悪女の定義 ネタバレ142話(ピッコマ漫画)非常用の通信具が作動していない!?諦めないシャティはセシリアを揺さぶるも…

漫画悪女の定義は原作HÆON先生Yuns先生、漫画Min(REDICE STUDIO)先生の作品でピッコマで配信されています。

今回は「悪女の定義」142話を読んだので、見どころやネタバレ込みあらすじ、考察予想や読んだ感想をご紹介します。

 

前回のラストシーンは?
セシリアがアイリーンの仲間でシャティ誘拐に手を貸していたことが明らかになります。薄々勘付いていたシャティは、セシリアと2人きりになったのをチャンスだと考えました。

≫≫前話「悪女の定義」141話はこちら

 

悪女の定義142話の注目ポイント&考察予想

シャティはセシリアが動揺していることに気づき、揺さぶりをかけます。

少しでも情報を掴まなければならないと思ったからです。

 

そのとき、シャティは父親から以前渡されていた非常用の通信具を身に着けていました。

一か八かの賭けです。

 

通信具はちゃんと作動している!?

助けは間に合うのでしょうか!?

悪女の定義142話のネタバレ込みあらすじ

シャティはセシリアにどうしてこんなことをしたのかと問いました。

初めから裏切るつもりだったのかと言うと、そうではないと否定します。

 

本気で仕えるつもりだったと言うので、誘拐しておいてよくそんなことが言えるとシャティが責めるとセシリアはカッとなりました。

セシリアの様子を伺うシャティ

セシリアは、お茶会に直接招待されなかったことを酷く恨んでいました。

上位貴族のシャティにはわからないと卑屈なセシリア。

 

シャティはだからといってこんなことをするのは許されないと告げますが、せっかく機会を作ってあげようとしていたのにがっかりだと良心に訴えました。

 

セシリアは動揺し始めます。

シャティは一度セシリアをこの部屋から出したいと思っていました。

 

どうやらセシリアは裏切ったことをあの場で暴露されるとは思っていなかった様子。

アイリーンにシャティの世話をしろと言われた時、自分の役目は終わったと言っていました。

 

今のセシリアは困惑と罪悪感で不安定な状態に見えます。

シャティは演技を始めました。

応答のない通信具

急に苦しみだし、水が飲みたいと訴えるとセシリアは一瞬躊躇ったものの水を取りに部屋を出ていきました。

両手脚を縛られている状態なので、問題ないと思ったようです。

 

その隙きにシャティはアンクレット型の魔道具に手を伸ばしました。

これはエストゥスの旅に出る時に父親からもらった通信具。

 

魔獣の件があってから、肌見放さず持っていたのです。

 

作動させると光が灯りました。

しかし、その光は少しずつ小さくなり目立たなくなります。

 

シャティは「パパ?」と呼びかけました。

しかし応答はありません。

 

光もしなくなり音もしないので、作動しているのかもわからないのでシャティは不安になります。

でも、必死に自分を奮い起こして語りかけました。

 

非常用の通信具だから、発信機能しかないかもしれないし、そうでなかったとしてもわずかな可能性にかけるしかありません。

 

誘拐されたことと、森の中を通って別荘のようなところにきて見張りがたくさんいることを伝えた時、セシリアが戻ってきました。

 

シャティはセシリアの持ってきた水はわざとこぼします。

何が入っているかわからないので、むやみに飲むことはできないと思ったから…。

 

水はもういいと告げ、セシリアとの会話から少しでも情報を引き出そうと思いました。

セシリアを揺さぶるシャティ

シャティはセシリアの罪悪感を刺激して、いくつか情報を引き出しました。

森を抜けて3~4時間馬車を走らせたこと、帝都からそう離れていないと言うセシリア。

 

シャティはもう死ぬんだと絶望感を漂わせ、アイリーンから受け取る対価は何かと訊ねました。

結婚?というシャティの言葉に反応するセシリア。

 

下位貴族の令嬢にとって、結婚は身分を一気にあげられる手段なのです。

おおよその見当をつけてシャティが2つの家門を口にすると当たっていたようで…。

 

たかがそんなもの、というシャティの言葉に、セシリアは私にとっては切実だと言い返します。

そこでシャティはこの2つの家門は落ちぶれかかっていると嘘をついてセシリアを揺さぶりました。

 

セシリアがシャティの話を信じ始めたので、もしかしたら味方に寝返らせるかも…と思った時アイリーンが部屋に入ってきます。

 

話を聞かれたみたいで、そのずるい舌をどうしてやろうかしらと言うアイリーン。

シャティの腕を掴み上げ、1人目の客が来たと言います。

 

生きながらにして地獄の苦しみを味わわせてやると言ったでしょうと不気味にほくそ笑むのでした。

悪女の定義142話の感想&次回143話の考察予想

セシリアは脅されて…というわけではなく、私欲のためだったようです。

アイリーンが言葉巧みに唆したのかもしれません。

 

それにセシリアも、まさかここまでアイリーンがやるとは思っていなかったと口にしていたから、お茶会に出させないようにするだけだと思っていたのかも。

 

通信具が作動していることを祈ります!

一人目の客って…嫌な予感がしますね。

 

誰かが駆けつけてくると思うけど、レオフリド?

そろそろヒーローが登場してくれないとモヤモヤが募ってきます!

まとめ

今回は漫画『悪女の定義』142話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

ざっとストーリーをまとめると・・。

悪女の定義の142話のまとめ
  • シャティは父親から渡された非常用通信具を作動させるためにセシリアを一度部屋の外に出したかった。
  • 苦しむふりをして水を取りに行かせたシャティは通信具を作動させて呼びかけるが応答はない。発信機能しかないかもしれないと自分を奮い起こして語りかける。
  • セシリアが戻ってきたので、会話の中から情報を引き出そうと思ったシャティ。いくつかの情報を引き出す。
  • シャティはセシリアの罪悪感を揺さぶって寝返らせようとするが、アイリーンに見つかってしまう。

≫≫次回「悪女の定義」143話はこちら

おすすめ無料漫画アプリ

おすすめ無料漫画アプリ

ピッコマと同じく、面白い漫画を多数配信している漫画アプリを厳選紹介!

マンガMee
マンガmee
公式サイト
  • マンガMeeは、集英社が運営するマンガアプリ。
  • マーガレット・りぼんなど、集英社の少女漫画の最新作や過去作品も多数配信。
  • 面倒な登録不要。
  • ダウンロードはこちら
マンガPark
マンガPark
公式サイト
  • 初回ダウンロード限定:30話分無料で読めるコインを全ての方に配布中!
  • 白泉社の全レーベルが集結!大量のマンガ作品を配信
  • マンガParkでしか読めないオリジナル作品が続々登場!
  • 日常漫画からホラー漫画まで幅広いジャンルが無料で読める!
  • ダウンロードはこちら
マンガがうがう
マンガがうがう
公式サイト
  • 双葉社双葉社発のまんがアプリ!
  • 小説家になろう発の異世界・転生マンガが大集合!
  • 「がうポイント」を使って、毎日無料で読める!
  • 30日間無料で読み返せる!
  • ダウンロードはこちら

おすすめ電子書籍サービス

まんが王国

まんが王国

公式サイト

  • 登録無料&クレカがなくてもOK!
  • 電子書籍サイトで業界最大級
  • 毎日最大50%ポイント還元!
  • 1巻無料からそれ以上も♪じっくり試し読みできる!
  • 無料トライアル31日間!
  • 初回31日間は月額2,189円(税込)が無料!おまけに登録時に600円分のポイントが貰え、さらに継続すると1200円分のポイントが毎月もらえる。
  • 無料期間中は解約してもお金はかからないので初めやすい♪

ebookjapan

ebookjapan

公式サイト

  • 登録時に6回まで使える50%OFFクーポンが貰えます!クーポンの上限金額は500円なので、1000円購入したら500円引きに!
  • 約50万冊が漫画作品を取り揃えてる♪
  • 半額キャンペーンなどセールも定期的に行われているので漫画がお得に読めるチャンスが何度も♪