ネタバレ51話|転生したら神獣でした【漫画】狐を捕まえに行く為に来たルーシャ
スポンサーリンク

漫画転生したら神獣でしたは原作yunbaekrim先生、漫画Buddle・Leaf先生の作品でピッコマで配信されています。

今回は「転生したら神獣でした」51話を読んだので、見どころやネタバレ込みあらすじ、考察予想や読んだ感想をご紹介します。

前回のラストシーンは?
しっぽが2つある狐の噂の為に、ラノアはしっぽが2つある狐を作ってしまおう!と提案しました。その為にヒカン・ベルモン・ルーシャが雪山に行くことになったのです。

≫≫前話「転生したら神獣でした」50話はこちら

スポンサーリンク

転生したら神獣でした51話の注目ポイント&考察予想

ルーシャは雪山を見上げました。

どうしてここからなの?

険しい山を見て、ルーシャはげんなりしました。

 

いつもなら、門を開けてもらえるのだが・・・

ベルモンはため息をつきました。

今回はお忍びで来ているので、公式に山に来ていないのです。

 

忍びで来ているから、こっそり山を登らないといけないのでした。

スポンサーリンク

転生したら神獣でした51話の一部ネタバレ込みあらすじ

どうやっていくの?

ルーシャが、聞くとヒカンが俺に任せておけ!とニコッと笑いました。

するとヒカンは自分の力を込めて、勢いよく山を駆け上がっていったのです!

 

その力を見る限り、魔法ではなさそうでした。

アイツがやりそうなことだよ・・・

ベルモンはヒカンが下ろしてくれた縄を使ってルーシャと一緒に山を登ります。

 

頂上についたベルモンはさっそく魔法で、目印をつけました。

そして、狐を探すことにします。

ところが、探すまでもなく狐の集団がルーシャ達の前に現れました。

 

どうして?

そう思っていると、狐たちは一斉にルーシャの所に駆け寄ってきます。

ビックリしたルーシャはそのまま押し倒されてしまいました。

 

どうやら狐たちはルーシャに懐いているようで、みんなルーシャの側でスリスリしてくるのです。

探す必要すらなかったみたいだ・・・

そう思っていると、森の影に小さなキツネがいることに気が付きました。

 

ルーシャはその小さなキツネにも、おいで?と手招きします。

狐は、そのルーシャの誘いが嬉しくてトコトコと駆け寄ってきました。

ところが、次の瞬間空から光が放たれたのです!

 

光は急に狐を攻撃したのでした。

続きはピッコマで!

スポンサーリンク

転生したら神獣でした51話の感想&次回52話の考察予想

狐を捕まえに行ったルーシャ達でしたが、なぜかダンジョンのように険しい山に来てしまいました。

狐ってこんな険しい山にしかいないのでしょうか?

でもベルモンやヒカンにとっては、あまり関係ないようです。

 

ヒカンは体力で、ベルモンは魔力で山を登ることができました。

そして、ルーシャの魅力で狐が自然に寄ってきてくれたようです。

そんな中で小さなキツネが、ルーシャの目に留まりました。

 

でも、急に誰かが攻撃してきたようです。

誰が、ルーシャ達の邪魔をしているのでしょうか?

まとめ

今回は漫画『転生したら神獣でした』51話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

ざっとストーリーをまとめると・・。

転生したら神獣でしたの51話のまとめ
  • 狐を捕まえる為に、ルーシャ達は山に来ました。
  • お忍びで来ているので、ベルモン達はこっそりと山を登るしかありません。
  • どうやって登ろうと呆然としていると、ヒカンが俺に任せろと言って山を一気に登り始めます。
  • そして、引き上げられたベルモンは山に魔法を使ってマーキングします。
  • そうしていると、ルーシャの周りに狐の集団が寄ってきたのです。
  • その中で小さなキツネが、ルーシャを隠れるように見ていました。
  • ルーシャはその小さなキツネにおいでと、誘います。
  • でも狐が駆け寄ろうとすると、急に空から光が走り、狐を攻撃したのでした。

≫≫次回「転生したら神獣でした」52話はこちら

スポンサーリンク