お嬢様はもうおしまい ネタバレ36話【漫画】シャーロンも加わりグリスの無罪主張へ
スポンサーリンク

漫画お嬢様はもうおしまいは原作sunag.IM先生、漫画七原きょう先生の作品でピッコマで配信されています。

今回は「お嬢様はもうおしまい」36話を読んだので、見どころやネタバレ込みあらすじ、考察予想や読んだ感想をご紹介します。

 

前回のラストシーンは?
グリスの無罪とロードが黒魔導士とつながっていることを伝えに来たはずが、息がぴったりすぎてただならぬ関係と誤解をされてしまいます。

≫≫前話「お嬢様はもうおしまい」35話はこちら

スポンサーリンク

お嬢様はもうおしまい36話の注目ポイント&考察予想

ロードとアディーラはただならぬ関係で、黒魔法でロードを洗脳している、と裁判に立ち会っている人が話します。

みんなに誤解をされ、誤解の原因を擦り付けあいますが、それが更に誤解を生んでしまいます。

すると、その洗脳を解くために、ロードは連れていかれそうになります。

そこでアディーラが焦っていると、魔法の攻撃とともにシャーロンが現れます。

その攻撃は護衛騎士たちの洗脳を解くものでした。

そして、ロードと黒魔導士のつながりを話し始めます。

 

洗脳の解けた護衛騎士たちはこの場にディアがいないことを不思議に思います。

なぜなら、一番信用できる証人だからです。

 

アディーラはディアに変装して裁判所に戻ってきます。

しかし、裁判に立ち会っている人はグリスとディアは平民だし、貴族をつぶそうとしている、と意地になっています。

 

すると、シャーロンはディアが平民でなければよいか、と。

その言葉とともに、ディアはウィッグを取ります。

そこに現れたのは、ラヴェル家が騎士団にスパイとして潜入させていたアディーラだったのです。

 

スポンサーリンク

お嬢様はもうおしまい36話の一部ネタバレ込みあらすじ

裁判に立ち会っている人が、アディーラは黒魔法に手を染めていてロードを洗脳している、と言い出します。

しかも、ただならぬ関係だ、と。

 

二人は互いに誤解の原因をなり付けます。

その光景を見ていた裁判の見物人達は、二人の関係を更に誤解します。

グリスに助けを求めますが、グリスもしっかり誤解しています。

 

アディーラに洗脳されていると誤解されているロードを、宮廷魔導士は洗脳を解くために連れて行こうとします。

ロードは違うと訴えますが、宮廷魔導士は耳を貸しません。

 

ロードが連れていかれれば口封じされてしまう、しかしグリスも置いてはいけない。

アディーラは自分が暴れて裁判どころでなくすればよい、と考えます。

すると、洗脳されているのはロードではなく護衛騎士たちのほうだと、突然護衛騎士たちが魔法で攻撃されます。

攻撃された護衛騎士たちは無傷で、しかも我に返っています。

 

そこに現れたのは、シャーロンだったのです。

使った魔法は攻撃魔法ではなく、洗脳を解くものだった、と答えます。

 

ロードが黒魔導士と組んでグリスに罪を被せた、ということについて説明し始めます。

アディーラが見せた文書は、ベーク公爵が承認したものでした。

それは同時にロードの主張をベーク公爵が認めた、ということなのです。

 

見物人たちはベーク公爵が言ったなら、と先ほどとは態度が変わります。

その光景をみて、アディーラはこの国の貴族を滅ぼしたい、と思ってしまいます。

 

護衛騎士たちは、自分たちが洗脳されていることには気付いていて、何をしていたかもわかっていたようです。

グリスが騎士団をやめて気がめいり、グリスの同胞を募っているという話に、乗ってしまったようです。

不審に感じたことは多々あったのに、それが正しいと信じ込んでいました。

 

裁判官は宮廷魔導士に、証人の洗脳に気付けなかったことを指摘します。

シャーロンは護衛騎士たちにかけられていた黒魔法は高度なもので、こういう場でなければ見逃していただろう、と話します。

しかも下手の手を出せば、彼らも無事ではなかっただろう、と続けます。

たがら、最善の形で救い出せた、と自画自賛。

 

突然、裁判に立ち会っている人が、グリスが黒魔導士と内通していたと自白したことを持ち出します。

そもそも護衛騎士たちにかけた洗脳が解かれることを予測していないはずはない。

グリスを被害者に見せるための演出なのではないか、と疑問を投げかけます。

 

護衛騎士たちは、この場にディアが来ないのか、気にします。

なぜなら、ミゼンスタの暗殺に失敗したときに、ディアをつぶせ、と黒魔導士に言われた。

実はディアは一番信用できる証人なのです。

 

すると、シャーロンはアディーラにディアを連れてくるように言います。

戸惑っているアディーラにシャーロンは、早く着替えて来い、とジェスチャーで伝えます。

アディーラはディアとして、裁判所に登場します。

そして、グリスとともに黒魔導士をとらえるために騎士団にスパイとして潜入していた、と証言します。

グリスはここぞとばかりに黒魔導士と無関係だ、主張します。

 

裁判に立ち会っている人がなぜ嘘をついたんだ、と意地になって聞きます。

ディアを守るためだ、と訴えます。

裁判官はそこまで意地になっていることにくぎを刺します。

裁判官もラヴェル家もベーク家も敵に回したくないから・・・。

 

それでもディアも黒魔導士つながっている、とどうしてもグリスの無罪を認めようとしません。

しかもグリスとディアはスラム上がりの平民。

口裏を合わせ貴族をつぶそうとしている、と続けます。

 

そんな中、シャーロンは勝ち誇った顔をしています。

ディアがスラム上がりの平民でなければよいのか、と話します。

そしてアディーラは、わざわざ着替えてこなくても、と言いながらウィッグを取ります。

ディアの正体はアディーラで、騎士団調査のためにラヴェル家が潜入させていた、と。

その場にいた人たちはびっくり!

もちろんロードもびっくりして大きな声を出してしまいます。

スポンサーリンク

お嬢様はもうおしまい36話の感想&次回37話の考察予想

シャーロン、美味しいとこ持っていきますね。

しかも護衛騎士たちの洗脳をあっさり解いてしまうとこ!

その時のドヤ顔とか、最高ですね。

そして、ついにディアはアディーラが騎士団に潜入していたスパイだったと明かしましたね。

ロードも相当びっくりして、ついつい大きな声を出してて、そこに私もびっくりしちゃいました。

 

今回もロードとアディーラはある意味仲良し、お兄ちゃんも無茶いいタイミングで出てくるし、勝ち誇った顔してるし。

終始ニコニコしながら見てしまいました。

 

さて、アディーラがディアだったと明かしましたが、あの裁判に立ち会っている人は納得してくれるのでしょうか。

この人なかなか、納得しないから、彼こそ洗脳されているのでは、と思っております。

まとめ

今回は漫画『お嬢様はもうおしまい』36話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

ざっとストーリーをまとめると・・。

お嬢様はもうおしまいの36話のまとめ
  • ロードはアディーラとはただならぬ関係で、黒魔法で洗脳されている、と誤解されます。
  • シャーロンが裁判所に現れ、ロードと黒魔導士がつながっていることを話します。
  • 証人として出てきたディアは、騎士団にスパイとして潜入していたアディーラと明かします。

≫≫次回「お嬢様はもうおしまい」37話はこちら

おすすめ無料漫画アプリ

ピッコマと同じく、面白い漫画を多数配信している漫画アプリを厳選紹介!

マンガMee
マンガmee
公式サイト
  • マンガMeeは、集英社が運営するマンガアプリ。
  • マーガレット・りぼんなど、集英社の少女漫画の最新作や過去作品も多数配信。
  • 面倒な登録不要。
  • ダウンロードはこちら
マンガPark
マンガPark
公式サイト
  • 初回ダウンロード限定:30話分無料で読めるコインを全ての方に配布中!
  • 白泉社の全レーベルが集結!大量のマンガ作品を配信
  • マンガParkでしか読めないオリジナル作品が続々登場!
  • 日常漫画からホラー漫画まで幅広いジャンルが無料で読める!
  • ダウンロードはこちら
マンガがうがう
マンガがうがう
公式サイト
  • 双葉社双葉社発のまんがアプリ!
  • 小説家になろう発の異世界・転生マンガが大集合!
  • 「がうポイント」を使って、毎日無料で読める!
  • 30日間無料で読み返せる!
  • ダウンロードはこちら

おすすめ電子書籍サービス

まんが王国

まんが王国

公式サイト

  • 登録無料&クレカがなくてもOK!
  • 電子書籍サイトで業界最大級
  • 毎日最大50%ポイント還元!
  • 1巻無料からそれ以上も♪じっくり試し読みできる!
  • 無料トライアル31日間!
  • 初回31日間は月額2,189円(税込)が無料!おまけに登録時に600円分のポイントが貰え、さらに継続すると1200円分のポイントが毎月もらえる。
  • 無料期間中は解約してもお金はかからないので初めやすい♪

ebookjapan

ebookjapan

公式サイト

  • 登録時に6回まで使える50%OFFクーポンが貰えます!クーポンの上限金額は500円なので、1000円購入したら500円引きに!
  • 約50万冊が漫画作品を取り揃えてる♪
  • 半額キャンペーンなどセールも定期的に行われているので漫画がお得に読めるチャンスが何度も♪
スポンサーリンク