ネタバレ52話|転生したら神獣でした【漫画】ルーシャの力で雪崩を止めて
スポンサーリンク

漫画転生したら神獣でしたは原作yunbaekrim先生、漫画Buddle・Leaf先生の作品でピッコマで配信されています。

今回は「転生したら神獣でした」52話を読んだので、見どころやネタバレ込みあらすじ、考察予想や読んだ感想をご紹介します。

前回のラストシーンは?
ラノアの提案で、ルーシャ・ヒカン・ベルモンは雪山に狐を探しに行くことにしました。山に入るとルーシャの周りに狐がたくさん寄ってきたのです。

≫≫前話「転生したら神獣でした」51話はこちら

スポンサーリンク

転生したら神獣でした52話の注目ポイント&考察予想

ルーシャに狐が駆け寄ってきた所で、突然、狐が銃で撃たれました。

駆け寄ったルーシャでしたが、狐は銃で撃たれて苦しそうです。

すると狩人が狐をよこせ!と来ました。

 

ベルモン達が、狩人を追い払おうとしましたが、そこに雪崩が全員に襲い掛かってきたのです。

スポンサーリンク

転生したら神獣でした52話の一部ネタバレ込みあらすじ

ルーシャのしっぽが2つある狐の姿は、帝国中をザワザワさせていました。

みんな狐が可愛いと思って、狐が欲しくなったのです。

その需要があり、狩人はみんな山に入って銀狐を探しにいっていたのでした。

 

でも銀狐は山深い所に隠れて住んでいるので、なかなか見つかるものではなかったのです。

ところが、ルーシャの周りにたくさんの銀狐が集まっていたので、当然のように狩人も集まってきたのでした。

そこに雪崩が襲い掛かってきたのです。

 

ベルモン達が、ハッと周りを見るとなぜか自分達の所だけ雪が避けられていました。

そして、グッタリとしたルーシャがいたのです。

どうやら、ルーシャの力で雪崩が避けられていたのでした。

 

ルーシャは反動で狐の姿に戻ってしまったので、ベルモン達はキャンプをして一夜を過ごすことになります。

ベルモンもヒカンもアウトドアには慣れているので、手際よく火を起こして食事を作りました。

 

密猟者たちもヒカンがすぐに、どっかに連れていってくれたので、その場はまたルーシャと銀狐だけの安全な場所になったのです。

ルーシャは、銀狐たちと走り回って遊びました。

 

すると肉球が、雪に照らされてキラキラと光り輝いたのです。

銀狐たちと一緒に遊んでいる姿は、幻想的な光景に見えました。

でも、ルーシャ達の後ろから、また不気味な気配が漂っていたのです。

 

続きはピッコマで!

スポンサーリンク

転生したら神獣でした52話の感想&次回53話の考察予想

しっぽが2つある狐になったことは、帝国に思わぬブームを起こしていたようです。

可愛い狐がみんな欲しくて、ペット感覚で買い求める人が多かったのですね。

そうなると、当然のように密猟者が増えることになったようです。

 

そんな中で、ルーシャ達の所に寄ってきた銀狐たちも密猟者に見つかってしまいました。

そこに雪崩が襲ってくるなんて、不運ですね。

ルーシャの力で雪崩は、止めることができましたが、まだルーシャ達の所に不気味な気配が漂っていました。

 

狐を捕まえようと山に入ったのですが、無事に帰ってくることができるのでしょうか?

まとめ

今回は漫画『転生したら神獣でした』52話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

ざっとストーリーをまとめると・・。

転生したら神獣でしたの52話のまとめ
  • ルーシャに駆け寄ってきた狐が銃で撃たれました。
  • 密猟者たちが、狐を捕まえにやってきたのです。
  • そこに雪崩が襲ってきて、ルーシャ達は巻き込まれてしまいました。
  • でもルーシャの力で、雪崩がよけられたのです。
  • ベルモン達は、その日はキャンプして一夜を過ごすことにしました。
  • ルーシャは狐の姿になってしまったので、そのまま狐たちを雪で遊んでいます。
  • その光景がキラキラと光り輝いているので、ベルモン達には幻想的な光景に見えました。
  • でも、その後ろから不気味な気配が漂ってきていたのです。

≫≫次回「転生したら神獣でした」53話はこちら

スポンサーリンク