ネタバレ42話|転生したら神獣でした【漫画】ベルモンがいるかもしれない神殿で
スポンサーリンク

漫画転生したら神獣でしたは原作yunbaekrim先生、漫画Buddle・Leaf先生の作品でピッコマで配信されています。

今回は「転生したら神獣でした」42話を読んだので、見どころやネタバレ込みあらすじ、考察予想や読んだ感想をご紹介します。

前回のラストシーンは?
人間化が解けてしまったルーシャは急いで、母親のセリアと一緒にベルモンの所へ行きました。ところが逆にベルモンが失踪したと伝えらえたのです。

≫≫前話「転生したら神獣でした」41話はこちら

スポンサーリンク

転生したら神獣でした42話の注目ポイント&考察予想

ルーシャとセリア、ヒカンとベルモンの側近の魔法使い達は、村にいきました。

ここが、ベルモンが何か手がかりがあるかもと言っていた場所です。

ヒカンが村の人達に話を聞くと、寂れた神殿があるという情報を教えられます。

 

でもその神殿は、近づくだけで災いがくるといういわくつきの神殿でした。

スポンサーリンク

転生したら神獣でした42話の一部ネタバレ込みあらすじ

もちろんルーシャ達に、神殿に行かないという選択はありません。

全員で、神殿につくと確かに物々しい雰囲気が漂っていました。

ところがルーシャが足を踏み入れると、なぜかルーシャだけ影に飲み込まれたのです!

 

ヒカン達は慌てましたが、ルーシャを見失ってしまいました。

暗い影の中、ルーシャが目を開けられないでいると、後ろからルーシャは抱きかかえられます。

ほこり?

 

そう呼ぶのはベルモンです。

ベルモンは、なぜルーシャがここに?と慌てながら彼女を抱きかかえて走りました。

ベルモンは、大蛇に追われていたのです。

 

でもベルモンの魔法で、大蛇は退けられました。

とにかく、ルーシャを抱いたまま、ベルモンは部屋の裏でこっそりとのぞき見をします。

するとそこにいたのは、フードを被った人物と、フェイランでした。

 

そして、その前にあったのが棺です。

ルーシャは夢で見たのとそっくり!と思いました。

棺の中にいたのがイアネルだったのです。

 

亡くなったハズのイアネルは、亡くなった時のままの姿をしていました。

フードを被った人物は、あなたが望めば・・・とフェイランを誘惑しています。

ルーシャは急いで、止めようと思いました。

 

どう考えても良くないことだと思ったのです。

その瞬間ルーシャの体を精霊たちが回り始めました。

ルーシャの力を見せてやろう!

 

精霊はそういって、ルーシャに力を貸したのでした。

続きはピッコマで!

スポンサーリンク

転生したら神獣でした42話の感想&次回43話の考察予想

どうやらルーシャが夢で見たのは正夢だったようです。

棺に入っているイアネルを、フードを被った人物はどうするつもりなのでしょうか?

そして、それに加担しようとしているのがフェイランだったのです。

 

フェイランは、イアネルの真実を知ろうとしていました。

それが今回の事態を招いているということでしょうか?

どちらにしても、ルーシャという本人の前で行われているので、ルーシャもたまったものではないですね。

 

精霊が力を貸してくれるようですが、彼女はフード被った人物を退けることができるのでしょうか?

まとめ

今回は漫画『転生したら神獣でした』42話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

ざっとストーリーをまとめると・・。

転生したら神獣でしたの42話のまとめ
  • ルーシャ、セリア、ヒカン、ベルモンの側近の魔法使い達は村に到着しました。
  • ベルモンが手がかりがあるかも、と言っていた場所なので、ヒカンが村の人に話を聞いてみます。
  • すると奥に寂れた神殿があると言われたのです。
  • 神殿に到着すると、なぜかルーシャだけが影に取り込まれて消えてしまいました。
  • 目を開けられないなか、ベルモンがルーシャを助けてくれます。
  • そうして、部屋の中を見るとそこにいたのは、フードを被った人物とフェイランでした。
  • その2人の前には棺があって、その棺の中にイアネルがいたのです。
  • たまりかねたルーシャは思わず止めに入ることにしました。

≫≫次回「転生したら神獣でした」43話はこちら

スポンサーリンク