不細工の公女になりました ネタバレ16話【漫画】お礼を言われるシルビアが赤面!

漫画「不細工の公女になりました」は原作JUNG HAIM先生、KANG SEAH先生、漫画Jaedam Media先生の作品でピッコマで配信されています。

今回は「不細工の公女になりました」16話を読んだので、見どころやネタバレ込みあらすじ、考察予想や読んだ感想をご紹介します。

 

前回のラストシーンは?
剣をかざしたテーヴは、素手のヨセフにボコボコにやられてしまいますが、今までのつらい事よりましだと、強いまなざしで再度刀を振りかざしたのです。
そんなテーヴを見たヨセフは、自分の弟子だと言うと、気を失って倒れたテーヴを抱えて治療にいくのでした。

≫≫前話「不細工の公女になりました」15話はこちら

 

不細工の公女になりました16話の注目ポイント&考察予想

めでたくヨセフの弟子になったテーヴ!今後の訓練は?

さて、めでたくテーヴはヨセフの弟子になることが出来ましたが、こんごどんな訓練が待っているのでしょうか。

 

そして、この小柄な子供のような容姿から、2mの巨人になるのを見るのも楽しみですね。

 

今後のテーヴの活躍に期待しながら注目していきたいと思います。

そして、独立の為に動くシルビアも引き続き見ていきましょう。

不細工の公女になりました16話のネタバレ込みあらすじ

シルビアの次の計画とは?

健康になり、最強の護衛騎士をも手に入れたシルビアは、幸せ気分に浸りながらティータイムを楽しんでいました。

 

そして、独立への残る問題は資金ですが、財宝と金は全部アトランテに従属してあり、仕事熱心な執事が自分のドレスや装飾品をいちいちチェックしているため、勝手に売りに出すこともできません。

 

そして、4年後、死ルビ派の態度が問題となり、公爵はシルビアの財産を没収してしまうのです。

その爆弾はいつ爆発するか分からないため、シルビアは、もしかしたら自分の態度を問題にして今にでも没収しかねないと考えました。

 

そのため、シルビアは公爵が奪えない財産を作らなければいけないのですが、いい方法が浮かびません。

本からヒントを見つけられるかもしれないと考えたシルビアは、ベントに、本館の書斎の利用の許可を尋ねました。

ベントはシルビアの書斎入室を許可してくれるのか?

するとベントは驚き一瞬間が開くと、シルビアは、やはり自分はまだ信頼されていないのかと思います。

 

しかしベントは、いままでそんなことに興味を持たなかったシルビアが書斎にきたいというから驚いただけだと言うとそれを許可し、書斎のカギを渡してくれたのです。

 

シルビアは、今まで全く本を読まなかったため、シルビアに入った自分は、なおさらその大きな書斎を楽しみにします。

 

そう、ここの書斎は、帝国中央アカデミーに次ぐ三つ目に本の所有量が多いのです。

するとベントは、シルビアが黒サソリを撃退したことを聞いたと言うと、商人たちがシルビアのことをたたえていると笑顔で嬉しそうに話しました。

ベントからの感謝

シルビアは、そんなベントの反応を見て、自分は黒サソリ組織に協力をしていた治安隊を許せずに、気絶した組織員を警備隊に渡した時のことを思い出しました。

 

ベントは、警備隊も黒サソリの行方を追っていたが、地位安泰が協力しないため難航していたということを告げると、勝手に治安隊の領域を犯すことが出来なかったことを告げます。

 

そして、ただ疑いはあるものの、治安隊と黒サソリの関係の証拠を何も得られなかったところにシルビアが、黒サソリの中間階級組織員を捕まえてくれたと嬉しそうに言うベントに、シルビアは驚きます。

 

そう、ただの禿げ頭だと思っていた男が中間階級組織員だったのです。

 

ベントは、その男を拷問し、アジトや幹部のリスト、そして、黒サソリに協力していた治安隊員まで探し出すことが出来たと言うと、それは全てシルビアがいなければできなかったと称賛しました。

 

ベントは、シルビアが今まで苦しんでいた人々や弱い人、今後被害にあう可能性があった人たちを救ったと言うと、祝福そして救いだと言ったのです。

 

丁寧に感謝の意を伝えるベントに、シルビアは恐縮し、そS気を捕まえたのは警備隊だから警備隊を称賛すべきだと顔を赤くして謙遜します。

そうしていると、二人は書斎についたのです。

本を探すシルビア

シルビアは本を読み始めると、自分が憑依してから本を読む速度がとても速くなったことに気づきます。

そして、この際ここにある本を全部読もうと決めたシルビアは、ある本を見つけたのです。

 

そこには、魔石は自然なもので純度が高いが希少、魔法石は人工的だから純度が落ちること、そして魔法石の作り方が書かれていました。

 

しかし、魔法石の作り方がすでに記憶にあるシルビアは、その本を閉じます。

 

そう、シルビアは、魔法石を作るのだけは好きで、そんな作るのを難しい魔法石を、シルビアは作るのが得意だったのです。

そして集中力には自信があるシルビアは、シルビアの記憶から作り方を取り出し、部屋に戻って作ろうと考えました。

 

すると、後ろからエイリンが本を持って歩いてくると、本を呼んでいるシルビアを見つけたのでした。

不細工の公女になりました16話の感想&次回17話の考察予想

なるほど、四年後に財産が没収されるとは、それは恐ろしいですね。

お金持ちのシルビアが、資金集めの事ばかり考えているのも納得です。

 

そして、シルビア、知らないうちに黒サソリと治安隊たちの癒着を暴いたとはあっぱれでしたね。

 

シルビア、今回はたまたまでも、きちんと謝ったり正しいことをして、どんどん人から愛されているような気がします。

 

さて、魔法石を作ると意気込むシルビアはどんな魔法石を作るのでしょうか。

出来上がりが楽しみですね。

まとめ

今回は漫画『不細工の公女になりました』16話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

ざっとストーリーをまとめると・・。

不細工の公女になりましたの16話のまとめ
  • シルビアは、独立資金をためるためのヒントがあるかもしれないと、ベントに書斎利用の許可をもらいます。
  • そして、黒サソリ関連のことでベントはシルビアを誉めると、お礼を言うのでした。
  • 本を読んでいて魔法石のことを読んだシルビアは、シルビアが魔法石を作ることが好きだったことを思い出すと、早速作ろうとするのでした。

≫≫次回「不細工の公女になりました」17話はこちら

おすすめ無料漫画アプリ

おすすめ無料漫画アプリ

ピッコマと同じく、面白い漫画を多数配信している漫画アプリを厳選紹介!

マンガMee
マンガmee
公式サイト
  • マンガMeeは、集英社が運営するマンガアプリ。
  • マーガレット・りぼんなど、集英社の少女漫画の最新作や過去作品も多数配信。
  • 面倒な登録不要。
  • ダウンロードはこちら
マンガPark
マンガPark
公式サイト
  • 初回ダウンロード限定:30話分無料で読めるコインを全ての方に配布中!
  • 白泉社の全レーベルが集結!大量のマンガ作品を配信
  • マンガParkでしか読めないオリジナル作品が続々登場!
  • 日常漫画からホラー漫画まで幅広いジャンルが無料で読める!
  • ダウンロードはこちら
マンガがうがう
マンガがうがう
公式サイト
  • 双葉社双葉社発のまんがアプリ!
  • 小説家になろう発の異世界・転生マンガが大集合!
  • 「がうポイント」を使って、毎日無料で読める!
  • 30日間無料で読み返せる!
  • ダウンロードはこちら

おすすめ電子書籍サービス

まんが王国

まんが王国

公式サイト

  • 登録無料&クレカがなくてもOK!
  • 電子書籍サイトで業界最大級
  • 毎日最大50%ポイント還元!
  • 1巻無料からそれ以上も♪じっくり試し読みできる!
  • 無料トライアル31日間!
  • 初回31日間は月額2,189円(税込)が無料!おまけに登録時に600円分のポイントが貰え、さらに継続すると1200円分のポイントが毎月もらえる。
  • 無料期間中は解約してもお金はかからないので初めやすい♪

ebookjapan

ebookjapan

公式サイト

  • 登録時に6回まで使える50%OFFクーポンが貰えます!クーポンの上限金額は500円なので、1000円購入したら500円引きに!
  • 約50万冊が漫画作品を取り揃えてる♪
  • 半額キャンペーンなどセールも定期的に行われているので漫画がお得に読めるチャンスが何度も♪