ある日、私は冷血公爵の娘になった ネタバレ52話【ピッコマ漫画】皇帝からの呼び出しに応じる父親

漫画ある日、私は冷血公爵の娘になったは原作Cotton先生、漫画Siya先生の作品でピッコマで配信されています。

今回は「ある日、私は冷血公爵の娘になった」52話を読んだので、見どころやネタバレ込みあらすじ、考察予想や読んだ感想をご紹介します。

 

前回のラストシーンは?
怪我の治ったじゅーさんを自分の部屋に招待したエステル。
住む場所が決まっていないというじゅーさんに、エステルは一緒に暮らそうと提案し…!?

≫≫前話「ある日、私は冷血公爵の娘になった」51話はこちら

 

ある日、私は冷血公爵の娘になった52話の注目ポイント&考察予想

酷い目にあっても無邪気さは健在!

前回いきなり、じゅーさんに一緒に住もう、とエステルが提案するシーンで話が終わりました。

精神と肉体がバラバラになってしまうほどひどい目にあったにもかかわらず、無邪気さが全く変わらないエステルにはびっくりです。

 

じゅーさんには最初から好印象しかないので、わからないでもないですが、無理やりとはいえ魔塔に属していた人物です。

 

このまま同居の話はうまくい進むのでしょうか?

今回は、事件を経て、少し考えが成長したエステルの姿も見られるので、そこにも注目してみてください。

ある日、私は冷血公爵の娘になった52話のネタバレ込みあらすじ

思い付きで話を進めるエステル

住む場所の決まっていないじゅーさんを一緒に暮らそうと誘うエステル。

エステルは、じゅーさんの主人だった魔導士のレプトンが死んだことを父親から聞いていました。

主人だった魔導士がもういないのだから、じゅーさんも自由になれると思ったのです。

 

じゅーさんは屈託なく誘ってくれるエステルに嬉しくなり、思わずいいのですか?と確認します。

 

もちろん大歓迎だ!というエステルに待ったをかけたのが護衛のロイです。

エステルがだれにも相談せずに、いきなりイリアル(=魔導士の奴隷)だったじゅーさんと同居するというのは…。

イリアルとエステルが一緒に住むことはできるのか?

ロイは真剣な顔で、じゅーさんに悪意はないが、君はイリアルなんだから、と喜んでいるじゅーさんにくぎを刺しました。

 

じゅーさんに現実を突きつけるロイに怒りのパンチを食らわせるエステル。

魔導士に魔法をかけられて奴隷にさせられたのなら、主人の魔導士が死ねば魔法も解けているのでは?とエステルはじゅーさんに聞きます。

 

しかし、じゅーさんによると、魔法はもともとかけられていないのだとか。

じゅーさんは魔法をかけられていない代わりに、実験に使われ、もともと黒かった髪も赤くなってしまったのだそうです。

 

自分にされていたような実験を、じゅーさんは長年にわたってされていたのかと思うと心が痛むエステル。

とにかく、今は楽しく過ごしてもらおうと、お菓子をたくさんすすめ、じゅーさんと楽しく過ごしました。

皇帝からの呼び出し

場面は変わり、父親の執務室。

そこには皇帝からの最後通達の封書が届いていました。

 

魔塔に実力行使で侵入したカスティージョ家に対し、魔導士と皇帝とカスティージョの三者で話し合うために、首都へ赴くように伝えた命令書です。

父親はエステルが心配で、皇帝からの命令を今まで無視してきましたが、これ以上は無理だと判断し、命令に従うことを決めました。

 

そして「誓約」は破れないのだから…、という考えが父親の中によぎりました。

「誓約」とは何なのか?その正体は読者にはわかりません。

じゅーさんと同居するためには?

ロイとエステルとじゅーさんが、首都での魔塔とカスティージョの全面戦争の話をしていたところに、父親がやってきました。

エステルは大喜びで父親に抱き着くと、聞きたいことがあると言って、二人で別の部屋に向かいます。

 

二人きりになると、さっそく父親に、じゅーさんを雇いたいとお願いするエステル。

エステルは、遊び相手か侍女のつもりでしたが、意外にも父親は「エステル付きの魔導士」として雇うようにアドバイスします。

 

父親によると、じゅーさんにも少しだけカスティージョが混ざっているのです。

だからエステルの魔導士としてじゅーさんは適任だろうという父親。

 

エステルはもう一つ疑問に思っていた、魔塔とカスティージョが戦争になるのか?についても聞いてみました。

すると、父親は皇帝が仲裁するだろうから問題ないと答えます。

 

カスティージョも皇帝の命令には逆らえないので、皇帝から命令が下れば魔塔との和解もやむなし、といった感じの様です。

エステルは、なぜカスティージョ家ほどの力のある家門でも、皇帝に絶服従なのか疑問に思い、その点も父親に聞いてみました。

 

しかしそちらの質問は、エステルがもう少し大きくなったら話そう…、と言ってはぐらかされてしまいました。

納得がいかず、拗ねているエステルに、父親は話題を変え、精霊士としての能力を持ったエステルが「契約」について考える時が来たと話だし…!?

ある日、私は冷血公爵の娘になった52話の感想&次回53話の考察予想

前回のラストシーンでは、なんの考えもなしにじゅーさんと暮らしたい!と言っていたように見えたエステルですが、父親に提案するときはしっかり「雇いたい」と言っていましたね。

 

じゅーさんを直感で信じるだけでなく、主人が死んだから、魔法が解けたのではないか?と、エステルなりにじゅーさんに危害を加える要素がないということを、証明したいと考えさせる言動もありました。

このあたりに、ただただ無邪気でかわいらしかったエステルから一歩成長した姿が見られる話でしたね。

 

人間不信になってもおかしくない事件が起こりながら、人としてしっかり成長し、それでいて無邪気さも失わないエステルが、ますます魅力的に輝くお話しだったでしょう。

まとめ

今回は漫画『ある日、私は冷血公爵の娘になった』52話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

ざっとストーリーをまとめると・・・。

ある日、私は冷血公爵の娘になったの52話のまとめ
  • じゅーさんと一緒に暮らすために、エステルはじゅーさんと魔塔についていろいろ質問した。
  • 魔塔に侵入したカスティージョに対して皇帝から首都への赴くよう命令が下った。
  • 父親がじゅーさんをエステル付きの魔導士として雇うことを提案し、じゅーさんが屋敷に住むことが認められた。

≫≫次回「ある日、私は冷血公爵の娘になった」53話はこちら

おすすめ無料漫画アプリ

おすすめ無料漫画アプリ

ピッコマと同じく、面白い漫画を多数配信している漫画アプリを厳選紹介!

マンガMee
マンガmee
公式サイト
  • マンガMeeは、集英社が運営するマンガアプリ。
  • マーガレット・りぼんなど、集英社の少女漫画の最新作や過去作品も多数配信。
  • 面倒な登録不要。
  • ダウンロードはこちら
マンガPark
マンガPark
公式サイト
  • 初回ダウンロード限定:30話分無料で読めるコインを全ての方に配布中!
  • 白泉社の全レーベルが集結!大量のマンガ作品を配信
  • マンガParkでしか読めないオリジナル作品が続々登場!
  • 日常漫画からホラー漫画まで幅広いジャンルが無料で読める!
  • ダウンロードはこちら
マンガがうがう
マンガがうがう
公式サイト
  • 双葉社双葉社発のまんがアプリ!
  • 小説家になろう発の異世界・転生マンガが大集合!
  • 「がうポイント」を使って、毎日無料で読める!
  • 30日間無料で読み返せる!
  • ダウンロードはこちら

おすすめ電子書籍サービス

まんが王国

まんが王国

公式サイト

  • 登録無料&クレカがなくてもOK!
  • 電子書籍サイトで業界最大級
  • 毎日最大50%ポイント還元!
  • 1巻無料からそれ以上も♪じっくり試し読みできる!
  • 無料トライアル31日間!
  • 初回31日間は月額2,189円(税込)が無料!おまけに登録時に600円分のポイントが貰え、さらに継続すると1200円分のポイントが毎月もらえる。
  • 無料期間中は解約してもお金はかからないので初めやすい♪

ebookjapan

ebookjapan

公式サイト

  • 登録時に6回まで使える50%OFFクーポンが貰えます!クーポンの上限金額は500円なので、1000円購入したら500円引きに!
  • 約50万冊が漫画作品を取り揃えてる♪
  • 半額キャンペーンなどセールも定期的に行われているので漫画がお得に読めるチャンスが何度も♪