脇役の私が妻になりました ネタバレ12話【ピッコマ漫画】結婚話が進む中、ディランがセドリックに伝えたい想い。

漫画「脇役の私が妻になりました」は原作No Heeda先生、漫画EUNREN先生の作品でピッコマで配信されています。

今回は「脇役の私が妻になりました」12話を読んだので、見どころやネタバレ込みあらすじ、考察予想や読んだ感想をご紹介します。

 

前回のラストシーンは?
グラハムと話をして、セドリックに結婚することを伝えたディラン。
展開は予想通りだったものの、グラハムに対するディランの印象に困惑してしまうセドリックなのでした。
グラハムに呼ばれた二人は、結婚式をどういったものにするのか話を聞かされます。
盛大なものにしたいと語るグラハムに、ディランは身内だけのこじんまりとした式にしたいと希望を伝えました。
グラハムはなかなか納得しませんでしたが、ディランが上手く話しをもっていったおかげで、最後は感激の涙を流しながら納得するのでした。

≫≫前話「脇役の私が妻になりました」11話はこちら

 

脇役の私が妻になりました12話の注目ポイント&考察予想

二人の結婚式を質素なものにすることを、上手く説得できたディランでしたが、グラハムはなるべく早く式を挙げて欲しいと訴え、結婚式は早ければ2週間後に行われることが決まりました。

 

話したいことがあると、家まで歩いて帰りたいと話すディランに付き合うセドリック。

セドリックは、祖父とディランのやりとりを思い出しては笑うのでした。

 

帰りながら二人は、社交界デビューのことやこれからの結婚生活について話を始めます。

小説の記憶があり、今後の展開を知るディランは、セドリックに対してある宣言をするのでした。

 

勘違いを含みながらも、ディランの宣言を受け止めるセドリック。

そしてもう一つ、ディランは結婚式での誓いのキスに関して、セドリックにお願いをしますが・・・。

脇役の私が妻になりました12話のネタバレ込みあらすじ

グラハム邸から歩いて帰るディランとセドリック。

ディランの説得により、質素な式にすることは納得させることができたものの、式を早く挙げるという点においてはグラハムが譲らなかったため、準備が間に合えば、ディランとセドリックの結婚式は2週間後に行われることになりました

 

グラハム邸を後にした二人は、一時間以上かかるものの、ディランが話したいことがあるからと徒歩で帰ることを選んだため、セドリックも一緒に付き合うことにします。

 

頑固な祖父がディランに言い負かされる姿を目の当たりにしたセドリックは、歩きながら思い出しては笑いを堪えられません。

セドリックはディランに、「祖父を手玉に取りましたね」とニコニコ言います。

 

「我慢してやりたくないことをするなら、避けられる方法をどうにかして見つけたい。避けられないときはやらざるを得ない。」と話すディランに、セドリックは人生の伴侶としてうってつけなのだが・・・と思うのでした。

 

公爵家の跡取りとの結婚となれば、かなり大々的に騒がれ、とても目立つ形での社交界デビューとなるでしょう。

目立つことが本当に苦手なディランは、これからの社交界デビューが憂鬱でたまりません。

 

一気に暗くなったディランの様子を見て、セドリックは自分も仕事が忙しくなるし、社交界に顔を出すのは結婚話が収まった頃で良いと提案します。

セドリックの提案にパァッと表情が明るくなるディランでしたが、「生涯の伴侶」という言葉が出ると、また顔を曇らせました。

結婚生活を送る上で、セドリックに対してある宣言をするディラン。

セドリックに対して、ディランは結婚生活に愛が欠かせないという、お昼にしていた話の続きをしたいと言います。

ディランは立ち止まり、「セドリックを好きになることは絶対にありえません」と、背中を向けたまま宣言をするのでした。

 

小説での今後の展開を知っているディランは、自分の運命の相手はセドリックではないし、セドリックの運命の相手も自分ではないと説明します。

頑なに言い切るディランの姿を見て、セドリックは「元婚約者への気持ちが残っているからなのか」と尋ねました。

 

予想外の問いに目が点になるディランですが、そういうことにしておいた方が都合が良いと思い、焦りながらもその通りだと返事をします。

怪しむどころか、初恋の相手と婚約までしていたのなら気持ちを切り替えられなくても仕方が無いと納得するセドリック。

 

時間が経てば気持ちは変わるのではと尋ねるセドリックに、努力しない訳では無いがきっと変わらないと返すディラン。

そして、ディランはお互いを知り、愛情が生まれるかどうか判断するための期間として、長くても2年の期間を設けましょうと提案します

 

その期間でどちらも相手への思いが生まれなかったら、自分たちはそこまでの関係だったのだと結論付けることで、二人は了承しました。

「セドリックが別の人を愛した時、自分は邪魔したくない」と話すディランに対し、こんなに自分を強くもつ彼女が運命と思う相手とは、一体どんな人物なのだと思うセドリックなのでした。

結婚式の誓いのキスについてお願いするディラン。

歩きながらディランは、セドリックにもう一つお願いがあると切り出します。

結婚式では誓いのキスがお約束としてありますが、キスはまだ未経験のディラン。

 

初めてのキスは好きな人としたいと思っているディランは、式では頬にしてほしいとお願いします。

お願いを聞いたセドリックは、「かまいませんが、周りから変に思われるかもしれませんよ」と冷静に返します。

 

するとディランは、なぜか「ちょっと練習しましょう」と言い、まさかの提案にセドリックは驚くしかありませんでした。

脇役の私が妻になりました12話の感想&次回13話の考察予想

無事にグラハムを説得させられたと思ったら、まさかの結婚式が2週間後という超ハードスケジュールになってしまいましたね!!

少し前まで婚約破棄するはずが、トントン拍子に話が進んで行ってます。

 

セドリックが別の人と結ばれるであろう、小説での今後の展開を知っているため、ディランは好きにならないと宣言をしましたが、現時点で小説と展開が変わってきているなら、ディランとセドリックが相思相愛になるストーリーもあるのではないでしょうか!?

 

実際、セドリックはディランのことを生涯の伴侶にしたいと考えているようですし・・・。

2年の期間を設けることにした二人ですが、一体どんな結婚生活を送ることになるのでしょうか?

 

そして、誓いのキスを頬にするために練習しようと言い出したディランですが、あんな道ばたでキスの練習をするの!?と、次回の展開にドキドキしちゃいます。

まとめ

今回は漫画『脇役の私が妻になりました』12話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

ざっとストーリーをまとめると・・。

脇役の私が妻になりましたの12話のまとめ
  • 結婚式が2週間後に迫ったディランとセドリック。
  • 徒歩での帰り道、セドリックに対して「絶対に好きになることはない」とディランは宣言し、2年という結婚生活の期限を設けることにします。
  • 初めては好きな人としたいというディランの希望により、なぜか頬への誓いのキスの練習をすることになるセドリックなのでした。

≫≫次回「脇役の私が妻になりました」13話はこちら

おすすめ無料漫画アプリ

おすすめ無料漫画アプリ

ピッコマと同じく、面白い漫画を多数配信している漫画アプリを厳選紹介!

マンガMee
マンガmee
公式サイト
  • マンガMeeは、集英社が運営するマンガアプリ。
  • マーガレット・りぼんなど、集英社の少女漫画の最新作や過去作品も多数配信。
  • 面倒な登録不要。
  • ダウンロードはこちら
マンガPark
マンガPark
公式サイト
  • 初回ダウンロード限定:30話分無料で読めるコインを全ての方に配布中!
  • 白泉社の全レーベルが集結!大量のマンガ作品を配信
  • マンガParkでしか読めないオリジナル作品が続々登場!
  • 日常漫画からホラー漫画まで幅広いジャンルが無料で読める!
  • ダウンロードはこちら
マンガがうがう
マンガがうがう
公式サイト
  • 双葉社双葉社発のまんがアプリ!
  • 小説家になろう発の異世界・転生マンガが大集合!
  • 「がうポイント」を使って、毎日無料で読める!
  • 30日間無料で読み返せる!
  • ダウンロードはこちら

おすすめ電子書籍サービス

まんが王国

まんが王国

公式サイト

  • 登録無料&クレカがなくてもOK!
  • 電子書籍サイトで業界最大級
  • 毎日最大50%ポイント還元!
  • 1巻無料からそれ以上も♪じっくり試し読みできる!
  • 無料トライアル31日間!
  • 初回31日間は月額2,189円(税込)が無料!おまけに登録時に600円分のポイントが貰え、さらに継続すると1200円分のポイントが毎月もらえる。
  • 無料期間中は解約してもお金はかからないので初めやすい♪

ebookjapan

ebookjapan

公式サイト

  • 登録時に6回まで使える50%OFFクーポンが貰えます!クーポンの上限金額は500円なので、1000円購入したら500円引きに!
  • 約50万冊が漫画作品を取り揃えてる♪
  • 半額キャンペーンなどセールも定期的に行われているので漫画がお得に読めるチャンスが何度も♪