ある継母のメルヘン ネタバレ60話【ピッコマ漫画】シュリーを待つジェレミー、そして届いた悲報/皇帝の隠密「ノラ」

漫画ある継母のメルヘンは原作ORKA先生、漫画Spice&Kitty先生の作品でピッコマで配信されています。

今回は「ある継母のメルヘン」60話を読んだので、見どころやネタバレ込みあらすじ、考察予想や読んだ感想をご紹介します。

 

前回のラストシーンは?
シュリーと気まずい別れをしてしまったアルベルトは、やはりジェレミーの結婚式に出てもらおうと思い直し馬車の後を追いました。しかし一足遅く、アルベルトが見たのは護衛騎士2人の変わり果てた姿と、破壊された馬車…。

≫≫前話「ある継母のメルヘン」59話はこちら

 

ある継母のメルヘン60話の注目ポイント&考察予想

シュリーの回帰前の話の続きです。

 

シュリーは教皇庁の陰謀によって殺害されてしまいました。

それをサファヴィーの盗賊の仕業にでっちあげ、聖戦と銘打った混乱に帝国中を陥れようと目論んでいます。

 

オハラがジェレミーの意志だと言ったことも嘘だということがバレ、ジェレミーはシュリーを呼び戻そうとしますが、そこに悲報が届き…。

ある継母のメルヘン60話のネタバレ込みあらすじ

子供たちにもジェレミーの結婚式に出ないと言っていたシュリー。

ジェレミーが出て欲しくないと言っていたからだと説明していました。

 

でも、シュリーと仲直りしようと思っていたエリアスと双子たちは内緒である計画を立てます。

式が始まる前にシュリーを呼びに行って感謝の言葉と謝罪しようと思っていました。

疑念を持つエリアス

計画通りレイチェルがシュリーを迎えに行くと、すでに別荘に発ったと聞かされます。

 

シュリーに今までの感謝と謝罪を伝えようと思っていると、目を輝かせて説明するレイチェルに、グウェンは複雑な表情をしました。

レイチェルはグウェンにどうして止めなかったのか問い詰め、真実を知ります。

 

前日にオハラと会ってからシュリーはひどく傷ついた顔をしていたと言うと、結婚式に出て欲しくないとジェレミーが言っていたと聞いたことがショックだったのだろうとグウェンは言いました。

 

だから昨日自分たちにあんなことを聞いてきたのかと口にするレオン。

レイチェルも私達のせいだと肩を落とします。

 

そのときエリアスが、なにかおかしいと言い出しました。

式に出るなとジェレミーが直接言ったわけではないことが腑に落ちないのです。

 

ジェレミーの性格上オハラを介して伝えるなんてあり得ないというエリアス。

そのとき、会話を聞きかじったジェレミーが声をかけました。

ジェレミーの怒りを淡々と受け入れるオハラ

エリアスたちから事の次第を聞いたジェレミーはすぐにオハラの控室に向かいました。

 

ひどく冷たい声で、シュリーに何を言ったのかと問うジェレミー。

オハラは動じること無く、本当に去ったようですねと言います。

 

シュリーが本音を隠して鉄血の未亡人と呼ばれて侯爵家を必死に守ってきたのだとオハラも気付いていました。

冷たいフリが似合わない人だと言うと、ジェレミーにそうでしょう?と問いかけます。

 

オハラは自分のやったことと、それがこうしてすぐに露呈してしまうことは分かっていたと言いました。

ジェレミーには理解できないだろうからこれ以上は言い訳をしないと淡々と語るオハラ。

 

ジェレミーはシュリーが来るまで式を延期すると告げると控室を出ていきました。

盗み聞いたシュリーの本音

シュリーの到着をじっと待つジェレミー。

ジェレミーは以前シュリーとグウェンの会話を聞いてしまいました。

 

シュリーに、ジェレミー様の婚約が決まったのだから奥様は何かやりたいことはないのかと訊ねるグウェン。

本来の温和なシュリーに戻って、これからは別の未来も考えるべきだと言いました。

 

グウェンのおかげで冷たい侯爵夫人のフリをすることがきていたと言うと、しばらく考えこむシュリー。

でも、やっぱりジェレミーの結婚式に出たいと言います。

 

式の光景を思い浮かべ、子供たちの成長を見た時がノイヴァンシュタインで役割を立派に終えた証だと思う…と。

それが今の私の願いだとシュリーは言いました。

シュリーの悲報

ジェレミーに、エリアスがさすがにこれ以上待たせるのはマズイと言いに来ました。

とりあえず始めるフリでもしたほうが…と言うエリアスに、待てと言うジェレミー。

 

エリアスも仕方がないだろうと声を荒げます。

待てというのが聞こえないのかと言うジェレミーの目は憤怒に燃えていました。

 

会場の扉が開いたので、レイチェルが駆け寄ろうとします。

しかしそこに立っていたのは警察隊…。

 

彼らがレイチェルに何やら話している様子を、固唾を飲んで見守る参列者たち。

振り向いたレイチェルは、顔を歪め「兄様…」と言います。

 

ジェレミーの目には、血の付いたシュリーにあげたブローチが…。

 

警察隊が「悲報!」とシュリー殺害を知らせました。

ノイヴァンシュタイン侯爵夫人はサファヴィーの盗賊に無残に殺害されたと宣言する警察隊。

 

現場で拘束したという捕縛されたアルベルンを連れています。

ジェレミーはつかつかと警察隊に歩み寄り、ブローチを持っていた警察隊の腰から剣を奪い取りました。

 

必死に止める警察隊。

辺りは騒然となりました。

ノラ・フォン・ニュルンベル

シュリーの悲報を聞いた皇帝は頭を抱えます。

 

1人の男を呼びつけ、調査をするよう指示しました。

どんな些細なことも見逃すことのないようにと。

 

そして、知り得たことは他の警察隊はもちろん、誰にも口外するなと厳しい口調。

その相手はノラでした。

ある継母のメルヘン60話の感想&次回61話の考察予想

ジェレミーはシュリーとグウェンの会話を聞いて、シュリーの本音を知ったんですね。

それ以前にも薄々気付いてはいたのだと思いますが、それが決定的で、だからこそ式には絶対来てほしかったのだと思います。

 

シュリーは孤立無援だったわけではなくて、グウェンは味方だったと知ってちょっとホッとしました。

1人でも分かってくれる人がいて本当に良かった。

 

捕縛されていたのはアルベルンだと思いますが、なぜ?

彼が口を滑らせてしまったことが今回の悲劇に繋がったから、責任は大きいことは確かです。

 

そしてノラ。

ここで登場してきました。

 

ノラは皇帝の秘密警察?隠密?という立ち位置のようです。

シュリーの死後、教皇庁が目論むような結果につながっていくのでしょうか。

まとめ

今回は漫画『ある継母のメルヘン』60話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

ざっとストーリーをまとめると・・。

ある継母のメルヘンの60話のまとめ
  • レチェルが迎えに行くとシュリーはすでに別荘に発った後だった。グウェンから結婚式に出られないことでひどくショックを受けていたと聞く。
  • シュリーはジェレミーが式に出て欲しくないと言っていたと子供たちに伝えたが、エリアスはオハラを介して伝えるのはおかしいと言う。
  • オハラがシュリーに式に出るなと言ったことを知ったジェレミーは、シュリーを呼び戻すため使者を送る。シュリーが来るまで式を延期すると告げる。
  • 式場に警察隊がやってきてシュリーの悲報を告げる。アルベルンが捕縛されて連行されていた。ジェレミーは剣をとり斬りかかる。
  • 皇帝はノラに秘密裏に真相を究明するよう命じる。

≫≫次回「ある継母のメルヘン」61話はこちら

おすすめ無料漫画アプリ

おすすめ無料漫画アプリ

ピッコマと同じく、面白い漫画を多数配信している漫画アプリを厳選紹介!

マンガMee
マンガmee
公式サイト
  • マンガMeeは、集英社が運営するマンガアプリ。
  • マーガレット・りぼんなど、集英社の少女漫画の最新作や過去作品も多数配信。
  • 面倒な登録不要。
  • ダウンロードはこちら
マンガPark
マンガPark
公式サイト
  • 初回ダウンロード限定:30話分無料で読めるコインを全ての方に配布中!
  • 白泉社の全レーベルが集結!大量のマンガ作品を配信
  • マンガParkでしか読めないオリジナル作品が続々登場!
  • 日常漫画からホラー漫画まで幅広いジャンルが無料で読める!
  • ダウンロードはこちら
マンガがうがう
マンガがうがう
公式サイト
  • 双葉社双葉社発のまんがアプリ!
  • 小説家になろう発の異世界・転生マンガが大集合!
  • 「がうポイント」を使って、毎日無料で読める!
  • 30日間無料で読み返せる!
  • ダウンロードはこちら

おすすめ電子書籍サービス

まんが王国

まんが王国

公式サイト

  • 登録無料&クレカがなくてもOK!
  • 電子書籍サイトで業界最大級
  • 毎日最大50%ポイント還元!
  • 1巻無料からそれ以上も♪じっくり試し読みできる!
  • 無料トライアル31日間!
  • 初回31日間は月額2,189円(税込)が無料!おまけに登録時に600円分のポイントが貰え、さらに継続すると1200円分のポイントが毎月もらえる。
  • 無料期間中は解約してもお金はかからないので初めやすい♪

ebookjapan

ebookjapan

公式サイト

  • 登録時に6回まで使える50%OFFクーポンが貰えます!クーポンの上限金額は500円なので、1000円購入したら500円引きに!
  • 約50万冊が漫画作品を取り揃えてる♪
  • 半額キャンペーンなどセールも定期的に行われているので漫画がお得に読めるチャンスが何度も♪