ネタバレ26話|転生したら神獣でした【漫画】ラノアは教皇のことが信用できなくて
スポンサーリンク

漫画転生したら神獣でしたは原作yunbaekrim先生、漫画Buddle・Leaf先生の作品でピッコマで配信されています。

今回は「転生したら神獣でした」26話を読んだので、見どころやネタバレ込みあらすじ、考察予想や読んだ感想をご紹介します。

前回のラストシーンは?
ランはルーシャを連れて庭園に来ました。そこにはキラキラと光りを放つ精霊がいたのです。ルーシャは今まで助けてくれていたのは精霊だったのね!と気が付いたのでした。

≫≫前話「転生したら神獣でした」25話はこちら

スポンサーリンク

転生したら神獣でした26話の注目ポイント&考察予想

ラノアとヒカンは、ランの正体について気が付いていました。

ランはフェイランなのです。

フェイランは、まだ生まれてから年月が浅い為、人間化するなら少年の姿になるはずでした。

 

でもフェイランは霊力を調節して、青年の姿になっているのです。

それでも時々、少年の姿に戻って休養が必要でした。

ヒカンとラノアが話していると、急に気配を感じます。

 

会いたくないヤツだ・・・

ラノアが出迎えたのは、教皇でした。

スポンサーリンク

転生したら神獣でした26話の一部ネタバレ込みあらすじ

ラノアは教皇を信用していませんでした。

彼の目つきが、ラノアは不信感を抱くのです。

それは教皇も同じでした。

 

たまにしか、表に出て来ないラノアを教皇もまた信用はしていませんでした。

そこで、教皇はラノアに嫌味を言ってみることにしたのです。

この間、アズリル侯爵邸で火事がありました。

 

教皇は君の仕業ではないか?と噂が立っていると笑います。

アズリル侯爵令嬢は、あのパーティでルーシャに酒をかけた人物でした。

だからラノアが怒りの報復として、公爵邸を火事にしたのでは?と噂されていたのです。

 

実は正解でした。

あの日、ベルモンがアズリル侯爵家を歴史から消そう!としていたのです。

 

でもラノアが、ルーシャの記念日と重ねないように・・・と、なだめていたので、ベルモンは火事を起こすだけに留めていたのでした。

教皇は、ラノアに期待しているよ!とニコッと笑います。

 

するとその時、教皇庁に雷のようなものが落ちました!

突然のことに教皇は驚きます。

雷は、なぜか教皇庁だけを攻撃し続けるのでした。

 

続きはピッコマで!

スポンサーリンク

転生したら神獣でした26話の感想&次回27話の考察予想

やっぱりランはフェイランだったのですね!

ルーシャは気が付いていませんでしたが、ラノア達は分かっていたので、あっさりとランにルーシャを任せたのですね。

でもその間ラノアは教皇と話をすることになってしまいました。

 

その教皇は、アズリル侯爵邸の火事について疑っていたようです。

本当のことだったので、ラノアは笑うしかないようですね。

それでもお互いに、話が終わって円満に終わるはずでしたが、雷が教皇庁を直撃しました。

 

教皇庁だけに雷が落ちているので、自然現象ではないことがバレバレのようです。

ルーシャのせいではないのですが・・・、精霊はルーシャの為ならなんでもやるようですね!

まとめ

今回は漫画『転生したら神獣でした』26話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

ざっとストーリーをまとめると・・。

転生したら神獣でしたの26話のまとめ
  • ラノアとヒカンはランがフェイランだと気が付いていました。
  • だから、ルーシャをランに預けたのです。
  • すると、教皇がラノアを訪ねてきました。
  • ラノアは信用できない教皇と話をすることになりました。
  • すると、教皇はアズリル侯爵邸での火事を持ち出します。
  • でも家事は本当にラノアとベルモンがやったものでした。
  • 話が終わって、解散しようとしている時突然教皇庁に雷が落ちました!
  • ビックリする教皇でしたが、雷は教皇庁だけを攻撃し続けたのでした。

≫≫次回「転生したら神獣でした」27話はこちら

スポンサーリンク