私たち友達でしょ?ネタバレ31話【漫画】リエンの母は貴族出身だった!
スポンサーリンク

原作jyahwa先生、漫画Mian先生の作品・漫画「私たち友達でしょ?」はピッコマで絶賛配信中です。

「私たち友達でしょ?」31話を読んだので、ネタバレ込みあらすじと次回の考察予想や読んだ感想を書き綴ります!

 

~身分が違いすぎるので、カルシオンとはあくまでも友達の関係でいたいリエンですが・・・。

≫≫前話「私たち友達でしょ?」30話はこちら

スポンサーリンク

私たち友達でしょ?31話の注目ポイント&展開予想

カルシオンはクンに意地悪をやりすぎたことでリエンに叱られ、すっかりしょげていました。

リエンに嫌われたと泣いて落ち込んでいるカルシオンに、他に手がなくてリエンは額にキスします。

 

カルシオンはリエンがキスしてくれたと舞い上がってしまって、今度はピオールがうんざりしています。

リエンは、多汗症のクンのために治療薬を作ってあげました。

クンは今までも大勢の医師に診てもらいましたが、誰も直せなくてもうあきらめていたのです。

クンは、リエンのことを嫌な子だと嫌っていましたが、自分のために薬を作って持ってきてくれたリエンに対して素直に感謝して・・・。

スポンサーリンク

私たち友達でしょ?31話のネタバレ

最高級店で一緒に食事をするリエンとカルシオン

アカデミーの周辺にある高級店の中でも、最高級店のレストランでカルシオンと食事をすることにしたリエン。

今回はリエンが支払うことになっているので、カルシオンはカフェでいいと遠慮しますが強引にリエンが勧めたのです。

 

クンの多汗症の薬の代金をもらう予定だから支払いは大丈夫だというリエン。

リエンはレストランの窓からの夕日が素晴らしくきれいだし、料理もおいしくて満足していました。

お金に執着しないリエン

カルシオンは、リエンがこの店に来たかったなら、いつでも自分が連れてきたのにと思っています。

リエンは、カルシオンが店を貸し切りにしたり、店ごと買いそうなので、そんなつもりはありませんでした。

リエンがお金に執着しないのが気になるカルシオン。

リエンの生い立ち

リエンは幼い頃は両親と村で暮らしていて、両親の死後はおばさんが引き取ってくれたと打ち明けました。

しかし、カルシオンはリエンを調べさせていて、リエンの素性はすべて知っているのです。

でも、リエンの口からリエンの生い立ちが聞きたかったのでした。

 

リエンの話をうっとりとして聞いているカルシオン。

ますますリエンが好きになる気持ちを抑えられません。

リエンの母とおばさんは伯爵令嬢だった!

リエンのおばさんが薬草の研究を援助してくれたので困らなかったというリエン。

リエンは平民ですが、リエンの母とおばさんはアルメリア伯爵令嬢だったのです。

 

リエンの母は薬草の研究になるために当主にならず、おばさんが伯爵家の爵位を継いだのでした。

そして、リエンの母は、アバスカンタス帝国の父と知り合って結婚したのです。

リエンの父親はアバスカンタス帝国出身?

なぜかリエンの父には姓がなくて、リエンは母親は貴族でしたが平民になったのでした

リエンの幼い頃の話を喜んで聞いているカルシオン。

リエンはカルシオンの家族の話も聞きたいと促します。

カルシオンに絡んでくる女性

そこに、紫の髪の一人の女性がやってきました。

カルシオンは知らない人だと言い張りますが、その女性は自分がカルシオンにふさわしいのだとアピールしています。

リエンのことは無視しているので、一体何がしたいのかよくわからないリエン。

 

女性はリエンをじろじろ見て・・・。

スポンサーリンク

私たち友達でしょ?31話の感想&次回32話の考察予想

リエンはカルシオンと約束したとおり、一緒に食事に出かけました。

最高級店のレストランで一緒に食事をする2人、リエンは自分の幼い頃の話をしますが、カルシオンは裏でスパイやジェインを使ってすべて調べ上げているのが怖いですよね。

リエンの事が好きすぎて、リエンの事ならすべて知っておきたいのでしょうね。

 

カルシオンに絡んできたあの女性は一体何なのでしょうか?

もしかしたら、公爵家の後継者のカルシオンにふさわしい身分の貴族女性で、カルシオンの婚約者候補とかかなと思いました。

31話まとめ

今回は漫画『私たち友達でしょ?』31話の注目ポイントやネタバレ、感想をご紹介しました。

31話の内容をサクっとまとめると

私たち友達でしょ?の31話のまとめ

・カルシオンと一緒に最高級店で食事をするリエン。

・リエンは自分の幼い頃の話をカルシオンにしました。

・2人が食事をしているところへ、一人の変な女性が絡んできます。

≫≫次回「私たち友達でしょ?」32話はこちら

スポンサーリンク