ネタバレ45話|転生したら神獣でした【漫画】ラノアが持ってきたイアネルの首飾り
スポンサーリンク

漫画転生したら神獣でしたは原作yunbaekrim先生、漫画Buddle・Leaf先生の作品でピッコマで配信されています。

今回は「転生したら神獣でした」45話を読んだので、見どころやネタバレ込みあらすじ、考察予想や読んだ感想をご紹介します。

前回のラストシーンは?
バシラの企みに怒ったセリアが炎を呼び出して、神殿を火事にしてしまいました。なんとかベルモンが魔法を使って消火します。でも村人はキツネの姿に戻っていたルーシャを見て、彼女が火事を消したのだ!と崇めたのです。

≫≫前話「転生したら神獣でした」44話はこちら

スポンサーリンク

転生したら神獣でした45話の注目ポイント&考察予想

ルーシャ、セリア、ベルモン、ヒカンは疲れながらも大公邸に帰ってきました。

ラノアが、やれやれ・・・といった顔で出迎えます。

ルーシャは今日は、たくさんのことが多すぎたわ・・・と状況を整理するのが大変でした。

スポンサーリンク

転生したら神獣でした45話の一部ネタバレ込みあらすじ

結局、村人からはルーシャが助けてくれた!と崇められました。

供物がたくさん供えられて、ルーシャは祭壇に乗せられてお礼を言われています。

火事を起こした張本人のセリアは、恥ずかしかったのか影に隠れていました。

 

それから大公邸に戻ってきた、ベルモンはラノアこそ何をしていたのだ!と怒って、力尽きてしまいます。

ラノアは、ベルモンにとばっちりを食らわせてしまったな・・・とちょっと後悔しました。

元々、バシラがフェイランに会うことは想定していたのです。

 

イアネル皇女の件でずっと動いているバシラがイアネルを使って、フェイランに会うことは想像できていました。

そしてバシラは、ルーシャが特異種であることにも気づいているハズです。

 

バシラは今は何も言いませんが、いずれルーシャにも接触してくることが想定されました。

ラノアは、そうさせない為に、先に動いていたのです。

それは、イアネルの兄であるアグリス皇太子に会うことでした。

 

ラノアはアグリス皇太子に、ある物を見せにいっていたのです。

それは、イアネルがつけていた首飾りでした。

アグリス皇太子は、イアネルの遺体と、つけていた装身具を全部探すように命令していたのです。

 

その命令の中には、情報を知っている人物は全て処罰するようにという内容も含まれていました。

ラノアは、そのイアネルの首飾りを見せて忠告します。

これで終わりにできませんか?

 

アグリス皇太子はニコッと笑いましたが、冷たくラノアの接しました。

2人の交渉は決裂したのです。

アグリス皇太子の野望が止まることはありませんでした。

 

ため息をついたラノアは、大公家に戻るなりみんなで外食しよう!と、全員を起こしたのでした。

続きはピッコマで!

スポンサーリンク

転生したら神獣でした45話の感想&次回46話の考察予想

ルーシャが人間化できなくなったことから始まり、最後は村人に救い主として崇められる事態にまでなってしまいました。

当のルーシャが気が付いていませんでしたが、イアネルの首飾りはラノアが持っていたようです。

 

その首飾りを渡すことでラノアは、アグリス皇太子の思惑を終らせようとしたようですが、ダメでした。

イアネル皇女の事件は、まだまだ続きそうですね。

まとめ

今回は漫画『転生したら神獣でした』45話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

ざっとストーリーをまとめると・・。

転生したら神獣でしたの45話のまとめ
  • ルーシャ達は、大公邸に帰って来ました。
  • ラノアは、イアネル皇女の首飾りを持っていたのです。
  • この首飾りを渡すことで、アグリス皇太子の思惑を終らせようとしましたが、彼は止めるつもりはありませんでした。
  • ラノアは、アグリス皇太子もバシラも注視しないといけないと思ったのです。

≫≫次回「転生したら神獣でした」46話はこちら

スポンサーリンク