暴君様を捨てたことなんてありませんネタバレ35話【ピッコマ漫画】フォーディアって?
スポンサーリンク

漫画暴君様を捨てたことなんてありませんは原作SoonMoo先生、漫画Walrunoon先生の作品でピッコマで配信されています。

今回は「暴君様を捨てたことなんてありません」35話を読んだので、見どころやネタバレ込みあらすじ、考察予想や読んだ感想をご紹介します。

前回のラストシーンは?
パーティーでのダンスで足を痛めてしまったアリシアを抱き上げて運んでくれるティエリー・・・。

≫≫前話「暴君様を捨てたことなんてありません」34話はこちら

スポンサーリンク

暴君様を捨てたことなんてありません35話の注目ポイント&考察予想

アリシアとエダンが一緒にいるところを見て、嫉妬しているような様子のエダンの妹のアリアード。

原作でアリアードにブラコン設定があったかと気になるアリシア。

 

エダンは、皇帝ティエリーと一番親しくしている王女アリシアに近づいて、利用しようと考えているようです。

しかし、それ以外にエダンはアリシアに特別な思い入れがあるようなのでした。

 

アリシアは、自分は元々は現代で生きていて、原作の世界に転生してティエリーの侍女のラリーになり、突然ラリーが亡くなって王女アリシアに憑依したという経緯があります。

本当は自分は誰なのかわからなくアリシア・・・。

スポンサーリンク

暴君様を捨てたことなんてありません35話の一部ネタバレ込みあらすじ

アリシアに好意的なティエリー

ダンスで足を痛めたアリシアを抱き上げて運び、足が腫れているのを見てくれるティエリー。

アリシアはどうしてティエリーが自分に優しくするように変わったのか気になります。

 

ティエリーはアリシアの足を冷やしながら、特別な感情はないからと安心するように告げました。

アリシアは、ティエリーがアリシアを好きなのではないかと思います。

アリシアの中身は実はメイドのラリーなので、このままでは騙しているようでいけないと気になるアリシア。

 

アリシアは真実を打ち明けようかと思いましたが、足が痛いのでもう帰りたいと頼みました。

ティエリーを今は傷つけたくないアリシア

ティエリーは覚醒できずにいたので、幼い頃から蔑まれて辛い思いをしてきました。

唯一の理解者で優しく世話をしてくれたメイドのラリーがいなくなってからは、更に孤独で悲しかったはずです。

アリシアはそんなティエリーをこれ以上傷つけるのに抵抗があって、今は黙っていようと思ったのでした。

 

アリシアはティエリーの気持ちが強くなる前に、自分はアリシアの体に入っているだけで本当のアリシアでないと告げなければとばかり思っています。

アリシアの夢?

アリシアは草原のようなところにいて、赤い髪の美女が目の前にいます。

なぜかアリシアは寝間着のような恰好で、裸足で草原に立っているのでした。

 

ここは夢の中かと思うアリシア、赤い髪の美女は夢というよりはアリシアの隠された意識の中で、自分はフォーディアと名乗ります。

自分がアリシアであり、アリシアがフォーディアであると謎の言葉を残して立ち去ってしまいました。

 

アリシアはテラスでいつの間にかうたた寝をしていたようです。

フォーディアは帝国の名の由来となった、この帝国の創設者を助けたと言われている神話の人物です。

アリシアは、どうして自分の夢にフォーディアが出てきたのか全くわからなくて・・・。

スポンサーリンク

暴君様を捨てたことなんてありません35話の感想&次回36話の考察予想

アリシアの体は、病でずっと寝ていて意識がなかった王女でした。

その中におそらく死んだと思われるメイドのラリーが憑依した訳で、アリシアの中身はラリーなので、ティエリーがアリシアを愛しているならそれは止めなければとアリシアは思っているようです。

 

そして夢の中に出てきたフォーディア。

建国神話に出てくる女神のような存在みたいですが、アリシアと何か関係があるのでしょうか?

まとめ

今回は漫画『暴君様を捨てたことなんてありません』35話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

ざっとストーリーをまとめると・・。

暴君様を捨てたことなんてありませんの35話のまとめ
  • アリシアに優しくしてくれるティエリー。
  • アリシアは自分は本当のアリシアでないので、ティエリーがアリシアを好きになったら困ると思っています。
  • アリシアの夢の中に出てきたフォーディア。

≫≫次回「暴君様を捨てたことなんてありません」36話はこちら

スポンサーリンク