悪女は2度生きる ネタバレ63話【ピッコマ漫画】リシアの忠誠心とオーブリーの反逆心?アルティゼアを狙う南海の皮革商とは。

漫画「悪女は2度生きる」原作Mint先生、漫画PEACHBERRY先生の作品で毎週水曜日ピッコマで配信されています。

今回は「悪女は2度生きる」63話を読んだので、見どころやネタバレ込みあらすじ、考察予想や読んだ感想をご紹介します。

 

前回のラストシーンは?
自分にたてつくリシアに手をあげたオーブリー。
その手を掴んで、期待するのはやめろとリシアは諭します。
セドリックが優しくしてくれたのは、自分たちの親が仕えたからだと言いオーブリーは特別な存在ではないと言うのです。
そして、アルティゼアの事を侮辱を聞いてしまった以上オーブリーの問題だけではなくなったのでした。
その姿をマーガレットに見つかったオーブリーは教会に連れていかれて、修道院に行って一生暮らせと命じたのです。
悔しいと思っているところに、南海の皮革商だと名乗る男たちが教会へとなだれ込んできたのでした。

≫≫前話「悪女は2度生きる」62話はこちら

 

悪女は2度生きる63話の注目ポイント&考察予想

南海の皮革商だと名乗る男たちはいったい何を目的に北部までやってきたのでしょうか。

また、そこにオーブリーがいるのが分かっているかのように教会へと入ってきた印象です。

 

敵なのか味方なのかしっかりと吟味しなければなりませんが、オーブリーの事なので流されないか心配になります。

 

また、リシアが本城に残っていました。

リシアの想いと、アルティゼアの我慢とセドリックの想いが交錯していきそうです。

悪女は2度生きる63話のネタバレ込みあらすじ

煽って仲間になる

南海の皮革商だと名乗る男たちは、北部の天候が読めないからむやみに北上していたら足止めを食らったと言います。

そして、可哀想に思った教会が宿を用意してくれたんだと言うのです。

 

嘘だとオーブリー。

あっさり赤毛の男は嘘だと認めました。

 

しかし、北部の天候が読めない事も幸運にも教会が宿を用意してくれたことも事実だと言うのです。

そしてオーブリーに対して、ジョルディンの姫君と言いながら座るよう伝えました。

 

危害を加えるつもりはないと言いますが、オーブリーはふいに置かれた大きな荷物が気になっています。

それでも、ここが本城の教会であるので男が悪事を働けるわけがないと思うのです。

 

男はオーブリーを大胆だと称賛します。

それでいいと言い、そのくらいの度胸があってこそ交渉が出来ると言うのです。

 

オーブリーは目的はなんなのか、そしてどんな交渉をするつもりか尋ねます。

男は、自分の女を迎えに来たのだと言いました。

 

オーブリーにはそれを手伝って欲しいと言うのです。

あなたの女と言うのは、まさか大公妃の事かとオーブリーは驚きました。

 

正しくは俺の女のなるはずだった女だと男は伝えます。

プロポーズのために向かっていた途中で他の男と結婚したと聞いてどれほど呆れたかと言うのです。

 

オーブリーはその言葉をうのみにして、アルティゼアがそんな事だろうと思ったと激高するのでした。

そして、あの女は恋人が居ながら大公殿下と結婚したなんて本当にふざけていると言うのです。

 

男はニヤリとしながら、オーブリーは相当大公妃の事が嫌いだと聞いていると尋ねました。

自分たちはいい仲間になれそうだと伝えるのでした。

リシアの手紙

その頃エブロン本城では、リシアが父親に向けて手紙をしたためています。

元気に過ごしている事、そして自分が大公妃の侍女として仕える事になったと報告するためです。

 

本来ならオーブリーがその役割を担っていましたが、過ちを犯して追い出された事も。

父親に伝える事無く、侍女が一人もいなくなってしまったためリシアは帰る事無くそのまま仕えていたのでした。

 

ジョルディン家の娘が追い出された事に不安なった者もいたけど、数日のうちに事態は収束して落ち着いたと言います。

アルティゼアはジョルディン伯爵夫妻の責任を問う事はしなかったし、リシアを侍女としてひいきしてくれるのもそれが理由だと思っていたのです。

 

アルティゼアは冷たい面もあるけど、上品で優雅だと言います。

賞罰がはっきりとしてそれにふさわしい権威を持ち、セドリックも信頼して全権を任せている部分もあったのです。

 

長い間エブロンでは女主人の席が空いていたからこそ、最初は戸惑いもあったが今は落ち着いている様子だと伝えました。

マーガレットは先代の妃殿下にも使えていたけどアルティゼアは本当に力のある女主人に仕えていると感じているようです。

 

アルティゼアの聡明で英知に富む姿勢を評価し、新しい観点から領地の問題点を見つけ出した事で官吏たちは恐れているけど尊敬しているのでした。

なによりも、セドリックとお互い信頼し愛し合っているとみられることが一番だと言うのです。

 

政治に無頓着ではないけど、心配されるような実家に振り回されてセドリックを政争に巻き込むようには見えないとつづります。

セドリック自身もそのような目的で政略結婚したわけじゃないのでした。

 

不安な事は、アルティゼアがリシアに対して本当によくしてくれると言う点だけでした。

期待に添えなく、大切にしてもらった分を返せないのではないかと心配になってしまうのです。

 

今後、アルティゼアは大公家の忠臣から新しい侍女を選ぶようなので、その頃になったら戻ると綴ったのでした。

ちょうど封をしたところにアルティゼアがやって来ました。

教養と知識を身につけさせるため

リシアはアルティゼアに気が付き立とうとしますが、そのままでと言われます。

メイドが準備したお茶をリシアが入れようとし、アルティゼアがやってくれるのか尋ねました。

 

リシアは許しをいただけるのならばと明るい顔になります。

アルティゼアはいいわと伝えました。

 

紅茶を入れるリシアの手は震えています。

照れるリシアに、ゆっくり練習すればいいとアルティゼア。

 

冬が終わるころにはマスターしますと言うリシア。

アルティゼアは、社交界で求められる立ち振る舞いや教養が本当にその人の品位を現すとは思っていないと伝えます。

 

それでも、身につける事でセれられる口実を与えなくて済むと言うのでした。

それはリシア自身だけじゃなく、リシアを選んだ人の目にも関係するのです。

 

アルティゼアは表向きにはそう伝えますが、本心はリシアが皇后になった時の事を心配しての事です。

聖女の皇后として全国民の愛と指示を受けるのですが、生きていく場所は帝国の社交界なのでモーテン男爵の娘と言う事がリシアが軽視されてしまう理由の一つだったのでした。

 

信仰が深い女性たちは味方になってくれたが、ほとんどの者が田舎の村出身だと教養がないと嘲笑ったのです。

リシアはそんな事で折れたりする女性ではありませんが、前もって弱点を減らしておくのがいいとアルティゼアは思っていたのでした。

 

リシアはそんな事つゆ知らず、屈託ない笑顔で頑張って練習して妃殿下に恥じない女性になると伝えます。

アルティゼアは、リシアが心から好意を持ってくれること、そして接してくれることに感謝しました。

 

何故そんな当たり前のことを言うのかとリシアは驚きます。

実はもう少し煙たがられても仕方ないと思っていたとアルティゼア。

 

オーブリーは無礼で、大公家に不誠実だったけどそれが普通だと思っていたのです。

本心を隠せなかったオーブリーはおろかだけど、十分にあり得る事だとアルティゼアは言いました。

 

その言葉を聞いて、リシアは勘違いをしていると指摘します。

大公殿下が選んだと言うだけでも妃殿下は自分たちの忠誠と愛を受けるべきなのだと言いました。

 

たとえそれが理想である女主人の姿でなくとも、自分は喜んだと伝えます。

セドリックが責任感のためではなく、自分の幸せのために選んだ相手だからと言うのです。

 

アルティゼアは下を向きながら、勘違いしないでと言いました。

セドリックとは何の関係もないのだと言うのです。

 

セドリックは仕えるに値する主君であり、信頼できるからローサン侯爵家を託すことにしたのだと言いました。

ただそれだけなのだと伝えます。

 

リシアが混乱している時、セドリックが部屋を訪ねて来たのでした。

悪女は2度生きる63話の感想&次回64話の考察予想

南海の皮革商だと名乗る男は、オーブリーの反逆心を知っていてわざと焚きつけましたね。

アルティゼアを奪い返す目的があると言っていましたが本当にその目的でやって来たのでしょうか。

 

オーブリーを上手い事使うための嘘なのか見極めていく必要があるようです。

また、リシアを将来皇后にするためにアルティゼアは教養や知識を身につけさせようとしています。

 

あくまでリシアを皇后にするためなので、セドリックとの仲も家門のためだと嘘をついたり印象を悪くさせていくようです。

アルティゼアは少しでもセドリックの隣にと願っているので、切ないなと感じてしまいます。

 

そんな中セドリックがアルティゼアの元を尋ねてきました。

次回の展開からも目が離せません。

まとめ

今回は漫画『悪女は2度生きる』63話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

ざっとストーリーをまとめると・・。

悪女は2度生きるの63話のまとめ
  • 南海の皮革商だと言う男たちはオーブリーがアルティゼアに対して反逆心を持っている事を知っていた
  • 本当は自分がプロポーズするはずだったと告白した
  • それを真に受けたオーブリーは激高した
  • リシアはオーブリーの代わりに侍女となりそのまま本城にとどまっていた
  • アルティゼアはリシアを皇后にすべく、教養などを身につけさせるためなんでもやらせてみた
  • リシアは二人が信頼しあって、思いあっていると信じているがアルティゼアはわざと否定をした

≫≫次回「悪女は2度生きる」64話はこちら

おすすめ無料漫画アプリ

おすすめ無料漫画アプリ

ピッコマと同じく、面白い漫画を多数配信している漫画アプリを厳選紹介!

マンガMee
マンガmee
公式サイト
  • マンガMeeは、集英社が運営するマンガアプリ。
  • マーガレット・りぼんなど、集英社の少女漫画の最新作や過去作品も多数配信。
  • 面倒な登録不要。
  • ダウンロードはこちら
マンガPark
マンガPark
公式サイト
  • 初回ダウンロード限定:30話分無料で読めるコインを全ての方に配布中!
  • 白泉社の全レーベルが集結!大量のマンガ作品を配信
  • マンガParkでしか読めないオリジナル作品が続々登場!
  • 日常漫画からホラー漫画まで幅広いジャンルが無料で読める!
  • ダウンロードはこちら
マンガがうがう
マンガがうがう
公式サイト
  • 双葉社双葉社発のまんがアプリ!
  • 小説家になろう発の異世界・転生マンガが大集合!
  • 「がうポイント」を使って、毎日無料で読める!
  • 30日間無料で読み返せる!
  • ダウンロードはこちら

おすすめ電子書籍サービス

まんが王国

まんが王国

公式サイト

  • 登録無料&クレカがなくてもOK!
  • 電子書籍サイトで業界最大級
  • 毎日最大50%ポイント還元!
  • 1巻無料からそれ以上も♪じっくり試し読みできる!
  • 無料トライアル31日間!
  • 初回31日間は月額2,189円(税込)が無料!おまけに登録時に600円分のポイントが貰え、さらに継続すると1200円分のポイントが毎月もらえる。
  • 無料期間中は解約してもお金はかからないので初めやすい♪

ebookjapan

ebookjapan

公式サイト

  • 登録時に6回まで使える50%OFFクーポンが貰えます!クーポンの上限金額は500円なので、1000円購入したら500円引きに!
  • 約50万冊が漫画作品を取り揃えてる♪
  • 半額キャンペーンなどセールも定期的に行われているので漫画がお得に読めるチャンスが何度も♪