ある日、私は冷血公爵の娘になった ネタバレ68話【ピッコマ漫画】相談されたアンの答えとは?

漫画ある日、私は冷血公爵の娘になったは原作Cotton先生、漫画Siya先生の作品でピッコマで配信されています。

今回は「ある日、私は冷血公爵の娘になった」68話を読んだので、見どころやネタバレ込みあらすじ、考察予想や読んだ感想をご紹介します。

 

前回のラストシーンは?
稽古中、普段とは別人の暴力的なエメルを見て、ショックを受け、その場を走り去るエステル。
そんなエステルにロイは、エメルに対してがっかりしたか?と聞いてきて…。

≫≫前話「ある日、私は冷血公爵の娘になった」67話はこちら

 

ある日、私は冷血公爵の娘になった68話の注目ポイント&考察予想

アンとエステルの成長

今回の山場は、後半にあるエステルとアンの会話部分だといえるでしょう。

エステルは、エメルの稽古場を見学した感想をアンに伝えるます。

 

その時のエステルの考え方は、これまでのエステルの成長としては、予想できる範囲なのですが、この時のアンの受け答えが、とても落ち着いて予想外です。

今回はエステルとアン二人の関係の成長と、アン自身の成長を楽しみにしてみてください。

ある日、私は冷血公爵の娘になった68話のネタバレ込みあらすじ

それぞれの日常

ロイはエステルに対して、エメルにがっかりしたか?と聞きました。

エステルは、ハっとした顔をしたものの、そうではないときっぱり否定しました。

でもロイに何を思ったかは内緒にするのです。

 

エステルが自分の部屋に帰ると、リドルから贈り物と手紙が届いていました。

最初はうれしかったプレゼントも、最近は重たく感じます。

 

エステルはそんなリドルの事よりも、最近連絡を取っていないアイリス皇女のことが気になるくらいです。

カルルの成人式参加者

リドル皇子は手紙で、カルルの成人式に参加すると連絡してきていました。

ゼオンも来るそうなので、半年ぶりに二人に会えるエステル。

 

兄カルルも今は領地内を巡回中で、式の直前まで帰ってきません。

 

この後プレゼントを買いに行こうと考えていたエステルは、執事長ケルソンからもらったお小遣いを侍女たちにも見せました。

これで足りるのかな?金貨は一枚しか入ってないけど…、と心配していると、侍女たちはほんわかした顔で見守ってくれます。

どうやら今のは、世間知らずのお嬢様っぽいセリフだったようです。

アンとの会話

エステルはそれから、アンの部屋を訪れました。

アンは本を読んでいるところだったので、街へ連れ出すことを躊躇するエステル。

 

そんなエステルにアンは、エステルに誘われることをいつも楽しみにしていると伝え、お互いに親友と思っていることを確認することができました。

そこで、安心したエステルは、エメルの稽古を見に行ったことをアンに相談することに。

 

アンはエメルの稽古中の出来事を聞いても驚きませんでした。

アンも最初にエメルに会ったとき、魔導士のイリアル(奴隷)として会っているので、冷たく睨まれていたからです。

むしろアンは、エステルにだけ、別人の様に優しいエメルの方に驚いたくらいです。

エメルの別を顔を見たエステルの想い

アンは落ち着いて、エステルにエメルの別の顔についてどう思ったのか尋ねました。

エステルは、最初は、エメルに騙されたと思って怒りも覚えたが、公爵令嬢の自分に対してよそ行きの顔をするのは当然のことだと思ったといいました。

 

そして、身分の差があるのをわかっていたのに、エメルに気をつかわせたままで配慮できなかった自分に、失望し、怒りを感じたとアンに告白するのでした。

 

エステルはエメルが自分にだけ優しくしてくれるのはうれしいが、それが全部偽りだとしたら悲しい…、とこぼすと、言葉を終わらせる前にアンは否定してくれました。

アンは、エステルに対して自分にもっと自信をもって、周りから愛されていることを理解してほしいといいました。

エステルの不安

エステルはそれでも、時々自分が「混ざった子」ということで不安に思うのでした。

もしかしたら、やっぱり自分はカスティージョではなくて、いつかこの家から追い出されるという妄想から離れられないと。

 

するとアンは、じゃあ自分がどうせイリアルだからみんなに嫌われているといったらどうか?と問いかけます。

エステルは即座に、嫌われているなんてことない!と否定します。

 

アンはその言葉に安心して、エステルもそれと同じだというのでした。

どうせ私は…、なんて投げやりにならないでほしいと。

そして、あらゆることに光と影があり、そのどちらも表裏一体で真実なのだと語ります。

 

アンの言葉のおかげで明るさを取り戻したエステル。

そんなエステルにアンは最後に一言。

エステルがいつまでも子供でいたがっているのは、自分が子供だからエメルに大切にされていると感じているのでは?

ある日、私は冷血公爵の娘になった68話の感想&次回69話の考察予想

アンはエメルの残酷な顔を持っていることを全く驚きませんでしたが、確かにアンがまだイリアル(魔導士の奴隷)だったときは、エメルはかなりきつく当たっていたんでしたね。

エステルはそんなエメルに対して、最初はがっかりしたものの、結局は自分自身の言動にそれを反映して失望したというのが今回の結論でした。

 

エステルは、以前から、ショックなことが起きると、それを反転させるように自分を責めるところがあったので、この問題も早く解決してほしいものです。

ただ今回のことを通じて、成長したエステルとアンがますます深い仲になり、お互いに親友であることが確認できたのは、とても大きな収穫だったと思います。

まとめ

今回は漫画『ある日、私は冷血公爵の娘になった』68話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

ざっとストーリーをまとめると・・。

ある日、私は冷血公爵の娘になったの68話のまとめ
  • エステルが部屋に戻ると、リドルとゼオンからカルルの成人式に参加すると手紙が来ていた。
  • エステルはアンと話し、お互いの友情を確かめ合った。
  • アンはエステルに対して、素敵な受け答えをしてくれた。

≫≫次回「ある日、私は冷血公爵の娘になった」69話はこちら

おすすめ無料漫画アプリ

おすすめ無料漫画アプリ

ピッコマと同じく、面白い漫画を多数配信している漫画アプリを厳選紹介!

マンガMee
マンガmee
公式サイト
  • マンガMeeは、集英社が運営するマンガアプリ。
  • マーガレット・りぼんなど、集英社の少女漫画の最新作や過去作品も多数配信。
  • 面倒な登録不要。
  • ダウンロードはこちら
マンガPark
マンガPark
公式サイト
  • 初回ダウンロード限定:30話分無料で読めるコインを全ての方に配布中!
  • 白泉社の全レーベルが集結!大量のマンガ作品を配信
  • マンガParkでしか読めないオリジナル作品が続々登場!
  • 日常漫画からホラー漫画まで幅広いジャンルが無料で読める!
  • ダウンロードはこちら
マンガがうがう
マンガがうがう
公式サイト
  • 双葉社双葉社発のまんがアプリ!
  • 小説家になろう発の異世界・転生マンガが大集合!
  • 「がうポイント」を使って、毎日無料で読める!
  • 30日間無料で読み返せる!
  • ダウンロードはこちら

おすすめ電子書籍サービス

まんが王国

まんが王国

公式サイト

  • 登録無料&クレカがなくてもOK!
  • 電子書籍サイトで業界最大級
  • 毎日最大50%ポイント還元!
  • 1巻無料からそれ以上も♪じっくり試し読みできる!
  • 無料トライアル31日間!
  • 初回31日間は月額2,189円(税込)が無料!おまけに登録時に600円分のポイントが貰え、さらに継続すると1200円分のポイントが毎月もらえる。
  • 無料期間中は解約してもお金はかからないので初めやすい♪

ebookjapan

ebookjapan

公式サイト

  • 登録時に6回まで使える50%OFFクーポンが貰えます!クーポンの上限金額は500円なので、1000円購入したら500円引きに!
  • 約50万冊が漫画作品を取り揃えてる♪
  • 半額キャンペーンなどセールも定期的に行われているので漫画がお得に読めるチャンスが何度も♪