら

おすすめ電子書籍サービス

まんが王国

まんが王国

公式サイト

  • 登録無料&クレカがなくてもOK!
  • 電子書籍サイトで業界最大級
  • 毎日最大50%ポイント還元!
  • 1巻無料からそれ以上も♪じっくり試し読みできる!
  • 無料トライアル31日間!
  • 初回31日間は月額2,189円(税込)が無料!おまけに登録時に600円分のポイントが貰え、さらに継続すると1200円分のポイントが毎月もらえる。
  • 無料期間中は解約してもお金はかからないので初めやすい♪

ebookjapan

ebookjapan

公式サイト

  • 登録時に6回まで使える50%OFFクーポンが貰えます!クーポンの上限金額は500円なので、1000円購入したら500円引きに!
  • 約50万冊が漫画作品を取り揃えてる♪
  • 半額キャンペーンなどセールも定期的に行われているので漫画がお得に読めるチャンスが何度も♪