ネタバレ49話|転生したら神獣でした【漫画】セリアに因縁をつけたサラエント公爵
スポンサーリンク

漫画転生したら神獣でしたは原作yunbaekrim先生、漫画Buddle・Leaf先生の作品でピッコマで配信されています。

今回は「転生したら神獣でした」49話を読んだので、見どころやネタバレ込みあらすじ、考察予想や読んだ感想をご紹介します。

前回のラストシーンは?
ブティックを出ると、ランが待っていました。セリアは明らかに不機嫌そうですが、ランが何か話したいような雰囲気だったので、みんなで食事をすることにしたのでした。

≫≫前話「転生したら神獣でした」48話はこちら

スポンサーリンク

転生したら神獣でした49話の注目ポイント&考察予想

従者が慌てた様子で、駆け込んできたのでセリアが様子を見に行くことにしました。

2人きりになったルーシャにランは、謝罪をします。

あの時のことは・・・

 

ルーシャは、ハッとしました。

ランは誕生日会でルーシャに話したことを謝罪していたのです。

ルーシャは気にしていないと笑いました。

 

でも少し気になることがあります。

どうして、私のしっぽのことを知っているの?

ルーシャは、まだランとフェイランが同一人物だと気が付いていないのです。

スポンサーリンク

転生したら神獣でした49話の一部ネタバレ込みあらすじ

ルーシャとランが話していると、外で大声がしました。

ビックリしたルーシャが、外を見るとセリアと男性が言い争いをしています。

大声を上げていたのは、サラエント公爵でした。

 

どうやら、セリア達が乗ってきた馬車にサラエント公爵の馬車がぶつかったことで揉めていました。

サラエント公爵は、セリアがエンハルアン大公夫人だと気が付かずに因縁をつけていたのです。

弁償しろというサラエント公爵にセリアは、こちらに落ち度はないと反論します。

 

でも女性に反論されたことで、サラエント公爵の怒りが増しました。

田舎貴族が!

サラエント公爵はセリアに暴力を振おうとしました。

 

そこに、ラノアが馬で駆け付けてきます。

サラエント公爵は、ラノアの顔を知っているので、え?と思いました。

ルーシャは許せない!と思います。

 

ママであるセリアに暴力を振おうとしていたのが許せなかったのです。

でも子供である自分が解決できないので、ラノアに頼ることにしました。

ママがイジメられていたの!

 

オロオロしているサラエント公爵に、ラノアは剣を抜きました。

そして、ラノアは剣を振って炎を出現させたのです。

続きはピッコマで!

スポンサーリンク

転生したら神獣でした49話の感想&次回50話の考察予想

ランとルーシャは仲直りすることができました。

誕生日会でルーシャに悲しい思いをさせたことは、ランも気にしていたのですね。

でもそんな時に、セリアとサラエント公爵がケンカを始めてしまいました。

 

サラエント公爵は、セリアの正体を知らないとはいえ、横暴ですよね!

そこに都合よく、ラノアが駆けつけて来てくれました。

そして、ラノアの剣でいきなりサラエント公爵に反撃するようです。

 

ルーシャの前で、ケンカが始まるのでしょうか?

まとめ

今回は漫画『転生したら神獣でした』49話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

ざっとストーリーをまとめると・・。

転生したら神獣でしたの49話のまとめ
  • 食事をしていると従者が馬車が大変だと駆け込んできました。
  • セリアが様子を見に行ったので、ルーシャとランは2人きりになります。
  • するとランは、ルーシャに誕生日会のことを謝ったのでした。
  • 嬉しい気持ちになるルーシャでしたが、セリアが騒動に巻き込まれてしまいます。
  • サラエント公爵はセリアの正体を知らなかったので、因縁をつけてきたのでした。
  • そこにラノアが馬で駆け付けてきてくれました。
  • ルーシャは、ここぞとばかりにセリアがイジメられた!とラノアに言いつけます。
  • ラノアは剣を抜きました。

≫≫次回「転生したら神獣でした」50話はこちら

スポンサーリンク