ネタバレ55話|転生したら神獣でした【漫画】アグリス皇太子の戴冠式
スポンサーリンク

漫画転生したら神獣でしたは原作yunbaekrim先生、漫画Buddle・Leaf先生の作品でピッコマで配信されています。

今回は「転生したら神獣でした」55話を読んだので、見どころやネタバレ込みあらすじ、考察予想や読んだ感想をご紹介します。

前回のラストシーンは?
教皇が供物として狐を持っていこうとすると、アグリス皇太子が激高しました。彼にとって狐が重要なアイテムだったからです。

≫≫前話「転生したら神獣でした」54話はこちら

スポンサーリンク

転生したら神獣でした55話の注目ポイント&考察予想

ルーシャは、くるくるとダンスを踊ってみました。

でも足がもつれてしまい上手くいきません。

母のセリアに心配されてしまいました。

 

ダンスなら前世の経験を生かせると思ったのに・・・

イアネルだった時は、皇女だったのでダンスを習っていたからです。

そんなルーシャに、セリアはもしかしたら戴冠式で代父に会えるかもしれないよ?と言ってきます。

 

ルーシャは、え?と思いました。

スポンサーリンク

転生したら神獣でした55話の一部ネタバレ込みあらすじ

以前のパーティで、ルーシャはアグリス皇太子に代父になりたいと提案されたことがありました。

その時、ラノアは他に決まっている代父がいると言って断っていたのです。

ただの、方便だと思っていたのに・・・

 

どうやら本当に代父がいるようで、ルーシャはそれがどんな人なのか気になりました。

ルーシャは、気になったのでラノアの所に行くことにします。

でもラノアは声こそ元気なようでしたが、明らかに疲弊していました。

 

ラノアの周りには、戴冠式に関する書類が山のように積まれています。

ラノアはルーシャを座らせました。

どうしたの?と聞くラノアに、ルーシャはモジモジしながら代父のことについて聞きます。

 

ラノアは笑いながら、その人はお金持ちだよ!と答えます。

ビックリするルーシャにラノアは、誰かは教えませんでしたがとても裕福な人だから、ルーシャにいっぱいプレゼントを買ってくれるだろうと豪語したのでした。

 

それから数日後、アグリス皇太子が皇帝になる戴冠式が始まりました。

民衆は、みんなアグリス皇帝を崇めます。

ルーシャはげんなりしながらも、戴冠式を見送りました。

 

ところが、フッとあるものに気が付いたのです。

アグリス皇帝が銀の狐を抱っこしていたのでした。

ルーシャはええ?と思います。

 

民衆も狐を見て、わあっと歓声をあげました。

狐様が皇帝を支持していらっしゃる!

アグリス皇帝は、それを満面の笑みで迎えたのでした。

 

続きはピッコマで!

スポンサーリンク

転生したら神獣でした55話の感想&次回56話の考察予想

アグリス皇太子が皇帝になる戴冠式が始まりました。

ルーシャ達が苦労して手にいれた狐がアグリス皇太子に渡っていたことをルーシャは初めてしりました。

 

まあ、アグリス皇太子の性格はルーシャも知っていますから、そこまで衝撃ではないでしょうが、複雑だと思います。

それに今のルーシャは代父についても気になっているようです。

 

ラノアがお金持ちだという人は、ルーシャにとってどんな関係になるのでしょうか?

ルーシャのことを可愛がってくれる人だと良いですね!

まとめ

今回は漫画『転生したら神獣でした』55話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

ざっとストーリーをまとめると・・。

転生したら神獣でしたの55話のまとめ
  • 帝国は戴冠式の準備で大忙しになっていました。
  • そんな中、セリアからルーシャの代父に会えるかもしれないといいます。
  • 気になったルーシャはラノアの所を訪ねました。
  • ラノアは、代父はお金持ちだと聞いたのでした。
  • それから数日後、アグリス皇太子の戴冠式が始まります。
  • ルーシャはアグリス皇太子が銀の狐を抱っこしているのを見て、ビックリしたのでした。

≫≫次回「転生したら神獣でした」56話はこちら

スポンサーリンク