韓国語略訳|公爵夫人の50のお茶レシピ103話先読みネタバレ!上の空のアーサーは、エリナを傷つけ、自分の気持ちに気付き始める

漫画公爵夫人の50のお茶レシピ」103話の原作/韓国版の小説を先読みして読んだので、あらすじ&ネタバレをご紹介します。

 

≫≫前話をご覧になっていない方はこちら

≫≫日本語版のネタバレはこちら

公爵夫人の50のお茶レシピ103話【原作】韓国版のあらすじ込みネタバレ

クロエが自分の生き方を探し、アルフォンスはクロエの存在の大きさを感じていたころ、アーサーは悩んでいました。

 

今回は、そんなアーサーの話です。

 

上の空のアーサー、心配なエリナ

 

帝国一の浮気者と言えば、言わずと知れた皇太子アーサーですね。

相変わらず色んな女性と遊んでいるアーサーですが、物足らなさを感じていました。

 

そんな自分に驚きを隠せないアーサーですが、その横には心配そうに見つめるエリナがいます。

遠慮しながらも悩みがないかを訪ねます。

 

エリナは、会う回数も減り、会っても上の空なアーサーのことが心配で、少しでも役に立ちたいという気持ちなのですが、アーサーはそれが気に食わない様子です。

 

エリナの質問に腹を立てたアーサーは、帰ってしまいます。

いつものように、また会おうと言ってくれなかったことに、エリナは傷つき、一人泣くのでした。

 

トリプルスイートでお茶とクロエとの時間を楽しむアーサー

 

アーサーは、トリプルスイートでお茶をしています。

そして、クロエがいることを確認して、嬉しそうです。

 

挨拶をするクロエに対して、アーサーはメニューにない新しいものをと注文します。

 

クロエは悩みながらも、どのようなイメージかアーサーに尋ねると、アーサーはテーブルにある花瓶を見て、バラの香りがするお茶と答えるのでした。

 

クロエは、すぐに対応します。

 

クロエの対応力がすごいですね!

 

クロエが用意したお茶を飲んだアーサーは、想像していた強いバラの香りとは違い、かすかに広がるバラの香りを感じます。

同時に、リンゴのような、バナナのような、甘い香りを感じて、不思議に思うのでした。

 

クロエは、バラと東方のフルーツであるジャックフルーツが入った紅茶だと説明をします。

 

ジャックフルーツという初めて聞いた名前に驚くアーサー。

ジャックフルーツはドリアンのような見た目で、バナナやマンゴーのような甘味があるフルーツだそうです。

 

クロエの専門性に脱帽するアーサーは、テーブルの花が可愛いと話題を振ります。

クロエは嬉しそうに、アルフォンスが買ってくれたと話すのでした。

 

アルフォンスの名前が出ると、アーサーはヤキモチを妬いてるようです。

そして、ヤキモキした気持ちを抑えれず、お茶を残してトリプルスイートを後にするのでした。

 

そして、アーサーは自分がクロエを好いているのではないかと気付き始めるのでした。

 

傷ついたエリナが訪れたのは、トリプルスイート

 

トリプルスイートに、エリナが訪れます。

暗い表情のエリナを心配するクロエ。

 

そして、エリナはアーサーとの出来事をクロエに話そうとします。

アーサーがエリナを傷つけたと察したクロエは、エリナの手を取り、何も気にせず泣いて悲しみを流せばいいと寄り添うのでした。

 

そして、エリナは、クロエの胸で涙を流すのでした。

 

公爵夫人の50のお茶レシピ103話の読んだ感想

アーサーがついに自分の気持ちに気付きはじめましたね。

アーサーを本気で想っているエリナが傷つくのは辛いですが、それを慰めるクロエを見るとなんだか複雑な気持ちになります。

まとめ

今回は漫画『公爵夫人の50のお茶レシピ』103話の原作/韓国版の小説を先読みお届けしました。

当サイトではピッコマ漫画の通常/日本語版のネタバレもご紹介していますので、そちらもぜひ読んでみてください。

 

≫≫次回「公爵夫人の50のお茶レシピ」104話はこちら