ネタバレ22話|超個人主義的な恋愛〜神獣との恋愛事情〜|漫画|責任を負いたくないヘナ
スポンサーリンク

原作Gyeonu先生、漫画Ljjae先生の作品・漫画「超個人主義的な恋愛〜神獣との恋愛事情〜」はピッコマで絶賛配信中です。

「超個人主義的な恋愛〜神獣との恋愛事情〜」22話を読んだので、ネタバレ込みあらすじと次回の考察予想や読んだ感想を書き綴ります!

 

~ヘナを怪我させてしまったことで、神獣の怒りを買ってしまったキツネ。とりなしてもらうために、ヘナたちをライオネルの所へは返せないようですが…~

≫≫前話「超個人主義的な恋愛〜神獣との恋愛事情〜」21話はこちら

スポンサーリンク

超個人主義的な恋愛〜神獣との恋愛事情〜22話の注目ポイント&展開予想

望んだ婚礼でなかったため、ライオネルたちを使い婚礼を台無しにしようとしたキツネ。

新婦役であるヘナを連れてきたところまでは計画通りでしたが、そのヘナを怪我させてしまいました。

神獣の怒りを買ってしまったキツネは、ヘナにとりなしを頼んでいるようですが…。

スポンサーリンク

超個人主義的な恋愛〜神獣との恋愛事情〜22話のネタバレ

キツネに頼られたことにヘナは拒否の意思を示します。

当事者同士で話し合って、自分を元の場所に戻してほしいと頼んだのです。

キツネは何を思ったのか、一つ頷くとやはりたかが人間かと呟きます。

ヘナはキツネがわざと熊を出して婚礼を台無しにしたことを察していて、それを追求すると、キツネはあっけらかんとそれを認めたのでした。

ヘナのために怒るライオネルが理解できないキツネ

霊物が神獣になるのは簡単なことではないというキツネ。

神獣になるということはすべての因果と法則を飛び越えるということ、悟りの境地に達した者たちだけがなることができ、ゆえに彼らがと呼ばれるのです。

だからこそ、何故ライオネルが人間のヘナのためにあれほど怒っているのか理解できないようです。

 

彼の進んだ道の終わりに、山や海を占領し、多くの神獣を捕まえて〇した人間がどうしているのだと疑問を持っています。

そして、キツネはヘナとライオネルの関係を尋ねたのです。

キツネの問いにヘナは…。

計画が狂ってしまったキツネ

ヘナは話を戻し、婚礼の問題は解決していそうだから、このまま戻ってもライオネルは害を及ぼさないはずだと言います。

キツネの計画では、ライオネルを動かすために元々人間を連れていくつもりだったようです。

だから、新婦の肩書のヘナを連れていったところまでは計画通りでした。

 

問題は、キツネがヘナの後頭部を傷つけてしまったこと、神獣の花嫁を傷つけてしまったことは、その権威に敵対してしまった証拠なのです。

そのせいで、キツネは自身の領域内の山を二つも失ってしまったと項垂れます。

責任を取りたくないヘナはどうやら何かあるようで…

だからと言って、ヘナは状況の責任を取る必要はあるとは考えられません。

彼女は責任を負うということ自体、嫌だと感じているのです。

一連の話を聞いていて、パーキンスはそれでもライオネルに発言権があるのはヘナだけだと言いますが、ヘナの態度は頑なです。

 

パーキンスは、ヘナが選べないなら自分が選んであげると、彼女に剣先を向けました。

ライオネルからキツネの命を守ると言うように脅すパーキンスに、仕方ないと呟き、ライオネルの名を呼びます。

2人を繋ぐ鎖が可視化され、そしてヘナの目の前にライオネルが現れたのです。

スポンサーリンク

超個人主義的な恋愛〜神獣との恋愛事情〜22話の感想&次回23話の考察予想

元々熊を出して、婚礼を台無しにしようとしていたんですね。

しかし、計画はうまくいったものの、その代償はとても大きかったようです。

ライオネルの怒りはものすごかったのでしょう。

山二つ分を即座に奪い取り、山君であるキツネを怯えさせるのは、神獣がいかに神という存在なのかがうかがえます。

 

ヘナにも何かトラウマのようなものが過去にあるようですね。

「責任」ということに強く嫌悪感を抱いているようです。

ヘナにも何かまだ明かされていない正体がありそうで、今後明かされていくのでしょう。

次回も楽しみです!

22話まとめ

今回は漫画『超個人主義的な恋愛〜神獣との恋愛事情〜』22話の注目ポイントやネタバレ、感想をご紹介しました。

22話の内容をサクっとまとめると

超個人主義的な恋愛〜神獣との恋愛事情〜の22話のまとめ
  • キツネがわざと婚礼を台無しにするように仕向けた
  • ヘナを傷つけたことによりライオネルの怒りを買ってしまい、山を二つ分失ったキツネ
  • キツネに事態の収束を頼まれたヘナは責任を負いたくないようだ
  • 見かねたパーキンスが剣で脅し、ヘナは仕方なくライオネルを呼び出した

≫≫次回「超個人主義的な恋愛〜神獣との恋愛事情〜」22話はこちら

スポンサーリンク