ルシア ネタバレ42話|漫画|悲劇のあの日に何が起こったのか・・ヒューゴとヒューの秘密が明らかに!!

漫画「ルシア」は原作Skye先生、漫画TARUVI先生の作品でピッコマで配信されています。

今回は「ルシア」42話を読んだので、見どころやネタバレ込みあらすじ、考察予想や読んだ感想をご紹介します。

 

前回のラストシーンは?
旅に出たまま行方知れずになっていたタラン家主治医のフィリップとヒューゴは話します。
タラン家の主人について話す二人。
アイツと真逆な俺はこの汚い椅子が性に合っている、と言うヒューゴ。
フィリップはヒューお坊ちゃま・・・と言います。
するとヒューゴは怒り、目つきが変わります。
そして、もう一度その名を呼んだら口をきけなくしてやる、と言ったのでした。

≫≫前話「ルシア」41話はこちら

 

ルシア 42話の注目ポイント&考察予想

フィリップはヒューゴお坊ちゃまの願いをヒューゴに話します。

ヒューゴは頑なに、俺はヒューゴだ。

 

悪魔は西の塔で死んだ、と言い考えを曲げません。

フィリップは、お父様はタラン家を守るため仕方なく選択したと伝えます。

 

怒り机を叩くヒューゴ。

子供の頃の父とのやり取りを思い返します。

 

初めて自分以外の人のために命乞いをした時に言われた。

俺が黙って跡を継げばアイツには手を出さないと・・・

 

だから大人しく言われるがまま生活した。

でもアイツは気がついてしまった。

 

自分がいる限り弟は自由に生きれないと・・・。

それが悲劇に始まりだった。

 

フィリップはヒューゴと話す中で思いました。

大人になり少しは賢明になっているのではないかと期待していたが無駄だったようだ。

 

タラン家に双子が生まれたことは警告だったのかもしれない、と。

フィリップはヒューゴの結婚話をします。

 

ヒューゴは形相を変え言います。

警告しておくが妻に近づいたらただではおかない、と。

ルシア 42話のネタバレ込みあらすじ

ヒューゴとフィリップは悲劇のあの日について話します。

話し終えたヒューゴは、妻に近づいたらただではおかないと警告するのでした。

ヒューゴお坊ちゃまの願い

悲しげな表情のフィリップは話し始めます。

お坊ちゃまの為に、あのお方は進んで犠牲になりました。

 

ヒューゴお坊ちゃまの願いは、あなたが跡を継ぐことです。

 

お二人共間違いなくタラン家の血筋です。

お坊ちゃまにも跡継ぎになる資格が十分にあるのでした。

 

話を聞いたヒューゴは口を開きます。

 

俺は・・ここにいるのはヒューゴだ。

悪魔は西の塔で死んだ。

 

フィリップは言います。

跡取りとしてご自分を認めてあげてもいいのではないですか?

 

それは無理な話だ。

いずれ「あいつ」にこの場所を渡すことになる、と返すヒューゴ。

 

フィリップはため息をつき言います。

ダミアン坊っちゃんはまだ幼い。

 

ヒューゴは言います。

だから待っているんだ。

 

嫌気がさしていても・・・。

 

ヒューゴお坊ちゃまが命がけで守った椅子です。

いっそう尊いではないですか、とフィリップは言います。

 

ヒューゴは返します。

あの日に今みたいなくだらない事を話していたらその首をへし折っていた。

 

でもあの日は黙りこくっていたな。

俺が、お前以外のあの日を知る人間全員を処分したと知っているか?

 

本当に臭くて我慢できなかったんだ。

残りはお前だけだな、だからさっさと消えろ。

 

そうしてくれれば、悪臭を嗅がずに済むんだ。

フィリップはうつむきながら言います。

 

お父様は家紋を守るため、致し方なく選択をしたんです。

机を叩きヒューゴは言います、選択しただと?

悲劇の始まり

ヒューゴは父に言われたことを思い返します。

お前が何も言わず跡を継げばアイツには何もしない。

 

初めて自分ではなく誰かの命の為にしがみついた時に言われたんだ。

タラン前公爵には二人の息子がいた。

 

一人は奴隷として売り飛ばし、残った一人を跡継ぎとして育てた。

選ばれたのはヒューゴ、売られたのはヒュー。

 

時が経ち成長すると、善良すぎたヒューゴは疎まれはじめた。

そして奴隷とした育ったヒューが頭角を表すようになる。

 

すると前公爵は二人を入れ替えようとした。

 

俺はアイツの命乞いをした。

その時に言われたんだ。

 

俺が黙って跡を継げばアイツに手を出さないと。

ただヒューゴを守る為に言われたことは全てやった。

 

出かける時はいつもヒューゴのフリをした。

言葉遣いまで変え、おとなしく学校にも通う。

 

貴族そのものになりきった。

 

俺は気が付かなかった。

アイツは・・・全てを自ら捨て去っていく。

 

兄弟を守りたいという同じ理由で。

俺が操られているとヒューゴが気がついてしまった。

 

その事が悲劇の始まりだった。

自分が存在する限り、公爵はその事を利用する。

 

弟は決して自由を手に入れられない。

そう気づいたヒューゴは公爵夫婦を殺害した。

 

そして自分の命も絶った。

愛する弟の為に・・・。

ヒューゴの警告

アイツは虫すら殺せなかった。

そんなアイツを追い詰めたのは、あの化け物なんだ。

 

死んで当然、選択だと・・・

ただの己の欲のためだろ。

 

フィリップは話しを聞きながら考えます。

大人になって少しは賢明になったのではないかと思っていたが無駄な期待だったか。

 

タラン家の高名な血筋はこのまま途絶えてしまうのか・・。

双子の誕生は警告だったのかもしれない。

 

タラン家の歴史上双子の前例はなかった。

フィリップは口を開きます。

 

ご結婚をなさったと聞きました。

子どもは難しいと思います。

 

好都合だな。

警告するが妻に近づいたらただじゃおかない、と言うヒューゴ。

 

あまりのヒューゴの形相にフィリップは驚きます。

庭園で散歩中にビビアンは声を掛けられたのでした。

ルシア 42話の感想&次回43話の考察予想

あの日の出来事。

ヒューゴとヒューの謎。

 

ハッキリしましたがとても悲しい内容でした・・・

いくらタラン家の家紋のためとは言え、前公爵の仕打ちはひどいですね。

 

フィリップはいったい何が望みなんでしょう?

タラン家の血筋を残すこと?

まとめ

今回は漫画『ルシア』42話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

ざっとストーリーをまとめると・・。

ルシア 42話のまとめ
  • フィリップはヒューゴお坊ちゃまの願いを話します。
  • 話しを聞いてもヒューゴは自分の考えを曲げません。
  • お父様はタラン家の家紋を守るために選択した、と言うフィリップ。
  • ヒューゴは幼い頃の父とのやり取りを思い返します。
  • 話が終わりフィリップはヒューゴの結婚の話をします。
  • ヒューゴは、妻に近づいたらただではおかないと警告したのでした。
  • 一人庭園を散歩しているビビアンは、奥様と呼ばれます。

≫≫次回「ルシア」43話はこちら

おすすめ無料漫画アプリ

おすすめ無料漫画アプリ

ピッコマと同じく、面白い漫画を多数配信している漫画アプリを厳選紹介!

マンガMee
マンガmee
公式サイト
  • マンガMeeは、集英社が運営するマンガアプリ。
  • マーガレット・りぼんなど、集英社の少女漫画の最新作や過去作品も多数配信。
  • 面倒な登録不要。
  • ダウンロードはこちら
マンガPark
マンガPark
公式サイト
  • 初回ダウンロード限定:30話分無料で読めるコインを全ての方に配布中!
  • 白泉社の全レーベルが集結!大量のマンガ作品を配信
  • マンガParkでしか読めないオリジナル作品が続々登場!
  • 日常漫画からホラー漫画まで幅広いジャンルが無料で読める!
  • ダウンロードはこちら
マンガがうがう
マンガがうがう
公式サイト
  • 双葉社双葉社発のまんがアプリ!
  • 小説家になろう発の異世界・転生マンガが大集合!
  • 「がうポイント」を使って、毎日無料で読める!
  • 30日間無料で読み返せる!
  • ダウンロードはこちら

おすすめ電子書籍サービス

まんが王国

まんが王国

公式サイト

  • 登録無料&クレカがなくてもOK!
  • 電子書籍サイトで業界最大級
  • 毎日最大50%ポイント還元!
  • 1巻無料からそれ以上も♪じっくり試し読みできる!
  • 無料トライアル31日間!
  • 初回31日間は月額2,189円(税込)が無料!おまけに登録時に600円分のポイントが貰え、さらに継続すると1200円分のポイントが毎月もらえる。
  • 無料期間中は解約してもお金はかからないので初めやすい♪

ebookjapan

ebookjapan

公式サイト

  • 登録時に6回まで使える50%OFFクーポンが貰えます!クーポンの上限金額は500円なので、1000円購入したら500円引きに!
  • 約50万冊が漫画作品を取り揃えてる♪
  • 半額キャンペーンなどセールも定期的に行われているので漫画がお得に読めるチャンスが何度も♪