ネタバレ28話|転生したら神獣でした【漫画】ベルモンとヒカンと一緒にピクニックに
スポンサーリンク

漫画転生したら神獣でしたは原作yunbaekrim先生、漫画Buddle・Leaf先生の作品でピッコマで配信されています。

今回は「転生したら神獣でした」28話を読んだので、見どころやネタバレ込みあらすじ、考察予想や読んだ感想をご紹介します。

前回のラストシーンは?
ルーシャの精霊たちの暴走を、ランが自分の精霊を出して止めました。でも刻印のせいでランが苦しんでしまうのです。

≫≫前話「転生したら神獣でした」27話はこちら

スポンサーリンク

転生したら神獣でした28話の注目ポイント&考察予想

教皇は、1人の人物に頭を下げていました。

怯える教皇は、教皇庁が破壊された原因を今調べています・・・と恐る恐る話します。

男性は、ランとフェイランはちゃんともてなしている?と聞きました。

 

教皇は、すぐに顔を上げてもちろんです!と話します。

そして、神獣様・・・とその人物を呼びました。

神獣と呼ばれた男性は、大公女のことも頼みますよ・・・とニヤッと笑ったのです。

スポンサーリンク

転生したら神獣でした28話の一部ネタバレ込みあらすじ

教皇庁破壊から、数日経過しました。

ルーシャは、ベットで寝ています。

そして、ベットの周りにはラノア達がべったりと寄り添っていました

 

どうしてこうなったのかしら・・・

精霊の暴走の後、ルーシャは気を失ってしまったので、みんな手厚い看病をしてくれていたのです。

ルーシャはイアネルだった時のことを思い出しました。

 

皇女だったイアネルは、病気の時も侍女が、たくさん看病してくれたのです。

でも皇帝である父親が来られない時は、どうしても孤独感を感じてしまったのでした。

そんな経験がありましたが、神獣となった今は全く孤独感を感じません。

 

ルーシャはそんな家族愛を嬉しく思ったのでした。

それから数日経ち、すっかりルーシャは元気になります。

ラノアは仕事だったので、ヒカンがお留守番役でルーシャの側にいました。

 

するとベルモンが来て、ルーシャの勉強の為にピクニックに行こうとルーシャを連れて行こうとします。

でもベルモンもヒカンもピクニックをしたことがなかったので、準備はメチャクチャでした・・・。

ルーシャが、何とかピクニックのことを説明して、3人は公園に向かいます。

 

皇室の庭園とは違って、人がたくさんいる公園はルーシャにとって、楽しい所でした。

ルーシャがキャッキャとしているので、ベルモンもヒカンも来て良かったと思います。

ところが、ルーシャは1人の男の子とぶつかってしまいました。

 

謝る男の子に、ルーシャはニコッとして大丈夫!と笑います。

するとルーシャにポッと顔を赤らめた男の子は、ルーシャに結婚しよう!といきなり告白したのでした。

続きはピッコマで!

スポンサーリンク

転生したら神獣でした28話の感想&次回29話の考察予想

教皇が頭を下げていた神獣様・・・とはどんな人物なのでしょうか?

何か怖い雰囲気も感じる人物のようです。

一方、ルーシャは家族の手厚い看病で、すっかり良くなりました。

 

イアネルだった時の孤独感も感じることがないくらい、ルーシャはみんなから愛されているようです。

それにしても、いきなり男の子から告白されてしまいました!

側にいたベルモンとヒカンが黙っていないような気がしますが、どうなるのでしょうか?

まとめ

今回は漫画『転生したら神獣でした』28話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

ざっとストーリーをまとめると・・。

転生したら神獣でしたの28話のまとめ
  • 教皇は神獣様と呼んだ人物に頭を下げていました。
  • その人物は、ランとフェイランだけではなく、大公女のこともよろしくと話したのです。
  • ルーシャは、家族の看病で回復することができました。
  • ベルモンとヒカンはルーシャの為に、ピクニックに行くことにします。
  • はしゃぐルーシャでしたが、ある男の子にぶつかってしまいました。
  • その男の子は、ルーシャを見るなり結婚して!とお願いしてきたのです。

≫≫次回「転生したら神獣でした」29話はこちら

スポンサーリンク