緑陰の冠 ネタバレ26話【ピッコマ漫画】ランという人物がさっぱり理解できないユスタフ/次のターゲットはドワーフ!

漫画緑陰の冠は原作Siya先生、漫画binu先生の作品でピッコマで配信されています。

今回は「緑陰の冠」26話を読んだので、見どころやネタバレ込みあらすじ、考察予想や読んだ感想をご紹介します。

 

前回のラストシーンは?
ランはイルミニティ令嬢の病を治す手助けをした対価として、伯爵の裏の組織を使ってルミエの捜索を依頼しました。原作者ではないと知ったからといって、不幸になっていく人を見過ごすわけにはいかないと思うラン…。

≫≫前話「緑陰の冠」25話はこちら

 

緑陰の冠26話の注目ポイント&考察予想

ユスタフは秘密の組織を持っていて、ランの動向を見張らせていました。

ラチア家当主だけの諜報部員です。

 

ランがイルミニティ伯爵に接近した理由を調べようと思っていました。

 

ユスタフはランのことをどう評価していいのかわかりかねている様子です。

ただ、警戒心はないことは確かだと思っているよう…。

緑陰の冠26話のネタバレ込みあらすじ

ユスタフはランの動向を秘密の部下に追わせていました。

 

その日もイルミニティ邸から帰路についたと報告を受けるユスタフ。

エルフに関しては見失ったと聞きますが、エルフだから仕方ないと言いました。

 

ユスタフはランに対して複雑な感情を持っています。

警戒心がなさすぎることに呆れてもいますが、彼女に対する評価をしようと思っても、一貫性がなく戸惑ってもいました。

 

処世術に長けているかと思えば素直な少女のようだったり…。

それに、魔石のことやイルミニティ令嬢の病をどうやって知り得たのか見当もつかなかったのです。

ラチア家当主の諜報部員

ユスタフは、何よりなぜ青炎がランを選んだのかが不思議でした。

かつてラチア家以外の人間を選んだことがなかったのです。

 

ユスタフは部下にイルミニティ伯爵の動向を詳しく調べるように命じました。

 

ユスタフの下で秘密裏に動いているのは「緑影」と呼ばれる影の存在です。

彼らはラチア家の当主のみに引き継がれる諜報部員。

 

今の当主はランですが、彼のリーダーはユスタフの前に現れました。

 

ランはこの組織のことはしらないはず。

ユスタフは生母から紹介されていました。

 

ランはあくまで臨時の当主だからだと思うユスタフですが、ランがいなかったら組織は解散していただろうとも思っています。

 

裏の組織を維持するには、忠誠心だけでは成り立ちません。

相当の維持費が必要なのです。

 

ランはユスタフ個人の出費には一切口を挟んできませんでした。

だからあのときも楽に事が運んだと独りごちるユスタフ。

 

実は、ユスタフはロビーを葬り去り、リンドバーグ男爵を脅迫した張本人でした。

代金回収に来たハレシュ

ランが帰城するとユスタフにまだ夕食をとっていないと言われます。

待っててくれたの?とランが嬉しそな顔をすると、ユスタフは表情を崩さず「はい」とだけ答えました。

 

食事をしながら伯爵邸でのことを話すラン。

ハレシュがいつ魔石を取りに来るかわからないと言います。

 

ユスタフがまた夜明けに来るつもりかもと言いました。

まさか、とランが言うと、本当にそう思っているのかそれとも冗談かとジトッとした目を向けます。

 

なんとなく言ってみただけと言うしかないラン…。

すると窓をドンドンと叩く音が聞こえました。

 

ユスタフが立ち上がって大きくため息をつきます。

ハレシュでした。

 

窓からしか入ってこれないのかとユスタフが嫌味を言うと、面倒だと返すハレシュ。

警備がザルだとまで言います。

 

3階の窓から忍び込む者を警戒するほど余裕はないとまたまた嫌味で返すユスタフ。

 

ハレシュが「代金」と言って手を差し出しました。

一旦食堂を出ていったランが、箱を持って戻ってくると、それをハレシュに渡します。

 

中身を確認したハレシュに、良い知らせを待っていると声をかけるラン。

誰にとってだと問うハレシュに、みんなだと答えました。

 

ハレシュはまた窓から出ていきます。

ランもため息をつきました。

魔術師協会にドワーフを紹介してもらおう!

ユスタフがドワーフとはどうやって接触するつもりかと訊いてきました。

ランは魔術師境界に仲介を頼もうと思っていると答えます。

 

するとユスタフが明日には境界のお偉いさんたちに会えるかもしれないと言いました。

そんなに早く来るかと訝しむランに、魔術師にとって死活問題だと言うユスタフ。

 

今回は自分も一緒に行くと言います。

魔術師たちはプライドが高いからそう簡単にドワーフを紹介してくれるわけもないし、ましてや感謝の言葉を口にするはずがないとユスタフは思いました。

 

ランに、手紙に魔石のことを書きましょうと言うと、ランは「わかった」と即答します。

 

そんなランに、素直ですねと言うユスタフ。

年下のくせに何それ…と心の中で思うランでした。

緑陰の冠26話の感想&次回27話の考察予想

ユスタフとランの姉弟の会話が毎回楽しみです。

まったく表情を崩さないで辛辣なこと行ったり呆れたりするユスタフが段々癖になりそう…。

 

ランは相変わらずの天然さが垣間見えて、しっかり者の弟に窘められるお姉ちゃんって感じです。

 

今はまだユスタフは成人前だから、少年っぽさも残っているし。

言うことはかなり大人びていますけどね。

まとめ

今回は漫画『緑陰の冠』26話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

ざっとストーリーをまとめると・・。

緑陰の冠の26話のまとめ
  • ユスタフは当主だけの秘密の諜報部員「緑影」にランの動向を見張らせていた。
  • ハレシュがイルミニティ令嬢の診療の対価として魔石を取りに来る。
  • ドワーフとの接触を魔術師協会に頼むというランに、今回は同行するとユスタフが告げる。

≫≫次回「緑陰の冠」27話はこちら

おすすめ無料漫画アプリ

おすすめ無料漫画アプリ

ピッコマと同じく、面白い漫画を多数配信している漫画アプリを厳選紹介!

マンガMee
マンガmee
公式サイト
  • マンガMeeは、集英社が運営するマンガアプリ。
  • マーガレット・りぼんなど、集英社の少女漫画の最新作や過去作品も多数配信。
  • 面倒な登録不要。
  • ダウンロードはこちら
マンガPark
マンガPark
公式サイト
  • 初回ダウンロード限定:30話分無料で読めるコインを全ての方に配布中!
  • 白泉社の全レーベルが集結!大量のマンガ作品を配信
  • マンガParkでしか読めないオリジナル作品が続々登場!
  • 日常漫画からホラー漫画まで幅広いジャンルが無料で読める!
  • ダウンロードはこちら
マンガがうがう
マンガがうがう
公式サイト
  • 双葉社双葉社発のまんがアプリ!
  • 小説家になろう発の異世界・転生マンガが大集合!
  • 「がうポイント」を使って、毎日無料で読める!
  • 30日間無料で読み返せる!
  • ダウンロードはこちら

おすすめ電子書籍サービス

まんが王国

まんが王国

公式サイト

  • 登録無料&クレカがなくてもOK!
  • 電子書籍サイトで業界最大級
  • 毎日最大50%ポイント還元!
  • 1巻無料からそれ以上も♪じっくり試し読みできる!
  • 無料トライアル31日間!
  • 初回31日間は月額2,189円(税込)が無料!おまけに登録時に600円分のポイントが貰え、さらに継続すると1200円分のポイントが毎月もらえる。
  • 無料期間中は解約してもお金はかからないので初めやすい♪

ebookjapan

ebookjapan

公式サイト

  • 登録時に6回まで使える50%OFFクーポンが貰えます!クーポンの上限金額は500円なので、1000円購入したら500円引きに!
  • 約50万冊が漫画作品を取り揃えてる♪
  • 半額キャンペーンなどセールも定期的に行われているので漫画がお得に読めるチャンスが何度も♪