外科医エリーゼ【ネタバレ137話/ピッコマ】謝罪の言葉が信じられないリンデン、向けられた銃の先でアムセルは…

漫画外科医エリーゼ原作yuin先生、漫画mini先生の作品でピッコマで配信されています。

今回は「外科医エリーゼ」137話を読んだので、見どころやネタバレ込みあらすじ、考察予想や読んだ感想をご紹介します。

 

アムセルはエリーゼの手術によって一命をとりとめました。

エリーゼに感謝はするものの、血塔の悲劇のことを教えてほしいというエリーゼの頼みは頑なに拒絶するアムセル。

リンデンとミハイルの痛みをわかってほしいと告げ、エリーゼは屋敷を後にしました。

≫≫前話「外科医エリーゼ」136話はこちら

外科医エリーゼ137話の見どころ・考察予想

命が残り少ないと悟っているアムセルは、血塔の悲劇の起こった百願の宮を訪れました。

そこで、皇后のこと、自分の人生、そして愛する家族のことを考えます。

アムセルの謝罪

今回の見どころは、アムセルが自分の人生を回顧し、後悔しているわけではないのですが、リンデンに謝罪の言葉を伝えるところ!

リンデンはその言葉を聞いて何を思うのか!?

外科医エリーゼ137話のネタバレ込みあらすじ

アムセルはユリエンに血塔の悲劇の起こった日のことをどう思うか問いました。

 

ユリエンは、マリエン皇妃は苦しんだと思うけれど、あの日のことだけはアムセルもアリエンも間違っていたと思うと、正直に告げます。

 

理由があるからと言って過ちが正当化されるわけではないと…。

ユリエンの言葉を聞いたアムセルは考え込みます。

 

そして、今日どうしてもいかなければならない場所があるから準備をするよう伝えました。

百願の宮を訪れるアムセル

皇宮に着いたアムセルは、百願の宮に向かいました。

同行した執事は訝しみます。

 

中に入ったアムセルは、そばに居た皇宮の護衛騎士に、皇后陛下がここにいた期間は6ヶ月かと訊ねました。

 

騎士はチャイルド侯爵がどの面下げてここに来たのかと内心憤ります。

アムセルは皇后をあんなことにした張本人なのですから…。

 

アムセルは鉄格子のはめられた小さな窓から外を眺めました。

その脳裏には、皇女を抱きしめる皇后の姿が…。

 

アムセルは、あの窓を見て皇后は皇帝が救い出してくれると希望を抱いていただろうかと思い巡らせます。

 

そして建物の上の塔は開放しているかと訊きました。

執事が塔に上るつもりですかと焦った様子で止めますが、一度行ってみたかったとアムセルは譲りません。

 

1人で行ってくると言って執事を待たせて登り始めました。

いつもと違うアムセルの言動に、執事も戸惑います。

我が人生を回顧するアムセル

塔へと続く螺旋階段を上るアムセル。

術後の体で息を切らしながらようやく塔に着き、眼下を見下ろします。

 

高いな…アムセルは呟きました。

エリーゼの、あの日のことでリンデンとミハイルの受けた痛みを今一度考えてほしいと懇願する言葉を思い出します。

 

アムセルの生きる糧になっていたのは家族でした。

哀れな妹アリエンと愛する一人娘のユリエン…彼女たちのために生きてきたのです。

 

でも、自分の生き方は本当に正しかったのだろうかと自問します。

瞬時に、正しかったに違いないと自分に言い聞かせるアムセル。

 

もう一度過去に戻ったとしても、自分は同じ選択をするだろうと思います。

でも本当に自分は悪くないのだろうか?そう問いかけました。

 

一命はとりとめたものの、余命は数ヶ月と宣告されたアムセルは、残された時間をどうすればいいのかと思いを馳せます。

 

そこへ、アムセルの野郎がここに何の用だと言う声が。

振り向くとリンデンが立っていました。

アムセルの謝罪にリンデンは?

リンデンは、母と姉を冒涜しに来たのかと鋭い目を向けます。

 

幼い頃、自分を慕って話しかけてきたリンデンの笑顔を思い出すアムセル。

静かに、そういうわけではないと答えました。

 

リンデンは鼻で笑い、では謝りにでも来たのかと突き放します。

今もその首をはねたい衝動を抑えているのだから今すぐここから出て行けと言って、リンデンは背を向けました。

 

アムセルはリンデンの背に、申し訳ございませんでしたと頭を垂れます。

何だと?と気色ばむリンデンに、アムセルはもう一度同じ言葉を繰り返しました。

 

からかっているのか!?怒りが頂点に達したリンデン。

アムセルに銃を向け、本気で言っているんじゃないだろうな!?卑怯者めと怒鳴りました。

 

アムセルは本心だと静かに言ってリンデンを見つめます。

リンデンは困惑し、到底素直に受け取れません。

 

アムセルは、どうすれば謝罪を受け入れてくれるかと訊きました。

リンデンは、それが本心ならアムセル自身が考える対価を払えと答えます。

 

それさえもわからないのかと…。

相手をする価値もないと言い捨てて、その場を離れました。

 

リンデンはアムセルの言葉をにわかには信じられません。

でも、もし本当だったら許さなければならないのかと苦悩します。

 

自分を揺るがす仕業だと思い込もうとするリンデン。

そのとき、ドサッと物音がしました。

 

何の音だ?と怪訝に思うリンデン…。

外科医エリーゼ137話の感想&次回138話の考察予想

リンデンの聞いた物音は何だったのでしょう!?

すごく気になります。

 

予想したのは、『アムセルが塔から落ちた』『アムセルが倒れた』です。

落ちた音だとすると自死でしょうけど、これはこれで火種の元にならないでしょうか?

 

リンデンが直前まで会っていたのだから。

どっちにしろ、エリーゼの過去経験した結末にはならないような感じですね。

 

アムセルがアリエンとユリエンのために生きてきたと言っているように、リンデンは復讐することで自分を支えて生きてきたから、アムセルが謝罪してきたことはまったく予想外で戸惑うのもわかります。

 

許さないといけないのか…辛い気持ちがこのセリフに表れていると感じました。

まとめ

今回は漫画『外科医エリーゼ』137話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

≫≫次回「外科医エリーゼ」138話はこちら

 

ピッコマと同じく、大人気少女マンガ名作から限定作品まで多数配信している漫画アプリ『マンガMee』もおすすめですよ♪

無料漫画アプリおすすめ

マンガMee

公式サイト

・登録不要!無料でダウンロード!・集英社の公式漫画アプリだから安心安全!

・大人気少女マンガ名作から限定作品まで多数配信!

FODプレミアム
FODプレミアム
公式サイト
・無料期間中にポイント付与!有料作品も楽しめる!・月額料金よりもらえるポイントの方が多いのはFODだけ!

・最新雑誌も読み放題だよ♪

おすすめ電子書籍サービス

まんが王国

まんが王国

公式サイト

登録無料&クレカがなくてもOK!電子書籍サイトで業界最大級

毎日最大50%ポイント還元!

1巻無料からそれ以上も♪じっくり試し読みできる!

U-NEXTU-NEXT
公式サイト
・無料トライアル31日間!・初回31日間は月額2,189円(税込)が無料!おまけに登録時に600円分のポイントが貰え、さらに継続すると1200円分のポイントが毎月もらえる。

無料期間中は解約してもお金はかからないので初めやすい♪

ebookjapanebookjapan

公式サイト

・登録時に6回まで使える50%OFFクーポンが貰えます!クーポンの上限金額は500円なので、1000円購入したら500円引きに!・約50万冊が漫画作品を取り揃えてる♪

半額キャンペーンなどセールも定期的に行われているので漫画がお得に読めるチャンスが何度も♪